マザーボードの寿命はどれくらい?

最終更新日 2019年10月11日

マザーボードの寿命はどれくらいなのか

ASRock > Fatal1ty H270 Performance には、以下のとおり書かれています。
素晴らしい 12K ブラックコンデンサは少なくとも 12,000 時間の寿命を提供します。それに対して、その他のハイエンドマザーボードの寿命はわずか 10,000 時間です。
寿命に12,000時間や10,000時間が出てきますが、コンデンサーの仕様に寿命に関して105度で〜時間や85度で〜時間等と書かれている高温時の寿命のことを指すと思われます。

マザーボードではなくコンデンサーの寿命について書かれていますが、マザーボードの部品の中でコンデンサーが先に寿命を迎えるなら、コンデンサーの寿命を参考にできます。

マザーボード対決 DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。
 コンデンサは、10℃2倍則(温度が10℃上昇するごとに寿命が1/2になる)という有名な経験則があるように熱に弱い部品であり、マザーボードの寿命=コンデンサの寿命と言ってもよいくらい、コンデンサの品質はマザーボードの耐久性に大きな影響力を持っている。
PCの寿命は何年なのか?|ニュースレター|テガラ株式会社 には、以下のとおり書かれています。
マザーボードの故障は電解コンデンサが寿命を迎えるケースが多く、高額な修理費用がかかります。
できればコンデンサーが先に寿命を迎えた割合を調査した情報が欲しいところですが、マザーボードではコンデンサーが先に寿命を迎えることが多いので、マザーボードの寿命はコンデンサーの寿命と考えて良いようです。

PCの寿命 - シェアード・ソリューション・サービス には、以下のとおり書かれています。
マザーボード上の電解コンデンサには寿命があります。使用環境温度により影響されますが、65℃で推定寿命は32,000時間と言われています。
同記事によると、寿命年数は各メーカから発表されたものであり、一部経験値が含まれているそうです。

32,000時間は約3.5年です。高温(105度や85度)での寿命が平均的なコンデンサーを採用したのか、マザーボードのコンデンサーの推定寿命を計算する場合は一般的に65度を採用すれば良いのか等、様々な疑問がありますが、この記事によるとマザーボードの寿命の目安は32,000時間(約3.5年)です。

・マザーボードの寿命の目安は24時間稼働させて約3.5年だが根拠は曖昧


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)

マザーボードの寿命



マウスコンピューター/G-Tune