ノングレア液晶は光沢液晶よりも目が疲れにくい?

最終更新日 2019年10月11日

ノングレア液晶は光沢液晶よりも目が疲れにくいのか

第1回 光沢液晶 vs. ノングレア液晶──それぞれのメリット/デメリットを理解しよう | EIZO株式会社 には、光沢液晶のデメリットについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2005年5月26日)
 その一方で、外光の映り込みが大きいというデメリットもある。自分の姿や背景が画面にはっきりと映り、蛍光灯などの光もそれなりに強く反射する。程度の差はあるが、目が疲れやすいのは確かで、映り込みが気になって画面に集中できないという声も聞こえてくる。
同記事には、ノングレア液晶のメリットについて、以下のとおり書かれています。
 対してノングレア液晶のメリットは、外光の映り込みが少なく、長時間の使用でも目への負担が軽いことだ。一般的なオフィスや官公庁、教育現場などではノングレア液晶が圧倒的に多い。
同記事には、光沢液晶とノングレア液晶どちらを選ぶ方が良いのか、以下のとおり書かれています。
結局ありきたりな結論になってしまうのだが、光沢液晶を選ぶか、ノングレア液晶を選ぶかは、ユーザー自身の用途次第だ。静止画や映像の鑑賞が多い人は、光 沢液晶のほうが満足度が高いだろう。 目が疲れやすいという弱点はあるものの、集中力は静止画や映像コンテンツに向かうため、外光の映り込みは思うほど気にならない。

 逆に、インターネット用途やビジネスアプリケーション、静止画や動画の編集などには、ノングレア液晶が向いている。 こうした用途では、目と集中力は画面上の比較的狭い範囲に注がれるので、光沢液晶だと映り込みが気になって集中力が削がれてしまうからだ。もちろん目の疲れ具合にも、かなりの差がある。
ノングレア液晶だと蛍光灯等が映り込みしやすく、目が疲れやすい要因になるようです。

一般的なオフィスや官公庁、教育現場等では蛍光灯等が多く外光がたくさん差し込むので、ノングレア液晶が多いと考えられます。

映り込みしやすい場所で静止画や映像の鑑賞に使うとしても、光沢液晶だと映り込みが多くなってしまうのでノングレア液晶の方が望ましいと考えられます。

蛍光灯等が少なく外光があまり差し込まない家庭で使うなら光沢液晶でも良さそうですが、映り込みが気になってしまう用途に使うなら目が疲れにくいノングレア液晶を選ぶと良いと考えられます。

本日の一品 グレア液晶をノングレアにする! ノートPC用フィルム には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2009年5月22日)
 たしかに自分も店頭でグレア液晶のパソコンを見て、うわっ高級っぽく見えるじゃんと思ったことはないわけではないので、プロモーション的な効果がないとは言わないが、それでもやはり文章入力やWebブラウジングなどの用途においては、ノングレアな液晶のほうが見やすく、目が疲れないと思う。ここに屋外での利用が加わったりすると、真剣に手を打たなくてはいけないという気持ちにさせられる。
同記事全体を読むと、光沢液晶は外光が反射しまくりでギラギラとした表面処理がされているので目が疲れやすく、ノングレア液晶は外光の反射が少なくギラギラしていないので目が疲れにくいと考えられます。

屋外でノートパソコンを使うなら、たくさんの外光があり映り込みが激しくなってしまうでしょうから、必ずと言って良いほどノングレア液晶を選ぶ方が良さそうです。

ちなみに、同記事では光沢液晶をノングレア液晶であるかのように見せかけるフィルムを紹介しており、このようなフィルムを使うことを前提にして光沢液晶を選んでも良いと思います。

【保存版】ディスプレイの疲れ目対策"10選" | EIZO株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2014年3月5日)
 この際、疲れ目をさらに悪化させる要因になるのが、ディスプレイ表面の反射光だ。画面に光沢があるグレアパネルは、黒が締まって色鮮やかな表示に仕上げやすいため、映像鑑賞に向くとされるが、外光を反射しやすい。オフィスなどで背後に照明や別のディスプレイ表示があると画面に映り込み、目のピントがズレて疲れ目の原因になる。

(略)

グレアパネルは蛍光灯の光がはっきり映り込んで画面が見づらくなり、こうした状況では目に負担がかかりやすい(写真=左)。ノングレアパネルは同じ蛍光灯の光でもここまで映り込みを低減できるので、目にかかる負担が小さくて済む(写真=右)。
光沢液晶だと映り込みしやすいですが、映り込みしたものにピントが合ってしまい、目が疲れる要因になるようです。

家庭であれば照明や別のディスプレイが画面に映り込みしないように対策しやすいでしょうから、光沢液晶を選ぶのもありだと思います。


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で16〜22%OFF等の10大特典
(11月13日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)