パソコンでのSSDの普及率は?

最終更新日 2019年05月20日

パソコンでのSSDの普及率はどれくらいなのか

PCトレンドレポート: 2017年 PCの利用に関する事実トップ 7 では、アバストのソフトウェアを利用しているユーザーから集めたデータをレポートにして公開しています。

レポートは、2017年第3四半期アバスト PC トレンド レポートと呼ばれています。

このレポートから2017年時点におけるパソコンに関する事実がわかりますが、SSD に関して以下のとおり書かれています。
今回の調査対象となった多数のユーザーのうち、SSD を使用しているのはわずか 7.4% で、6.7% のユーザーはシステム内で SSD と HDD を組み合わせて使用していました。残りのユーザー (85.9%) は従来のハード ディスクを使用しているため、低いデータ転送速度と遅いシステム速度に耐えている状態です。
SSD の普及率は意外と低い印象を受ける人もいると思われます。この記事によると、パソコンの平均使用年数を考慮すると当然の結果とも言えるようです。ちなみに、このレポートからパソコンの平均使用年数が5年以上であることもわかります。

パソコンの平均使用年数が意外と長い印象を受けるかもしれませんが、 政府統計の総合窓口 にて公開されている主要耐久消費財の買替え状況(2017年3月調査)によると、パソコンの平均使用年数は6.8年です。

・アバストのレポートを参考にする限り、2017年時点におけるパソコンでの SSD の普及率は14.1%


キャンペーン情報
マウスコンピューター
10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集 icon
軽量モバイル、高速SSD搭載モデルもお求めになりやすい価格で販売中です
(キャンペーン実施中)
DELL
・お客様感謝セール
新製品Dell G5ほかおすすめPCがクーポンで最大17%OFF!
(6月17日迄)
ドスパラ
・ボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(6月27日迄)
パソコン工房
・アーリーサマーセール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(6月25日迄)