ストレージ - デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2017年03月16日

ストレージの選び方

ストレージの種類

ストレージは、データを保存しておくために必要な PC パーツです。ストレージの種類には、大きく分けて HDD(ハードディスクドライブ)と SDD(ソリッドステートドライブ)があります。

パソコンのストレージとして HDD が使われてきましたが、SSD は HDD と比べると様々なメリットが存在するため、徐々に普及してきています。

いずれは、SSD を搭載したデスクトップパソコンが主流になると思われますが、しばらくは HDD 搭載デスクトップパソコンと SSD 搭載デスクトップパソコンが混在し続けるので、HDD と SSD のメリットとデメリットを把握し、どちらが自分に合うか判断して選びたいです。

以下は、HDD と SSD のメリット、デメリットです。

  メリット デメリット
HDD ・容量あたりの価格が安い ・読み書き速度が遅い
・衝撃に弱い
・動作音が大きい
・消費電力が高い
SSD ・読み書き速度が速い
・衝撃に強い
・動作音が静か
・消費電力が低い
・容量あたりの価格が高い

HDD のデメリットは多いですが、どれも SSD が登場する前まではデメリットとは言えないくらいです。データ読み書き速度等に優れた SSD と比べるとデメリットになりますが、HDD を選んでも不満に感じるほどではありません。

不満に感じる事があるとすれば、データ読み書き速度です。SSD の最大のメリットはデータ読み書き速度の速さであり、人によっては SSD を使用すると HDD には戻れないほどです。

ストレージ構成の選び方

主なストレージ構成

ストレージに HDD のみ搭載するデスクトップパソコンやストレージに SSD のみ搭載するデスクトップパソコンもありますが、HDD と SSD 両者搭載するデスクトップパソコンもあります。

以下は、それぞれのストレージ構成の特徴です。

HDD ・容量あたりの価格が安いため、最も予算を抑えられる
SSD ・OS やソフトウェアの起動時間や処理時間の短縮につながる
・容量あたりの価格が高いため、十分な予算が必要
HDD + SSD ・OS やソフトウェアの起動時間や処理時間の短縮につながる
・HDD のみよりは予算が高くなるが、SSD のみよりは予算を抑えられる
(※)予算についてはストレージ全体の容量が同じ場合

HDD のみ搭載されているデスクトップパソコンを選ぶのが最も安く済みますが、HDD と比べると SSD のデータ読み書き速度は圧倒的に速く、容量あたりの価格が下がってきたため、SSD のみ搭載されているデスクトップパソコンを選びたいところです。

SSD の容量が小さめであれば、それほど価格は高くなりませんが、SSD の容量が大きくなると購入しづらい価格になってきます。

もし予算が厳しくなるようであれば、デュアルストレージHDD+SSDで大容量と高パフォーマンスを両立にて詳しく記載していますが、HDD + SSD 搭載デスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。

予算に余裕があり SSD のみ搭載デスクトップパソコンを選べるとしても、利用頻度が低いデータを大量に保存しておく使い方であれば、HDD + SSD 搭載デスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。

容量が大きいデータを大量に保存しておき、それらのデータをあまり利用しないのであれば、容量あたりの価格が安い HDD に保存しておく方がコストパフォーマンスが良いです。

SSD と比べたら HDD に対するデータ読み書きに時間がかかってしまいますが、あまり利用しないデータであれば、データ読み書きの機会は少ないでしょうから、そのために容量あたりの価格が高い SSD を使うとコストパフォーマンスが悪いです。

HDD + SSD 搭載デスクトップパソコンを選ぼうとしたが、SSD のみ搭載されているデスクトップパソコンが購入候補に上がっても、外付け HDD を接続して使用する手があります。

HDD + SSD 搭載デスクトップパソコンではなく、小容量 SSD 搭載デスクトップパソコンを選び、外付け HDD を使用することにしても、予算を抑えて SSD のデータ読み書き速度の速さ、HDD の容量あたりの価格の安さというメリットを享受できます。


キャンペーン情報
富士通
・新生活応援セール
クーポン利用で15〜24%OFF等の11大特典
(3月29日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)




コラム - デスクトップパソコン

コラム - ストレージ

デル株式会社