SSDってどうよ? - ストレージ

最終更新日 2018年10月19日

ストレージに SSD を採用したパソコンが登場

パソコンのストレージには HDD(ハードディスクドライブ)が採用されていますが、SSD(ソリッドステートドライブ)を採用したパソコンが登場し始めました。

HDD と SSD のデータ読み書き速度を測定したベンチマークが見られますが、SSD の方が速い結果が出ている測定項目もあれば HDD とあまり変わらない結果が出ている測定項目もあります。

総合的にベンチマークを見れば SSD の方が優れていることがわかりますが、実際に HDD から SSD にして使ってみると、どのような変化があるのかはベンチマークからではわかりにくいです。

また、SSD は HDD よりも容量あたりの価格が高く、その分の価値が SSD にあるのか気になる人が多いと思われます。

ここではデータ読み書きにかかった時間等、具体的な数値を挙げることはせず、某ノートパソコンのストレージを HDD から SSD に変えて使った感想を書きます。以下では、基本的には SSD 搭載パソコンと記載しますが、HDD から SSD に変えたノートパソコンを指します。

SSD だと OS やアプリケーションの動作が速い

SSD 搭載パソコンを使ってみて一番の衝撃は、OS やアプリケーションの動作が速くなったことです。OS やアプリケーションは起動時だけでなく動作中もストレージに対しデータ読み書きを行うことがありますので、動作が速くなるだろうとは思っていましたが、これほど速くなるとは思っていませんでした。

パソコンの動作を速くして快適に使いたいなら CPU の性能を上げる、メインメモリーの容量を増やす等、様々な方法がありますが、ストレージを HDD から SSD へ変えることを最優先にやる方が良いと思えるほど効果があります。

パソコンの使い方は人それぞれですが、多くの人は HDD から SSD へ変わっても作業時間が大幅に短縮されることはないと思われます。一般的にはデータ読み書きが発生して完了までに待たされる時間は、作業時間の一部を占める程度です。

仮に SSD が HDD よりもデータ読み書き速度が2倍速くても、作業時間が半分になることはまずありません。多くの人が作業時間が数割減ることもないと思われます。

しかし、パソコン使用時間の中で OS やアプリケーションの動作が速くなることを感じる時間は一部だけでも、パソコンの快適さが大幅にアップしたように感じます。

SSD だと仮想メモリー利用時におけるパソコンの動作速度低下を抑えられる

メインメモリー使用量が増えメインメモリーの容量が足りなくなりストレージの仮想メモリーを利用するようになると、ストレージはメインメモリーよりもデータ読み書き速度が遅いのでパソコンの動作が重くなります。

ストレージが HDD だと我慢できないほどパソコンの動作が重くなりますが SSD だと改善します。メインメモリーの容量が不足しないように十分ある方が良いですが、メインメモリーの容量が不足しても SSD なら何とか耐えられそうです。

SSD は衝撃に強いので持ち運び時に安心感がある

HDD は衝撃を与えても簡単には壊れませんが、衝撃に弱い機械的な部品が内部にあり、特にノートパソコンを持ち運ぶ時に強い衝撃を与えないよう気を使います。

SSD には衝撃に弱い機械的な部品が内部にありませんので、HDD よりは安心感があります。

SSD だと静か?バッテリー駆動時間が延びる?

HDD には機械的な部品があり動作音がしますが、SSD にはありませんので HDD よりも動作音が静かです。個人的には HDD でも動作音が気になることはなく、冷却ファンの動作音の方が目立ちますので SSD にしても静かになったとはあまり感じません。

静かな環境でファンレスパソコンを使うなら、HDD から SSD に変えることで静かになったと強く実感するかもしれません。

また、SSD は HDD よりも消費電力が低いですが、ストレージの消費電力はパソコン全体の消費電力から見たら小さいので、ノートパソコンのバッテリー駆動時間は特に変わりません。

全く同じ使い方をして厳密に測定すれば SSD だとバッテリー駆動時間が延びるでしょうが、大して延びないと思われます。

SSD は良いところばかりではなく悪いところもある

SSD 搭載パソコンを使ってみて良かったところを記載しましたが、SSD には悪いところもあります。多くの人が SSD 搭載パソコンを使ったら HDD 搭載パソコンには戻れないだろうと思うくらい SSD は良いですが、SSD の悪いところを考慮すると安易にはおすすめできません。

まず SSD は容量あたりの価格が高いことが気になります。昔は HDD も容量あたりの価格が高く簡単には大容量を選べませんでしたが、その時を思い出すほど SSD は容量あたりの価格が高いです。

SSD 内部には大量の記憶素子があり、記憶素子はデータ書き込み回数が増えていくと劣化し寿命に達する、記憶素子を長期間放置するとデータが消えてしまうという特徴があります。

これら寿命とデータ消失に関する問題は気にすべきことなのかは未確定ですが、SSD 搭載パソコンを使っていると不安に感じる要因になります。

SSD の悪いところは容量あたりの価格が高いことだけに

SSD が登場してから随分と経ち、SSD の技術進歩が進み寿命とデータ消失に関する問題を気にする必要性は低くなりました。まだまだ HDD よりも容量あたりの価格が高いですが、SSD の低価格化が進み SSD を導入しやすくなりました。将来は、さらに低価格化が進み容量あたりの価格が HDD と同じくらいにまでなるかもしれません。(2017年11月1日時点)

SSD はデータ書き込み回数が増えると劣化し寿命に達することに変わりはありませんが、データ書き込みが大量に発生する動画編集や画像編集にパソコンを毎日長時間使っても寿命が達する前に寿命以外の原因で故障してしまう可能性の方が圧倒的に高いです。

SSD を長期間放置するとデータが消失するリスクがあることも変わりはありませんが、パソコンを日常的に使うなら気にする必要はありません。数日、数週間、数ヶ月くらいなら放置してもまず大丈夫です。

しかし、どのくらい放置しても大丈夫かは SSD によって異なり、さらには SSD の劣化具合や SSD を放置しておく環境にもよりますので、どのくらい放置しても大丈夫なのかは一概には言えません。

少なくとも1年以上は放置しても大丈夫ですが、それでも1年の間に何が起きるかわかりません。SSD は高温に弱いですが、うっかり高温になる環境に放置してしまいデータが消失してしまうかもしれません。他にもデータ消失につながるあらゆる可能性を考慮して、SSD を長期間放置するならバックアップをしておく方が良いです。


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で10〜23%OFF等の10大特典
(11月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WD1/C2 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で19%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で27%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で28%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で28%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で28%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C3 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で23%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(12月5日迄)