SSDのメリットとデメリット

最終更新日 2023年09月07日

SSDのメリットとデメリットとは

メリット

HDD内部にはモーター等、機械的に動作する部品がありますが、SSD内部にはありません。そのため、SSDにはHDDよりもデータ読み書き速度が速い、衝撃・振動に強い、静音性が高い、消費電力が低い、重量が軽い等のメリットがあります。

SSDにはHDDよりも熱、水に強いメリットもありますが、HDDと比べた場合の話です。SSDでも異常に高い温度にならないように使用する、水がかからないように使用する必要があります。

出典
高速かつ無音/省電力の新世代ストレージ | SSDパーフェクトガイド | DOS/V POWER REPORT(2010年5月号)

デメリット

SSDには容量あたりの価格が高いデメリットがあり普及の足かせになっていました。今では容量あたりの価格が低くなり普及しています。HDDも当初は容量単価が高かったですが、容量単価が下がっていき、SSDも同じように下がっています。昔は購入しにくいほど容量単価が高かったので、小容量SSDと大容量HDDを組み合わせて使用する方法が普及していました。小容量SSDであればSSDの価格が低いので、ストレージにかけるコストを抑えてSSDの恩恵を受けられる方法でした。

SSDを使用し続けるとデータ書き込み速度が低下するデメリットがありますが、昔と比べると今ではデータ書き込み速度の低下が緩和しており気にする必要がありません。

SSDには書き換え可能回数がありデータ書き込み量が多いと寿命が短いデメリットがありますが、これは昔の話であり今では気にする必要がありません。この問題はウェアレベリング等により解決しています。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・初夏セール
最大45,000円OFF!!
(5月22日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大15%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・5月の超おすすめ!ピックアップ
ゲーミングPCやクリエイター向けパソコン等を用意
(キャンペーン実施中)