パネルサイズ - 液晶モニターの選び方

最終更新日 2015年10月26日

モニターとは

モニターとは、パソコンからの出力情報を画面に映し出すものです。昔は、ブラウン管を使用する CRT モニターが主流でしたが、今は液晶モニターが主流です。液晶モニターは、省スペース&省電力で目にも優しいです。

昔は液晶モニターより CRT モニターの方が画質がきれいでした。それは、昔は液晶モニターとパソコンをつなく機器にデジタル信号をそのまま伝えるものがなかったからです。それでパソコンからのデジタル信号をアナログ信号に変えて液晶モニターへ出力し、液晶モニターでアナログ信号をデジタル信号に変えて表示してましたので、どうしても画質が悪くなったのです。

現在でも、画質が一番いいのは CRT モニターですが、それは数十万円もするようなプロが仕事で使うようなモニターのレベルの話になった場合です。現在は個人で使う場合は省スペース性に優れた液晶モニターを買うのが一般的です。

パネルサイズの選び方

自分にとって丁度良いパネルサイズを選ぶ

液晶モニターを選ぶときは、自分に合ったパネルサイズを選ぶ事が大切です。パネルサイズは、実際に映像が表示される領域の大きさを示すものであり、パネルサイズが大きいほど、画面が大きくスペースが広いので見やすく作業効率がよくなります。机の上が広いほどノートや本をいろいろ広げられて勉強がはかどる事と似ています。

できるだけパネルサイズが大きい液晶モニターを選びたいですが、設置場所や画面との距離を考慮すると大きすぎるのも問題です。極端な例ですが、パネルサイズが50インチ型の液晶モニターは、机に設置して個人で使用するには大きすぎます。

主なパネルサイズ

液晶モニターでは、様々なパネルサイズが見られます。2015年7月1日時点では、主に17〜27インチ型の液晶モニターが見られます。もちろん、この範囲外にある小さいパネルサイズや大きいパネルサイズも見られます。

液晶モニターの低価格化と大画面化が進み、主流のパネルサイズは大きくなっていく傾向が見られましたが、20〜23インチ型で落ち着いています。

さらに低価格化と大画面化が進めば、主流のパネルサイズが大きくなるかもしれませんが、机に設置して個人で使用するなら20〜23インチ型くらいが丁度良いでしょうから、今後も20〜23インチ型が主流になると思われます。

17〜19インチ型 ・昔は主流だった画面サイズで、今はあまり見られない
・ノートパソコンを使う場合と同じくらい画面に近づいて使うなら、丁度良い画面サイズ
20〜21インチ型 ・主流の画面サイズの中で小さめ
・コンパクトさを重視するなら選択の目安
22〜23インチ型 ・主流の画面サイズの中で大きめ
・広くて見やすく標準的な選択の目安
24〜27インチ型 ・大画面サイズ
・画面の広さを重視するなら選択の目安
・机に設置するなら27インチ型程度までなら見やすく、それを超えてくると大きすぎて見づらくなってくる

広くて見やすい22〜23インチ型がおすすめ

適したパネルサイズは人によって異なりますが、パネルサイズの選択の目安は、主流の20〜23インチ型です。パネルサイズの違いは小さいですが、22〜23インチ型が広くて見やすいのでおすすめです。もっと画面の広さを重視するなら、24〜27インチ型がおすすめです。やや小さめのパネルサイズを選びたい場合は、20〜21インチ型がおすすめです。

昔は、全体的に液晶モニターの価格が高かったせいもあり、17〜19インチ型が主流でしたが、今となっては物足りなさを感じます。狭い場所に液晶モニターを設置しなければならない、またはノートパソコンを使用する場合と同じくらい画面との距離が近くなるなら、17〜19インチ型がおすすめです。

液晶モニターの価格も随分と安くなりましたので、24〜27インチ型に限らず、さらに大きい30インチ型や40インチ型等の液晶モニターを選びたくなるものですが、選ぶ際は慎重に判断した方が良いです。

実際に同じくらいのサイズの液晶テレビ等があればイメージしやすいですが、かなり大きいので、十分な設置場所を確保する必要がありますし、画面との距離が近いと見づらいです。

パネルサイズが大きい液晶モニターでも設置可能であり、遠くから大画面テレビを見るような感じで使用するなら、30インチ型や40インチ型等を選ぶと良いです。

ワイド画面を持つ液晶モニターを選ぶときは、画面サイズの高さに注意

映画等のワイド画面を液晶モニターで見たいのであれば、ワイド画面である液晶モニターを選びたいです。通常画面の液晶モニターでワイド画面を見ると、左右の幅が足りないので、物足りなくなります。

また、ワイド画面だと、左右に広くスペースが使えますので、パソコンでの作業がより効率的になるでしょう。例えば、左右半分ずつに異なる文書ファイルを広げれば、見ながら比較したり、左側の文書ファイルを見ながら、右側の文書ファイルを編集できたりします。

このような事もあり、ワイド画面の液晶モニターはおすすめなのですが、選ぶときは画面サイズの高さに注意しなければなりません。どういう事かと言いますと、ワイド画面を持つ液晶モニターでは、同じパネルサイズで比較すると、通常画面の液晶モニターより、画面サイズの高さが小さくなります。もちろん、横の長さは大きくなります。同じパネルサイズのまま通常画面からワイド画面に移行すると、画面の面積をほぼ維持したまま、横に広がるとイメージして頂くとわかりやすいと思います。

液晶モニターは、高さも結構重要ですので、ワイド画面を持つ液晶モニターを選ぶ時は、通常画面の液晶モニターを選ぶ場合よりも、大きいパネルサイズの液晶モニターを選ぶことをおすすめします。

通常画面の高さを維持したままワイド画面に移行したい場合、約 4 型サイズアップさせて選ぶのが目安なので、例えば、通常画面の 17 型が丁度良いと感じていたのであれば、21 型の液晶モニターが選択の目安です。

はじめてワイド画面を持つ液晶モニターを選ぶときは、どのくらいが丁度いいのか判断するのが難しいと思いますが、個人的に 20 型〜 22 型は欲しいと思います。19 型のワイド画面でも大きな不満にはならないでしょうが、17 型のワイド画面だと、高さが物足りないと感じやすいと思います。


キャンペーン情報
富士通
・納涼セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の8大特典
(8月23日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で26%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(9月6日迄)

液晶モニターの選び方