デュアルストレージHDD+SSDで大容量と高パフォーマンスを両立 - ストレージ

最終更新日 2019年03月14日

SSD を選びたくても容量あたりの価格が高くて選びにくい

SSD は、HDD よりもデータ読み書き速度が圧倒的に速いですが、容量あたりの価格が高いです。HDD は SSD よりもデータ読み書き速度は劣りますが十分速く、容量あたりの価格が安いです。

価格の安さを重視するなら HDD 搭載パソコンがおすすめですが、データ読み書き速度を重視するなら SSD 搭載パソコンがおすすめです。

SSD は容量あたりの価格が高いため、大容量ストレージが必要なら、十分な予算が無いと SSD のみ搭載されているパソコンを選ぶのは難しくなります。

HDD と SSD 両者搭載で大容量と高いパフォーマンスを両立

そこでおすすめなのが、HDD と SSD 両者が搭載されているパソコンです。HDD と SSD 両者のメリットとデメリットが混在しますが、上手く使い分ければ SSD のデータ読み書き速度が速いというメリットを十分享受し、SSD の容量あたりの価格が高いというデメリットを和らげることができます。

特に予算を抑えたく大容量ストレージが必要だが SSD のメリットも欲しい場合は、HDD + SSD 搭載パソコンを選ぶのがおすすめです。

大容量 HDD と小容量 SSD にしておけば、ストレージ全体としては十分な容量があり、SSD の容量が小さいためあまり価格は上がりません。

SSD の容量は小さいため、何もかも SSD に保存すればすぐに SSD は容量が一杯になりますが、適切に HDD と SSD を使い分ければ容量不足が起こりにくくなります。

SSD に OS やソフトウェアをインストールしておけば、OS やソフトウェアの起動時間や処理時間の短縮を実現できます。HDD には、動画や画像、音楽等の容量が大きいデータの保存に使用すれば大量に保存できます。

要は、利用頻度の高いデータは SSD へ、利用頻度の低いデータは HDD へ保存しておくのが基本的な使い分けです。利用頻度の高いデータが多くて SSD に入り切らない場合は、データに利用頻度を基準に優先順位を付け、優先順位が低いデータは HDD へ保存しておきます。

いずれ SSD も HDD と同じくらい容量あたりの価格が安くなり、SSD のみが搭載されているパソコンが主流になる時代が来ると思われますが、それまでは HDD + SSD 搭載パソコンにも注目し選ぶことを検討してみるのがおすすめです。


キャンペーン情報
ドスパラ
・新生活応援セール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(3月17日迄)
ツクモ
・春の大感謝祭
お買い得品を多数ご用意
(4月1日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・期末決算SALE
お買い得パソコン・おすすめパーツ・周辺機器が勢揃い
(3月29日迄)

コラム - ストレージ



デル株式会社