SSDはHDDよりも電源の瞬断に弱い?

最終更新日 2019年05月20日

SSD は HDD よりも電源の瞬断に弱いのか

停電等により SSD へ電力を供給する電源が瞬断してしまったら、SSD の場合はデータに問題が発生しやすいのか気になります。

フラッシュメモリードライブ「SSD」の問題点を探る | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。
パソコンではフリーズ等により電源を強制的に切断することがありますが、SSDはこうした電源の瞬断に弱いのです。瞬断とは停電などによりパソコンへの電力供給が一瞬で途絶えること。前途した通り、SSDでは特定のセルに偏らないよう平準化して記録します。ところが瞬断が発生すると記録中のセルが破壊され、記録内容全体の整合性がとれなくなる危険性があります。HDDでも瞬断により障害を引き起こすケースがありますが、データを磁気記録面に対して連続的に記録するため、SSDよりは被害の度合が低いと言えます。
SSD は HDD よりも電源の瞬断に弱いそうです。SSD はセルと呼ばれる場所にデータを保存しますが、SSD 内部には多数のセルが並んでいます。

セルには書き込み回数による寿命があり、一部のセルにて書き込み回数が突出しないようにセルに対して連続的に記録しないので、電源の瞬断によりデータの整合性がとれなくなりやすいようです。

SSDのパワーロス・プロテクション(瞬停時データ消失防止)のための補助電源用バックアップコンデンサの技術動向 | 投稿記事 | ニュースルーム | 村田製作所 には、以下のとおり書かれています。
一方で、SSDは電源の瞬断に弱いというデメリットを持つ。停電による電源の瞬断や、PCのフリーズ等による電源の強制終了時など、電源が瞬断された際に記録中のセルが破壊され、SSDの記録内容全体の整合性が取れなくなり、記録中のデータが消失するリスクがある。
この記事からも、SSD は電源の瞬断に弱いことがわかります。同記事によると、SSD の中には補助電源により電源の瞬断によるデータ消失を防ぐ機能を搭載する製品があるようです。

SSD編|データ保護ノススメ【データ復旧対策】 には、以下のとおり書かれています。
SSDはハードディスクに比べ、電源の瞬断に弱いといえます。SSDの場合はバックグラウンドでTrim機能が働いているため、現在アクセスしていなファイルでも瞬断によりファイルが破損する可能性が高くなります。エンタープライズ製品では、書き換え中に瞬断した場合でも、SSDにキャパシタを搭載することで、書き換えが完了するまでの電力を確保するなどの対策を行っていますが、一般販売されているようなSSDは搭載されていないのが現状です。
Trim 機能により SSD ではデータ書き込みが発生している場合があるので、OS からの操作で SSD に対してデータ書き込みを行っていなくても電源の瞬断によりデータが破損する可能性があるようです。

同記事によると、コンシューマー向け SSD には瞬断に対応している製品はないようですが、今では対応製品が見られますので、この記事が書かれた当時はなかったと思われます。

・SSD は HDD よりも電源の瞬断に弱い


キャンペーン情報
マウスコンピューター
期間限定キャンペーン icon
期間限定で大幅値引き!最大45,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(8月28日迄)
DELL
・サマーセール
13インチモバイル、17インチ大画面ノートなど、今週のおすすめPCがクーポンで最大17%OFF!
(8月19日迄)
ドスパラ
・サマーセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(8月30日迄)
パソコン工房
・夏のボーナスセール 第3弾
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(8月29日迄)