スティック型デスクトップパソコン

最終更新日 2021年06月26日

スティック型デスクトップパソコンとは

スティック型デスクトップパソコンとは、細長いUSBメモリーのような形状をしており、外付けディスプレイの映像入力端子に差し込み使用するデスクトップパソコンです。

パソコンの中で最小クラスのサイズであり、必要な設置スペースはないようなものです。

USBメモリーより一回り大きい程度であり、ポケットに収納して持ち運べるほど小さくて軽いです。

スティック型は、パソコンメーカーのマウスコンピューターが初めて発売しました。

スティック型デスクトップパソコンのメリット、デメリット

メリット

必要な設置スペースがないほど小さい、価格が安く1万円程度の製品もある、以上のメリットがあります。

デメリット

本体サイズがとても小さいので、インターネットやメール等の日常用途に使用する場合であっても多くの人が性能に不満を感じるほど性能が低いです。

スティック型の中で性能が高い方の製品でも、動作の遅さにストレスを感じるほど性能が低いです。

内部スペースが狭いので冷却性能を高くできず、最小レベルの発熱の低性能CPUしか搭載できません。

CPUは性能が高いほど発熱が大きく、発熱が最小レベルなら性能が最低レベルです。

内部スペースが狭いので、大容量メインメモリーを搭載できないためメインメモリー容量が小さく、大容量ストレージを搭載できないためストレージ容量が小さいです。

光ディスクメディアが収まらないほど本体サイズが小さいため、光学ドライブがありません。

CPUと同様の理由で高性能GPUを搭載できず、グラフィックス性能が低いです。

本体サイズが小さいため、外部インターフェースが少ないです。

拡張性がなく、メインメモリーの交換や増設ですら不可能です。

価格が安いですが、性能を考慮するとコストパフォーマンスが低いです。

スティック型の中で高性能な製品は価格が高いですが、その割には性能が低く、さらにコストパフォーマンスが低いです。

スティック型デスクトップパソコンの用途

性能等が犠牲になっていてもよいので、できる限り設置スペースを抑えたい人や、とにかく価格が安いパソコンを入手したい人に向いています。

ポケットに入るほど小さいので、外に持ち出して使う用途にも向いています。

ただし、スティック型を使う場所には電源コンセント、外付けディスプレイ(差し込める映像入力端子があれば液晶テレビでもよい)が必要です。

外付けキーボードとマウスも持ち運ぶ必要があります。

スティック型デスクトップパソコンを使用する理由

デメリットが多いスティック型ですが、私は使用しています。

スティック型を液晶テレビに接続し、Amazonビデオ等の動画配信サービスの視聴に使用しています。

液晶テレビ周辺にはスペースが空いていますのでスティック型ではなくてもよいのですが、消費電力が低いので常時起動しっぱなしでも電気代が気になりません。

昔と比べてパソコンはスリープからの復帰が早くなりましたので常時起動の必要性が低いですが、常時起動しておくとすぐに使用できるので便利です。

価格が安いので、常時起動により寿命が短くなるとしても使い捨て感覚で使用できます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)