DVD-RAMの交替処理機能とは?

最終更新日 2019年10月11日

DVD-RAMの交替処理機能とは何か

News:粗悪な記録型DVDメディアが、なぜ“怖い”のか には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2003年3月11日)
 DVD-RAMメディアには、メディアに欠陥があったとき、交替処理を行うという機能がある。これは、メディアに多少の欠陥セクタが存在した場合、エラーがあるセクタを、交替領域にある正常なセクタと交替させるというものだ。つまり、物理的にエラーが存在していた場合でも、ユーザーが使用する領域(論理エリア)には、見かけ上、エラーが存在しなくなるのである。
同記事のさらなる解説によるとDVD-RAMメディアの交替領域の大きさは100MB強であり、交替処理により交替領域を使い果たすとエラーが増えてデータを記録できる容量が減っていくそうです。

粗悪なDVD-RAMメディアだと交替領域の使用を前提にして製造されているそうで、DVD-RAMメディアでも品質に注意して選ぶ必要があるようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)

DVD-RAMメディア



マウスコンピューター/G-Tune