マザーボードのDrMOS(Driver-MOSFET)

最終更新日 2023年12月07日

マザーボードのDrMOS(Driver-MOSFET)とは

基礎

マザーボードのDrMOSとは、MOSFETとドライバーICを統合したDriver-MOSFETを採用するスイッチングレギュレーターのブランドです。MSIが名付けました。

スイッチングレギュレーター、MOSFET、ドライバーIC

スイッチングレギュレーターとは、電圧をオンとオフのスイッチングによって安定させる回路です。MOSFETがスイッチングを行います。スイッチングを高速に行い、電圧をパルスに変換し、コイルとコンデンサーが滑らかな直流電圧に変えます。電流が変化するとき、スイッチングの時間の比を変えて安定した直流電圧に調整します。

ドライバーICとは、PWMコントローラーがMOSFETに出力したタイミング信号を受け取り、増幅して出力するICです。ドライバーICがないとタイミング信号が弱いため、ドライバーICに頼ります。タイミング信号に従ってMOSFETがスイッチングを行います。

Driver-MOSFET

Driver-MOSFETはMOSFETとドライバーICに分かれている場合と比べて、変換効率が高く、リーク電流が減り発熱も減ります。

GreenPower

DrMOSと呼ぶスイッチング回路の注目点はDriver-MOSFETだけに見えますが、実際にはDriver-MOSFET以外にもあります。負荷に応じてフェーズ数を切り替えて変換効率を高める機能も採用しています。この機能をGreenPowerと呼びます。

フェーズとは、スイッチングレギュレーターを数えるときに使用する語です。1フェーズだけでは出力電力が足りないため複数のフェーズがありますが、出力電力が小さいときに動作するフェーズ数が多いと変換効率が低くなります。GreenPowerは出力電力が小さいときに動作するフェーズ数を減らし変換効率を高めます。

XpressCool

DrMOSには他にも用語が出てきます。その1つがXpressCoolです。XpressCoolとは、MOSFETとドライバーICを統合したことにより、変換効率が高まり発熱が減るというメリットに対する呼び方です。

RapidBoost

RapidBoostもDrMOSに関連する用語です。RapidBoostとは、MOSFETとドライバーICを統合したことにより、CPUが要求する電力に素早く応答できるというメリットに対する呼び方です。CPUが要求する電力が急激に変化すると、CPUに出力する電力の電圧が変化しやすいです。電圧の変化が大きすぎるとCPUが正常に動作できません。RapidBoostでは電圧の変化を非常に小さくします。

出典

[COMPUTEX 2008#23]マザーボードからグラフィックスカードへと広がる,MSIの省電力ブランド「DrMOS」 - 4Gamer.net(2008/06/09公開記事)


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・春のパソコンセール
最大70,000円OFF!!
(4月24日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大20%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・WEB開催!スプリングセール
ゲーミング・クリエイター向けパソコンなどをご用意
(4月23日迄)