なぜパソコンに光沢(グレア)液晶が増加?

最終更新日 2020年08月24日

なぜパソコンに光沢(グレア)液晶が増加しているのか

デスクトップパソコンに付属する外付け液晶ディスプレイやノートパソコンの液晶ディスプレイに、まるで非光沢(ノングレア)液晶から光沢(グレア)液晶へ移行が進んでいるように見えるほど光沢(グレア)液晶が増えています。

パソコンの液晶ディスプレイではなく液晶テレビについてですが、液晶テレビに光沢(グレア)液晶を採用する理由がわかる記事を見てみます。

“光沢”液晶テレビの挑戦 (1/2) - ITmedia NEWS には、三菱電機が液晶テレビに光沢液晶を採用する理由について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2007/10/19)
この点に関して吉田氏は「液晶が持つ、本当の画質を引き出すため」と説明する。
「吉田氏」とは、三菱電機AV営業統括部の吉田泰弘部長です。

同記事のさらなる解説によると、非光沢(ノングレア)液晶だと外光の映り込みを抑えられるメリットがありますが、コントラストの低下、解像度が低下したように見える、映像の質感の低下等、画質に関するデメリットがあるそうです。

光沢(グレア)液晶だと、コントラストの向上、解像度が高いように見える等、画質に関するメリットが大きいですが、外光の映り込みが大きいデメリットがあるそうです。

簡単に言うと、画質に有利であることが、液晶テレビに光沢(グレア)液晶を採用する理由だそうです。

三菱電機と同じ理由でパソコンメーカーも、画質に有利と判断して光沢(グレア)液晶の採用を進めていると考えられます。

実際に動作中のパソコンが家電量販店等に展示されて販売されているのを見かけることがありますが、光沢(グレア)液晶を採用しているパソコンを見ると、画質が高いように見えるのは確かです。

外光の映り込みというデメリットが気になり、光沢(グレア)液晶を採用しているパソコンを選ぶことをしない人もいるでしょうが、画質が高いように見えることに惹かれて選ぶ人が多いと思われます。

そのように顧客が買う動きを狙って、パソコンメーカーが光沢(グレア)液晶の採用を進めていると考えられます。

画質が高い光沢(グレア)液晶を採用しているパソコンを、顧客に使ってもらいたいという理由もあると思います。

実際に光沢(グレア)液晶を採用しているパソコンを使うと画質に関する満足感が高いですが、外光の映り込みが大きいというデメリットが気になります。

光沢(グレア)液晶と非光沢(ノングレア)液晶、自分にとってどちらが合うのか慎重に判断すると良いです。


キャンペーン情報
富士通
・テレワーク応援セール
クーポン利用で18〜25%OFF等の11大特典
(6月16日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(7月21日迄)