CPU クーラー - デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2016年12月27日

CPU クーラーの選び方

純正クーラー(リテールクーラー)と社外品クーラー

CPU クーラーは、純正クーラー(リテールクーラー)と社外品クーラーに大きく分けられます。

純正クーラーは、CPU に標準で付属する CPU クーラーです。社外品クーラーは、CPU メーカーとは異なるメーカーが開発して製造した CPU クーラーです。

たいていのデスクトップパソコンに搭載されている CPU クーラーは純正クーラーです。仕様等に CPU クーラーについて特に記載されていなければ純正クーラーである可能性が高いです。

また、標準仕様で純正クーラーが搭載されていても、BTO カスタマイズで社外品クーラーへ変更できるデスクトップパソコンがあります。

価格の安さを重視するなら、純正クーラーがおすすめ

社外品クーラーは、純正クーラーと差別化を図るためにコストをかけて作られています。そのため、社外品クーラーの方が価格が高いです。価格が安い CPU クーラーであれば数千円程度ですが、価格が高い CPU クーラーだと1万円を超えてきます。

そのため、価格の安さを重視して選ぶなら純正クーラーがおすすめです。社外品クーラーと比べると静音性や冷却性能で劣りますが、使用に支障をきたすほどではありません。

静音性を重視するなら、社外品クーラーがおすすめ

純正クーラーは、価格競争で不利になるため、CPU クーラーにかけているコストは低いです。また、コストをかけて静音性を高めようとしても、静音性を高めるには CPU クーラーのサイズを大きくする必要があり、特に内部スペースが狭いパソコンでの搭載が難しくなりやすいです。

そのため、社外品クーラーと比べると純正クーラーは騒音レベルが高いものですので、パソコンの静音性を重視して選ぶなら、社外品クーラーがおすすめです。

静音性よりも冷却性能を優先している社外品クーラーだと、純正クーラーよりも騒音レベルが高い場合がありますが、パソコンメーカーやパソコンショップでは、社外品クーラーを搭載していながら騒音レベルが高くなっているとユーザーからの不満が高くなりやすい事を懸念してか、たいていは静音性と冷却性能の両者に優れた社外品クーラーを採用しています。

負荷が大きい作業に使用するなら、社外品クーラーがおすすめ

動画編集や画像編集、PC ゲーム等の負荷が大きい作業に使用すると、CPU への負荷が大きくなり温度が上昇します。温度が上昇しすぎると、CPU は自動的に負荷が小さくなるように調整されますが、その影響で処理速度が落ちてしまいます。また、CPU は温度が高くなるほど劣化が進みやすくなり、寿命が短くなったり故障する確率が高くなります。

そのため、負荷が大きい作業に使用するなら、冷却性能に優れた社外品クーラーがおすすめです。

純正クーラー 価格の安さを重視する方におすすめ
社外品クーラー 静音性や冷却性能を重視する方におすすめ

社外品クーラーの選び方

空冷式 CPU クーラーと水冷式 CPU クーラー

社外品クーラーは、空冷式 CPU クーラーと水冷式 CPU クーラーに大きく分けられます。

空冷式 CPU クーラーは、ファンの力で CPU を冷やします。水冷式 CPU クーラーは、冷却液で CPU を冷やします。また、冷却液はラジエーターでファンの力で冷やされます。

広く普及しているのは空冷式 CPU クーラーです。水冷式 CPU クーラーはあまり普及はしていません。水冷式 CPU クーラーには、空冷式 CPU クーラーよりも優れた点もあれば劣る点もあります。

以下に水冷式 CPU クーラーのメリット、デメリットを記載しますが、どちらを選ぶか迷うくらいであれば空冷式 CPU クーラーがおすすめです。水冷式 CPU クーラー搭載デスクトップパソコンや BTO カスタマイズで水冷式 CPU クーラーに変更できるデスクトップパソコンは少ないので、空冷式 CPU クーラーを選ぶ方がデスクトップパソコンの選択肢が広がります。

水冷式 CPU クーラーのメリット、デメリット

水冷式 CPU クーラーのメリット
動作音が静か 静音重視の空冷式 CPU クーラーと静音重視ではない水冷式 CPU クーラーを比べたら、水冷式 CPU クーラーの方が騒音レベルが高い場合があります。
冷却性能が高い 冷却性能に関しても同様に、冷却性能が高い空冷式 CPU クーラーと冷却性能が低い水冷式 CPU クーラーを比べたら、空冷式 CPU クーラーの方が冷却性能が高い場合があります。
内部スペースを
有効活用しやすい
CPU と接して設置される熱吸収装置はサイズは小さいため、CPU 周辺の PC パーツと干渉が起きにくいです。ただし、冷却液を冷やすラジエーターは CPU と離して設置可能ですが、ラジエーターのサイズが大きいと設置場所によっては他の PC パーツと干渉が起きやすいです。

水冷式 CPU クーラーのデメリット
定期的に冷却液の
補充が必要
(メンテナンスフリー
であれば不要)

水冷式 CPU クーラーは密閉度が高いため、問題が無ければ水漏れはしませんが、完全密閉ではありませんので微量ですが蒸発した冷却液は漏れていきます。そのため、定期的に冷却水の補充が必要になります。

と言っても冷却水の減り具合は遅いため、数年間は冷却水の補充をする事無く使用し続けられます。また、メンテナンスフリーの水冷式 CPU クーラーであれば、可能な限り蒸発した冷却液の漏れが抑えられていますので、実質冷却水の補充が必要ありません。

水漏れ事故の
リスクがある
どんな製品にも 100% の安全はありませんので、水冷式 CPU クーラーは水漏れ事故のリスクがあります。例えば、ポンプが不良品で劣化に弱くなっている事が原因で水漏れが生じる場合があります。水冷式 CPU クーラーには様々なメリットがありますが、水漏れ事故のリスクを承知した上で使用する必要があります。
コストパフォーマンスが
悪い
水冷式 CPU クーラーの方がコストがかかり、普及していないため大量生産によるコスト削減が難しい事もあり、ほぼ同じ静音性や冷却性能で空冷式 CPU クーラーと比較するとコストパフォーマンスが悪いです。

おすすめ静音デスクトップパソコン販売ショップ

静音性を重視して CPU クーラーを選んでも、PC ケースの遮音性やケースファンの音、さらにビデオカードのファンの音や電源ユニットのファンの音等も静音性に優れていないと、デスクトップパソコンの騒音レベルはあまり低くなりません。

そのため、静音性を重視して CPU クーラーを選ぶなら、CPU クーラー含めて全体的に静音性が重視されている静音デスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。

以下は、おすすめな静音デスクトップパソコン販売ショップ一覧です。
ツクモ
ツクモは、AeroStream と呼ばれる静音デスクトップパソコンでも有名なパソコンショップです。AeroStream 等のショップブランドでは、空気の流れ(エアフロー)にこだわったオリジナル設計の PC ケースを採用しており、ファンの音を低減し音漏れも低減する事で、優れた静音・冷却性能を実現しています。
(2014年11月2日時点)
Sycom
Sycom は、規模が小さいですが、顧客を重視した独自のサービスを展開し、ユーザーからの支持を集めているパソコンショップです。静音デスクトップパソコンとして Silent-Master Pro シリーズを販売しており、公的第三者機関を利用した静音検証を行った結果では、高負荷時でも約 20dB という測定結果が出ており、ほとんど聞こえない静かさを実現しています。
(2014年11月3日時点)


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で10〜22%OFF等の9大特典
(2月1日迄)
アウトレットパソコン icon
旧機種となった未使用・未開封のFMV製品を特別価格でご提供、10,000円OFF等の特典あり
(1月25日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で24%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で24%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年2月15日迄)