インテル・ターボ・メモリー

最終更新日 2022年07月26日

インテル・ターボ・メモリーとは

基礎

インテル・ターボ・メモリーとは、HDDのキャッシュメモリーとしてフラッシュメモリーを使用する技術です。

データ読み込み速度が高速化

HDDよりもデータ読み書き速度が速いフラッシュメモリーにあらかじめ読み込み対象となる可能性が高いデータを保存し、データ読み込み速度を高速化します。例えばOS、アプリケーションの起動に必要なデータをフラッシュメモリーに保存となった場合、これらの起動にかかる時間が短くなります。

データ書き込み速度が高速化

HDDにデータを書き込むときは、まずはフラッシュメモリーにデータを書き込み、後にまとめてフラッシュメモリーからHDDにデータを書き込み、データ書き込み速度を高速化します。

消費電力を抑えられる

フラッシュメモリーは消費電力が低くてもHDD含め全体で見ると消費電力が増えそうです。HDDではなくフラッシュメモリーからデータを読み込む機会が多くなると、消費電力が高いHDDが動作する機会が減り、全体的に見れば消費電力を抑えられます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の大感謝セール
最大65,000円OFF!!
(10月12日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコンがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大26%OFF。ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・オータムセール
eスポーツの秋!芸術の秋!ゲーミング・クリエイターPC大放出
(10月25日迄)