DVDメディアは外周にいくほどエラーが発生しやすい?

最終更新日 2019年10月11日

DVDメディアは外周にいくほどエラーが発生しやすいのか

News:粗悪な記録型DVDメディアが、なぜ“怖い”のか - ITmedia には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2003年3月11日)
 しかし、記録型DVDでは、状況がこれと異なっている。本当に品質の悪いメディアでは、メディア外周部で「ライトエラー」が発生。途中で記録が強制終了してしまうことがあるほか、「書き込み後になって読めない」ディスクが作成されることがあるからだ。

 また、DVD-Videoを作成した際、映像にブロックノイズが大量発生してしまうことも、品質が悪いメディアではよくある。この場合、特にメディアの外周部で発生することが多い。
外周に近づくほどエラーは多発する!  書き込み編(3ページ目) | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2008年12月19日)
 実はディスクにはエラーが起きやすい箇所がある。外周部分だ(図3)。ドライブはディスクを高速回転させながらレーザーを照射して書き込む。その際、回転による面ブレが起こりやすく、外周にいけばいくほどずれも大きくなる。もともと円の中心と重心がずれているような質の悪いディスクはなおさらだ。
よくある質問 使用するメディアについて - フェイズアウト には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
当社コピーサービスで、使用するメディアは、国産で、互換性、安定性に優れた高品質な太陽誘電製メディアを使用しています。
海外産のメディアの場合、データ書込みが外周に近づくにつれて、エラーが高い確率で発生したり、互換性上の問題などが起こったりします。
DVDメディアへデータを書き込むとエラーが発生することがありますが、外周にいくほどエラーが発生しやすいようです。

DVDメディアの品質にはバラつきが見られますが、品質が低いDVDメディアだと正常にデータ読み込めないほどになるまでのエラーが外周に発生することがあるようです。

日経 xTECH(クロステック)の記事のさらなる解説によると、できるだけエラーを抑えるならDVDメディアへ書き込むデータ容量を4GB程度にしておくと良いそうです。

日経 xTECH(クロステック)の記事に限らずITmediaの記事にも、低品質なDVDメディアで外周にいくほど大量のエラーが発生していることを示すグラフを掲載されていますが、4GBくらいを超えてから急激にエラーの発生数が増えていることがわかります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・シングルデーセール
モバイルノート、ゲーミングPCほか、クーポンで最大20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%ポイント還元 ドスパラ27周年祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月7日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)