SSDにリフレッシュ機能はある?

最終更新日 2019年05月20日

SSD にリフレッシュ機能はあるのか

自動リフレッシュ機能とは何ですか? | Panasonic サポート情報 パソコン周辺機器(P3) Q&A には、以下のとおり書かれています。
SSDには記憶媒体としてフラッシュメモリが使用されていますが、同じ位置に記録されているデータを繰り返し読み出すことによりデータが劣化していくことがあります。

自動リフレッシュはデータが読めなくなる前に自動でそれを検知し自動で書き直して修復する機能です。
SDG3Bシリーズ | TECH JOURNAL | TDK には、以下のとおり書かれています。
一方、通常読み出しにせよ、リードリトライにせよ、NAND型フラッシュメモリは、読み出しを繰り返すと、センス電圧印可により、エラーが発生するリスクがあります(リードディスターブエラー)。

これを避けるため、SDG3B シリーズは、オートリフレッシュ機能を装備しています。これは、システムからアクセスがない場合に、自動で内部データの更新を行い、正しいデータに戻す機能です。
同記事に掲載されている図には、「定期的に全領域のデータをチェックします。ビットエラーが累積し訂正不能になる前にデータを修復しエラーの発生を未然に防ぎます。」と書かれています。

SSD | 東芝メモリ には、以下のとおり書かれています。
誤り訂正符号(ECC)とリフレッシュを採用した技術についてECCはエラーを訂正するためにユーザデータに追加される冗長符号であり、リフレッシュは、ECCによるエラー訂正の限界を超える前にエラーを阻止するためにデータを再割り当てするしくみのことです。
SSD はデータ保持期間が有限であり、通電時にデータ保持期間を延ばすリフレッシュ機能があれば良いですが、上記で見てきたリフレッシュ機能(自動リフレッシュ機能やオートリフレッシュ機能を除く)は、データ保持期間を延ばすための機能ではないようです。

SSD にてデータ読み込み時にエラーを検知したら、エラーによりデータを読み込めなくならないように検知したエラーを訂正するためのリフレッシュ機能のようです。

Panasonic の記事に書かれていた自動リフレッシュ機能や TDK の記事に書かれていたオートリフレッシュ機能(以降オートリフレッシュ機能に統一)であれば、読み込みをしていないデータも対象にして定期的にチェックしエラーを検知したら訂正するため、データ保持期間を延ばすための機能とも言えると考えられます。

SSD の各製品の仕様や商品情報等を見ると、リフレッシュ機能やオートリフレッシュ機能を搭載と書かれている製品もあれば、これらの機能について特に何も書かれていない製品もあります。

リフレッシュ機能は重要な機能であるため、最近の SSD であればどの製品にも搭載されていると考えられますが、あらゆる製品についてリフレッシュ機能があるか調べてみないと断定はできません。

オートリフレッシュ機能に関しては、リフレッシュ機能と比べると重要度が低いので、搭載されていない製品は多いと思われますが、これに関してもあらゆる製品を調べてみないと断定はできません。(2018年12月27日時点)

・SSD にリフレッシュ機能はあるが、どの製品にもあるかは不明


キャンペーン情報
マウスコンピューター
10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集 icon
軽量モバイル、高速SSD搭載モデルもお求めになりやすい価格で販売中です
(キャンペーン実施中)
DELL
・お客様感謝セール
新製品Dell G5ほかおすすめPCがクーポンで最大17%OFF!
(6月17日迄)
ドスパラ
・ボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(6月27日迄)
パソコン工房
・アーリーサマーセール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(6月25日迄)