HDDの平均シークタイム

最終更新日 2023年09月07日

HDDの平均シークタイムとは

基礎

HDD内部にはディスクが存在し、ディスク上にデータが記録されます。

ディスク上のデータは、ヘッドと呼ぶ部品が読み書きを行います。

ヘッドは、ディスクの内側と外側を結ぶほぼ直線上を動きます。

平均シークタイムとは、隣のデータ読み書き場所への移動にかかる時間と、ディスクの内側から外側(外側から内側)への移動にかかる時間を、足して2で割った時間です。

別の方法で平均シークタイムを計算する場合もありますが、ディスク上の目的の場所にヘッドが動くまでにかかる平均的な時間であることに変わりはありません。

平均シークタイムが短いほどデータ読み書きにかかる時間が短くなりますが、どのHDDも平均シークタイムは十分短く、性能の高いHDDほど平均シークタイムが短い傾向が見られますが、体感できるほどの差にはなりません。

HDDのデータ読み書き速度は回転数によっても違い、HDDによって回転数が違います。

回転数の違いに関してはデータ読み書き速度の違いに結構影響しますので、平均シークタイムよりも回転数の方が重要です。

SSDは平均シークタイムがない

HDDのアクセス速度が遅い要因が平均シークタイムの存在です。SSDは平均シークタイムがなく、SSDのアクセス速度が速い要因です。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・夏先取りセール
最大35,000円OFF!!
(6月19日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大31%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・超パソコン還元フェア
最大30,000円分ポイント還元
(6月10日迄)