SSDはSecure Eraseで完全消去されていない可能性がある?

最終更新日 2019年05月20日

SSD は Secure Erase で完全消去されていない可能性があるのか

SSD に対し Secure Erase を実行するとデータを完全消去できますが、実際はデータは完全に消去されていない可能性があるようです。

データの完全消去:消去の規格について - アドバンスデザイン には、以下のとおり書かれています。
SSDなどのフラッシュメモリーを使用した記憶媒体を例に、ウェアレベリングやオーバープロビジョニングを目的とした領域や、製造上存在する余剰な領域などのような、製造者のみが管理する領域の存在を危惧し、「上書き」を媒体の完全な消去のための手段から除外し、
「上書き」には Secure Erase の実行が含まれています。

データ抹消に関する米国文書(規格)及び HDD、SSD の技術解説 - デジタル・フォレンジック研究会 には、以下のとおり書かれています。
SSD などのフラッシュメモリーを使用した記憶媒体を例に、予備やウェアレベリングを目的とした領域や、製造上存在する余剰な領域などのような、製造者のみが管理する領域の存在を危惧し、コマンドが期待通りに(物理的に書き込み可能な全ての範囲に対して有効な状態に)実装されている否かについては製造者の信頼と保証に頼らざるを得ないことを理由に、「Secure Erase を含むすべての上書き」を媒体の完全な抹消のための手段から除外し、最高機密に対する抹消の手段を「外部磁界による減磁」と、「物理的な破壊」に限定した。
SSD には、ウェアレベリングやオーバープロビジョニングのための領域があります。さらに SSD には製造上存在する余剰な領域等、製造者のみが管理する領域が存在する可能性があります。

Secure Erase が実行する処理は SSD に実装されていますが、これらの領域に保存されているデータは Secure Erase により完全に消去されるかどうかは製造者のみしかわからないようです。

SSD の製造者に聞けば教えてくれるかもしれませんが、Secure Erase を実行すると SSD 内の全領域のデータが完全に消去されるかどうか仕様等に書かれている SSD は見たことがありません。

また、データが完全に消去されず残っているデータがあるのかどうか確認する方法はないと思われます。あるなら、全てのデータが完全に消去されたことを確認するまで Secure Erase を実行すれば良いことになります。

Secure Erase を実行した SSD には、どれくらいのデータが残る可能性があるのかは不明です。一般的な個人が復元できる可能性が十分あるなら大きな話題となってもおかしくはないと思いますが、SSD に対し Secure Erase を実行すればデータは復元不可能とよく聞きます。

最高機密データを保護するためにデータを完全に消去するのではなければ、Secure Erase によるデータ完全消去で十分と個人的に思います。

・SSD に対し Secure Erase を実行しても、ウェアレベリングやオーバープロビジョニングのための領域や製造者のみが管理する領域に保存されているデータは消えずに残る可能性がある


キャンペーン情報
マウスコンピューター
10万円以内(税別)で買えるノートパソコン特集 icon
軽量モバイル、高速SSD搭載モデルもお求めになりやすい価格で販売中です
(キャンペーン実施中)
DELL
・お客様感謝セール
新製品Dell G5ほかおすすめPCがクーポンで最大17%OFF!
(6月17日迄)
ドスパラ
・ボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(6月27日迄)
パソコン工房
・アーリーサマーセール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(6月25日迄)