タワー型デスクトップパソコン

最終更新日 2021年06月23日

タワー型デスクトップパソコンとは

タワー型デスクトップパソコンとは、タワーと呼ぶに相応しいほど大きな箱型形状のデスクトップパソコンです。

デスクトップパソコンの代表的な種類です。

タワーの種類

サイズが大きい順に並べると、フルタワー、ミドルタワー、ミニタワー、マイクロタワーがありますが、フルタワーはサーバーやワークステーション向けであり、他はパソコン向けです。

サイズが大きいほど搭載可能なPCパーツの数が多く、搭載可能なPCパーツのサイズが大きいです。

特に搭載するビデオカードのサイズによって、どれがよいのか決まり、巨大なビデオカードを搭載する場合はミニタワーやマイクロタワーだと物理的に干渉し搭載できない場合が多いので、ミドルタワーが適しています。

タワー型デスクトップパソコンのメリット、デメリット

高性能CPUや高性能GPU搭載製品がある、拡張性が高い、コストパフォーマンスが高い、以上のメリットがあります。

本体サイズが大きいので内部スペースが広く放熱性に優れ冷却性能を高くできますので、最高クラスの高性能CPUや、高性能GPUを実装しているビデオカードを搭載できるのは、タワー型のみです。

内部スペースが広いので搭載可能なPCパーツの種類や数が多く、交換や増設作業をしやすいです。

本体サイズが大きいので広い設置スペースが必要というデメリットがあります。

タワー型デスクトップパソコンの用途

広い設置スペースが必要ですが、最高クラスの性能を持つパソコンが必要な人や、PCパーツの交換や増設をするので高い拡張性が必要な人や、できるだけ安く購入したい人に向いています。

高性能パソコンを安く購入できますので、PCゲーム、動画編集、画像編集等に使用するので高い性能を必要とし、価格を抑えたい人に向いています。

最高クラスの性能や拡張性が不要だが、コストパフォーマンス重視の場合、省スペース型がよいです。

ほとんど同じ性能で比較すると、コストパフォーマンスの高さに大きな違いがありません。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)