外光や照明が多い場所で使うなら液晶は非光沢(ノングレア)が良い?

最終更新日 2020年11月11日

外光や照明が多い場所で使うなら液晶は非光沢(ノングレア)が良いのか

光沢(グレア)液晶は非光沢(ノングレア)と比べて映りこみが大きく、特に光源が映りこみしやすいです。

窓際から差し込む太陽光等の外光、照明器具等の光がよく映りこみます。

そのため、窓が大きかったり窓が多くて開放感のある部屋で液晶ディスプレイを使うなら、映りこみが少ない非光沢(ノングレア)液晶の方が良いです。

カーテン等を使って外光を抑えるなら、光沢(グレア)液晶でも大丈夫です。

オフィスといった照明器具が多い部屋で光沢(グレア)液晶だと、映りこみする照明器具も多くなるため見づらくなりますので、非光沢(ノングレア)液晶の方が良いです。

一般的に個人の部屋では照明器具が少ないでしょうが、照明器具が多い場合は非光沢(ノングレア)液晶の方が良いです。

液晶ディスプレイを設置する位置によっては映りこみを軽減することができ、例えば画面正面に向かい背中側に照明器具が無ければ、光沢(グレア)液晶でもそれほど映りこみが発生しませんので、光沢(グレア)液晶でも大丈夫です。

照明器具が多い部屋でも液晶ディスプレイを使う際に照明を使わなかったり使う照明を減らすのであれば、光沢(グレア)液晶でも大丈夫です。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月23日迄)
DELL
・お客様感謝セール
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・先取りボーナスセール
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(6月22日迄)