ディスプレイ覗き見を防ぐなら狭い視野角よりフィルターが良い?

最終更新日 2020年11月09日

ディスプレイ覗き見を防ぐなら狭い視野角よりフィルターが良いのか

PCUPdate:バイヤーズガイド(17インチ液晶ディスプレイ) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月は2003/12)
視野角が狭いと、角度をつけて画面を見た場合に見やすいかそうでないかということはさておき、真正面から見た場合でも画面中央と四隅の色具合が異なって見えてしまうことがあることに注意しておきたい。そのため、隣人に横から覗き見されては困るようなシチュエーションで使用する場合でも、あえて狭い視野角の製品を選ぶよりは覗き見防止タイプのディスプレイフィルターなどを導入するほうがよいと思われる。
ディスプレイ覗き見を防ぐなら、狭い視野角のディスプレイを選ぶより、覗き見防止フィルターを導入すると良いようです。

視野角が狭いディスプレイを選んでしまうと、覗き見を防ぐ必要がない場合でも色の見え方が変になってしまうことがありますので、視野角が広いディスプレイを選び覗き見防止フィルター導入すると良いようです。

以下は補足です。

覗き見防止フィルターを導入するのではなく視野角が狭いディスプレイを選ぶとするとしても、覗き見防止になるほど視野角が狭いディスプレイは少ないです。

覗き見を防止するなら視野角が60度くらいの狭さが必要ですが、その条件に当てはまるディスプレイは少ないです。

その条件に当てはまるディスプレイは存在しますが、覗き見防止フィルターを内蔵しています。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月23日迄)
DELL
・お客様感謝セール
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・先取りボーナスセール
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(6月22日迄)