BD(ブルーレイディスク)の寿命は長い?寿命200年?

最終更新日 2019年05月20日

BD(ブルーレイディスク)の寿命は長いのか、寿命200年のものもあるのか

今、注目すべきは光ディスク! パイオニアのポータブルドライブとイマドキのタブレットが相性抜群なワケ によると、DVD よりも大幅に容量アップした BD(ブルーレイディスク)は寿命が長いそうで、中には寿命が200年と言われているものもあるそうです。
実際に「最大何年もつか」については、まだメディアが登場して日が浅いためサンプルは少ないが、Blu-ray Discの規格策定にも携わったパイオニアによると「業務用のメディアは200年と言われているが、実際はもっともっともつはず」、 「家庭用の記録型Blu-ray Discに関しても人間の一生分の期間はもつ」とのことだ。
人間の一生分の期間もてば十分ですが、寿命200年と言われている業務用 BD の存在が気になります。

業務用 BD を選ぶだけで良いのか気になりましたが、 大切な写真データの長期保存方法|コラム|アーカイブ|株式会社アルメディオ によると、長期保存用記録ドライブが必要のようです。ここでは、寿命200年の BD のことを長期保存用光ディスクと呼んでいます。
一般市販されている光ディスクとは異なり、アーカイブ用に開発された長期保存用光ディスクというものがあります。全て追記型の光ディスクで、書き換え型はありません。

(略)

この長期保存用記録ドライブで記録することで、BD-Rだと推定寿命200年のディスクを作成する事が出来ます。
長期保存用光ディスクや長期保存用記録ドライブは、普通のものと何が違うのか。

同記事によると、長期保存用光ディスクは長期保存に適した記録膜を採用しており、寿命測定とディスク面内の欠陥検査を全数実施し品質の高いものとしているそうです。

長期保存用記録ドライブは、最高の記録品質を保つため、4倍速一定の速度でデータ書き込みを行うそうです。

業務用アーカイブディスク|三菱ケミカルメディア株式会社 では、業務用アーカイブディスク、業務用 BD ドライブという用語が使われていますが、業務用アーカイブディスクについて以下のとおり書かれています。
業務用アーカイブディスクでは、想定より早期にデータ再生不良が発生する確率を低減するため、自社工場で製造され、通常品よりも厳しい検査基準に合格したディスクだけが出荷されます。
業務用 BD ドライブについては、以下のとおり書かれています。
パイオニア株式会社の業務用BDドライブ『BDR-PR1』、『BDR-PR1M』の純正サポートにより最適な記録ストラテジで記録するため、長期保存性に影響する初期の信号を高い品質で記録することが可能となります。また、業務用BDドライブは厳しい基準で選別された光学ピック、強化トレイの採用やダストシールド構造により、ドライブ内部への塵芥の流入を防ぐことで高い保存安定性を有します。また、一定の速度で書き込みを行うCLV記録に限定することで記録品質のばらつきを最小限に抑えました。
ちなみに、BD や BD ドライブで業務用と書かれている商品でも、200年等の長期保存用に作られているとは限りません。長期保存や200年等の記載が商品情報に書かれているか確認が必要です。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
期間限定キャンペーン icon
期間限定で大幅値引き!最大45,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(8月28日迄)
DELL
・サマーセール
13インチモバイル、17インチ大画面ノートなど、今週のおすすめPCがクーポンで最大17%OFF!
(8月19日迄)
ドスパラ
・サマーセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(8月30日迄)
パソコン工房
・夏のボーナスセール 第3弾
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(8月29日迄)