マザーボードのDES(Dynamic Energy Saver)とは?

最終更新日 2019年10月11日

マザーボードの DES(Dynamic Energy Saver)とは?

DES(Dynamic Energy Saver)が搭載されているマザーボードがありますが、DES とは何か。

低消費電力チューン DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。
DESはCPUの負荷に合わせてフェーズ数を可変することで、低負荷時の変換効率上昇(=ムダな電力の削減)を狙う技術である。
マザーボードには VRM と呼ばれる電源回路があります。VRM は、CPU 用に合わせて電圧を変換し CPU へ電力を供給し、電流量が変わっても電圧は変わらないように調整します。

VRM は、複数の小さい電源回路を並列に接続し構成しており、小さい電源回路の数をフェーズ数と呼びます。フェーズ数が多いほど変換効率が高くなり省エネとなりますが、CPU が低負荷で動作する時は逆に変換効率が悪くなります。

Impress Japan の記事によると、DES とは CPU が低負荷で動作する時はフェーズ数を少なくして変換効率が悪くなることを防ぐ機能のようです。

先進の省電力機能「Dynamic Energy Saver」搭載の地球に優しいマザーボード--GIGABYTE「GA-EP35-DS4」 - (page 2) - CNET Japan では、Dynamic Energy Saver を多段オートマチック車にたとえて説明しています。
 ではそのDynamic Energy Saver、具体的にどのように働くのだろうか? 簡単に言ってしまうと負荷に応じて「マルチギアスイッチ」を5段階に切り替え、省エネを実現している。もちろん負荷が高い場合は、省エネよりもパフォーマンスを優先させ、負荷が低い場合は省エネを優先させる。

 要するにDynamic Energy Saverは「多段オートマチック車」、自動的に燃費優先で細かくギアを切り替えながら走る乗用車のようなものである。「マルチギア」であるということと、「オートマチック」というのがDynamic Energy Saverのポイントである。ユーザーの操作は基本的に、設定の切り替えだけという簡単さなのだ。
車は速度に応じてギア比を変えて走ると燃費が良くなりますが、Dynamic Energy Saver の場合は VRM は CPU の負荷に応じてフェーズ数を変えると省エネになると言えると思います。

・VRM はフェーズ数が多いほど変換効率が高くなるが、CPU が低負荷時は逆に変換効率が悪くなる
・DES とは CPU の負荷に応じて VRM のフェーズ数を変えて省エネを実現する機能
・DES は CPU が低負荷時はフェーズ数を少なくして変換効率が悪くならないようにする


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)