ビデオメモリー - クリエイター向けビデオカードの選び方

最終更新日 2016年08月28日

ビデオメモリーの容量や性能は参考程度に見ておく

ビデオカードの性能は、ビデオチップによって決まる部分が大きいですが、ビデオメモリーもビデオカードの性能に関わってきます。 一般向けのビデオカードでは、様々なメーカーが、ビデオチップメーカーからビデオチップの提供を受け、ビデオカードの開発、製造を行っているため、同じビデオチップを搭載しているビデオカードでも製品によってビデオメモリーの容量や性能が異なっています。そのため、性能を重視するなら、ビデオメモリーの容量や性能にも注目して選ぶ必要性は高いです。

一方のクリエイター向けのビデオカードでは、ビデオチップのメーカーがビデオカードの開発や製造も行っています。ビデオチップメーカーからビデオチップの提供を受け、ビデオカードの製造を行っているメーカーもありますが、その数は少ない上に、ビデオカードの仕様はビデオチップのメーカーによって管理されています。

クリエイター向けのビデオカードは、主に動画編集や画像編集作業が生じる業務で使用されるため、高い性能だけでなく、高い品質、信頼性も求められます。同じビデオチップを搭載するビデオカードでも、様々なメーカーが独自に開発、製造したビデオカードが存在していては、高い品質と信頼性を維持するのは困難になってしまいます。

このような理由で、ビデオチップのメーカーがビデオチップの開発や製造も行っており、別メーカーがビデオカードを製造していてもその仕様はビデオチップのメーカーが管理しているため、ビデオチップが同じであれば、ビデオカードの仕様や性能は同じとなっています。

そのため、一般向けのビデオカードを性能重視で選ぶ場合は、同じビデオチップを搭載しているビデオカード間で、ビデオメモリーの容量や性能を比較する必要性が高かったですが、クリエイター向けのビデオカードでは、同じビデオチップを搭載しているなら、仕様や性能は同じですので、比較の必要はありません。参考程度に見ておくで十分と言えます。

ビデオメモリー容量の選び方

低価格化と大容量化が進んだビデオメモリー

ビデオメモリーの低価格化と大容量化が進み、安価なクリエイター向けのビデオカードでも十分なビデオメモリー容量があります。使用するソフトウェアが決まっている場合、そのソフトウェアが必要とする、もしくは推奨しているビデオメモリー容量を確認しておきたいですが、安価なクリエイター向けのビデオカードのビデオメモリー容量でも余裕があるはずです。

もしビデオメモリー容量が不足であるようなら、より性能が高いビデオチップを搭載したビデオカードを選ぶと良いです。各ビデオカードには、搭載ビデオチップの性能に見合ったビデオメモリー容量を搭載しており、搭載ビデオチップの性能が高いほど、ビデオメモリー容量が大きいです。

ビデオメモリーの規格の選び方

以下は、主なビデオメモリーの規格です。下に行くほど新しい規格となり、データ転送速度が速いです。

規格 データ転送速度
GDDR3 2.4 GB/s
GDDR4 3.2 GB/s
GDDR5 12.8 GB/s

比較的新しいクリエイター向けのビデオカードなら、新しい規格のビデオメモリーを搭載しています。もし、他と比べて古い規格のビデオメモリーの場合は、古いクリエイター向けビデオカードの可能性があります。もしくは、搭載ビデオチップの性能を考慮して、新しい規格のデータ転送速度は必要ないため、コストを抑えるために古い規格のビデオメモリーを搭載している可能性があります。


キャンペーン情報
ドスパラ
・パラダイスセール第2弾
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(2月28日迄)
ツクモ
・年に一度の本決算SALE!
お買い得品を多数ご用意
(3月1日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・ホワイトバザール
今だけBTOパソコン・PCパーツ・雑貨アイテムが大特価!
(2月28日迄)