USBの端子

最終更新日 2021年09月05日

USBの端子の規格

USBには、端子の形状等を規定する規格があります。

規格 特徴
Type-A ・ホスト側機器のUSB端子に採用される形状
・USBケーブル等の接続時は上下の向きを合わせる必要あり
・Alternate Modeに対応不可
Type-B ・クライアント側機器のUSB端子に採用される形状
・USBケーブル等の接続時は上下の向きを合わせる必要あり
・Alternate Modeに対応不可
Type-C ・ホスト側機器とクライアント側機器、両者のUSB端子に採用される形状
・上下の向きがないため上下の向きを気にせずにUSBケーブル等を接続できる
・Alternate Modeに対応可能

USB端子の規格は、初期からType-A、Type-Bが存在し、後にType-Cが登場しました。

Type-Cが登場する前は、Type-AとType-Bを意識してUSB端子を使用する必要があまりありませんでした。

原則的にはType-Aはホスト側機器、Type-Bはクライアント側機器と決まっており、USBはホスト側機器とクライアント側機器を接続して使用しますので、Type-AとType-Bで接続します。

例えば、パソコンのUSB端子はホスト側、パソコンに接続して使用する周辺機器のUSB端子はクライアント側であり、パソコンのUSB端子はType-A、周辺機器のUSB 端子はType-Bです。

パソコンと周辺機器をUSB接続するなら、Type-AとType-Bで接続します。

一部の機器では、別の機器とType-A同士で接続して使用しますが例外的です。

一般的にはType-AとType-Bを接続して使用します。

Type-B同士で接続して使用する機器の組み合わせも存在するかもしれませんが、個人的には見たことがありません。

Type-Cが登場し、Type-A、Type-B、Type-Cを意識してUSB端子を使用する必要が出てきました。

Type-CとType-A、またはType-CとType-Bを接続して使用する場合、USB変換アダプター(変換ケーブル)が必要です。

機器同士をUSB接続して使用する場合、USB変換アダプター(変換ケーブル)が必要となるのか必要とならないのか、必要となる場合はどのような変換パターンが必要となるのか適切に判断する必要があります。

表記

Type-A、Type-Bという表記ですが、厳密には正しくなく、それぞれStandard-A、Standard-Bと表記するのが正しいです。

Type-A、Type-Bという表記が定着していますので、この表記を気にすることなく利用しても大丈夫です。

Type-Cという表記は、正しいです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

USB基礎知識



デル株式会社