省スペース型デスクトップパソコンはおすすめなのか - おすすめデスクトップパソコン

最終更新日 2015年11月04日

設置スペースを抑えられるデスクトップパソコン用 CPU 搭載パソコンが欲しい人におすすめ

デスクトップパソコンには、タワー型、省スペース型、キューブ型、一体型、コンパクト型、スティック型があります。

省スペース型は、タワー型よりも幅が狭いですが高さと奥行きは同じくらいですので、省スペースという言葉が含まれていますが、設置スペースは結構必要であり、一体型やコンパクト型、スティック型の方が設置スペースを圧倒的に抑えられます。

以下は、パソコン工房の省スペース型とタワー型、それぞれ液晶ディスプレイ等と並べて設置したイメージ写真です。見比べると、省スペース型は幅が小さいのがわかります。それでも、高さと奥行きはタワー型よりは小さいですが、それほど大きくは変わりませんので、設置スペースは結構必要な事がわかります。

パソコン工房の省スペーススリムパソコンSL5シリーズ
パソコン工房の省スペーススリムパソコンSL5シリーズ
http://www.pc-koubou.jp/pc/basic_slim_sl3.php
(2015年9月1日時点では販売中です。)
パソコン工房のハイパフォーマンスミドルタワーパソコンMD7シリーズ
パソコン工房のハイパフォーマンスミドルタワーパソコンMD7シリーズ
http://www.pc-koubou.jp/pc/md7000.php
(2015年9月1日時点では販売中です。)

そのため、省スペース型を設置できるくらいのスペースがあればタワー型でも問題ないでしょうし、設置スペースを抑えたければ一体型やコンパクト型、スティック型の方がおすすめですので、悪く言えば省スペース型は中途半端です。

このような省スペース型でも、おすすめできる人にはおすすめできます。それは、できるだけ設置スペースを抑えられるデスクトップパソコン用 CPU 搭載パソコンが欲しい人です。

デスクトップパソコン用 CPU は、モバイルパソコン用 CPU よりも性能が高い製品がそろっており、コストパフォーマンスが高いです。デスクトップパソコン用 CPU を搭載できるのは、タワー型、省スペース型、キューブ型に限られます。

キューブ型は、幅と奥行きはタワー型と同じくらいで高さはタワー型の半分くらいであり、キューブ型もおすすめです。(キューブ型はモデルによってサイズが大きく異なり、サイズが小さい方のモデルだとデスクトップパソコン用 CPU を搭載できない。)

省スペース型は横置きもでき(モデルによっては縦置きのみ可能)、縦長の隙間スペースだけでなく横長の隙間スペースにも設置でき、隙間スペースを活かせますので省スペース型の方がおすすめです。

一体型やノートパソコンでも、デスクトップパソコン用 CPU 搭載モデルが発売された事がありますが、デスクトップパソコン用 CPU の中で性能が高い方の製品を搭載するのは難しいです。

省スペース型を選ぶ上で注意すべき点

サイズが大きいビデオカードを搭載できない

省スペース型を選ぶ上で最も注意すべき点は、サイズが大きいビデオカードを搭載できず、ロープロファイル対応ビデオカードと呼ばれるサイズが小さいビデオカードしか搭載できない事です。

グラフィックス性能が高いビデオカードはサイズが大きいので、高いグラフィックス性能が必要であればタワー型かキューブ型を選ぶ必要があります。

ロープロファイル対応ビデオカードのグラフィックス性能でも十分であれば、省スペース型がおすすめです。

サイズが大きいビデオカードを搭載できる省スペース型のモデルが発売された事がありますが、もしパソコン購入時に発売されていたら、このようなモデルを選ぶのもおすすめです。ただし、サイズが大きいビデオカードの中でグラフィックス性能が高い方の製品を搭載するのは難しいです。

他にも以下の点に注意が必要であり、省スペース型のデメリットと言えますが、これらのデメリットが問題になるようならタワー型、またはキューブ型を選ぶ必要があります。

・トップクラスの性能を持つデスクトップパソコン用 CPU は搭載できない
・多数の内蔵ストレージ、内蔵光学ドライブを搭載できない
・ビデオカード等のサイズが大きい拡張カードを搭載できない

CPU は性能が高い製品ほど発熱量と消費電力が大きいです。トップクラスの性能を持つ製品だと、省スペース型にとって発熱量と消費電力が大きすぎるため搭載できません。

内蔵ストレージや内蔵光学ドライブは、PC ケース内のドライブベイに搭載しますが、省スペース型は内部スペースが狭くドライブベイが少ないので、多くても内蔵ストレージと光学ドライブは、それぞれ2つ程度までしか搭載できません。

サイズが大きいビデオカードを搭載できない事と内容が重複しますが、省スペース型はロープロファイル対応の拡張カードしか搭載できません。拡張カードには、ビデオカードに限らずビデオキャプチャーカードやサウンドカード、インターフェースカード等がありますが、ロープロファイル対応ではないサイズが大きい拡張カードは搭載できません。


キャンペーン情報
富士通
・特別決算セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の9大特典
(9月20日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で30%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で29%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月17日迄)

おすすめデスクトップパソコン