目を酷使する作業に使うなら液晶は非光沢(ノングレア)が良い?

最終更新日 2020年11月11日

目を酷使する作業に使うなら液晶は非光沢(ノングレア)が良いのか

光沢(グレア)液晶は非光沢(ノングレア)と比べて映りこみが発生しやすいです。

映りこみとは、液晶ディスプレイの画面が鏡のように反射し、画面の手前側にあるものが画面に映ってしまうことです。

真っ暗な環境で液晶ディスプレイを使うなら映りこみが発生しませんが、たいていの人は明るい環境で液晶ディスプレイを使うことがあると思われます。

照明を暗めにしておくと映りこみが発生しにくいですが、光沢(グレア)液晶だとどうしても映りこみが発生してしまうものです。

映りこみは目のピントがずれてしまい目への負担が大きく目の疲労につながりやすいので、目を酷使する作業に使うのであれば非光沢(ノングレア)液晶の方が良いです。

例えば、文書ファイルの閲覧や編集等、文字を長時間見続けるのであれば、光沢(グレア)液晶で綺麗に見える必要性が低いため、目に優しい非光沢(ノングレア)液晶が望ましいです。

動画編集や画像編集では、画面に集中しながら長時間の作業になりがちですので、同様に非光沢(ノングレア)液晶が望ましいです。

映りこみが少ないと目が疲れにくいだけでなく、映りこみが気になってしまうことによる集中力の乱れも防げます。

PCゲームでは映像が綺麗に見えた方が良いので光沢(グレア)液晶を選びたいところですが、アクションやシューティング等、目を一点に集中することが多いジャンルのPCゲームでは、非光沢(ノングレア)液晶が望ましいです。

ホラーゲーム等、暗い映像がメインなジャンルのPCゲームでも映りこみを抑えるために、非光沢(ノングレア)液晶が望ましいです。

以上のとおり目を酷使し画面に集中して見ることが多い用途では、非光沢(ノングレア)液晶の選択が望ましいです。



キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月23日迄)
DELL
・お客様感謝セール
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・先取りボーナスセール
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(6月22日迄)