XL-ATXとは?

最終更新日 2019年10月11日

XL-ATXとは何か

ASCII.jp:知ったかできるパーツ基礎知識【ケース/電源/クーラー編】 (1/6)|アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2011 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2011年4月16日)
 また、最近では4Way-SLI/Quad CrossFire Xといった強力なマルチGPU環境のため、ATXより縦長のXL-ATXを採用したマザーボードもいくつか登場している。
大型マザーボードも余裕で入る「T300-BK」 | 株式会社アスク には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2012年1月30日)
特に気を付けなければならないのが2009年に登場した「XL-ATX」。拡張スロットの数を増やし、ATX規格の305mmより縦に長い製品をXL-ATXと呼ぶ。
ハイエンド仕様の検証台が登場、XL-ATXやラジエータ×2も搭載 - AKIBA PC Hotline! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2013年11月13日)
サーバ向けなどの大型マザーで採用されるXL-ATX・SSI-EEB/CEBフォームファクタに対応している。
マルチGPU環境のために多くの拡張スロットが必要となりますが、XL-ATXとは拡張スロットを増やすためにATXよりもサイズを大きくした規格のようです。

パソコン向けマザーボードではあまりXL-ATXを見かけませんので、XL-ATXはサーバーやワークステーション向けの大型マザーボードの規格と考えられます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
ウィンターセール icon
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(2月19日迄)
DELL
・デスクトップパソコン 特別セール
クーポンで最大18%OFF・人気のノートパソコンも最大17%OFF
(2月17日迄)
ドスパラ
・最大10%還元 ドスパラ感謝祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(2月20日迄)
パソコン工房
・決算セール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(3月3日迄)