ストレージ - デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2017年01月27日

ストレージの選び方

ストレージの種類

ストレージは、データを保存しておくために必要な PC パーツです。ストレージの種類には、大きく分けて HDD(ハードディスクドライブ)と SDD(ソリッドステートドライブ)があります。

パソコンのストレージとして HDD が使われてきましたが、SSD は HDD と比べると様々なメリットが存在するため、徐々に普及してきています。

いずれは、SSD を搭載したデスクトップパソコンが主流になると思われますが、しばらくは HDD 搭載デスクトップパソコンと SSD 搭載デスクトップパソコンが混在し続けるので、HDD と SSD のメリットとデメリットを把握し、どちらが自分に合うか判断して選びたいです。

以下は、HDD と SSD のメリット、デメリットです。

  メリット デメリット
HDD ・容量あたりの価格が安い ・読み書き速度が遅い
・衝撃に弱い
・動作音が大きい
・消費電力が高い
SSD ・読み書き速度が速い
・衝撃に強い
・動作音が静か
・消費電力が低い
・容量あたりの価格が高い

HDD のデメリットは多いですが、どれも SSD が登場する前まではデメリットとは言えないくらいです。データ読み書き速度等に優れた SSD と比べるとデメリットになりますが、HDD を選んでも不満に感じるほどではありません。

不満に感じる事があるとすれば、データ読み書き速度です。SSD の最大のメリットはデータ読み書き速度の速さであり、人によっては SSD を使用すると HDD には戻れないほどです。

抑えておきたい SSD のメリット、デメリット

SSD のメリットとデメリットには、大きいメリットとデメリットが存在します。HDD 搭載デスクトップパソコンと SSD 搭載デスクトップパソコンが混在する中、どちらが良いか判断するには、SSD の大きなメリット、デメリットについて知っておくと良いです。

読み込み、書き込み速度が速い

SSD は、HDD と比べてデータの読み込み、書き込み速度が速いです。HDD の読み込み、書き込み速度の向上が、物理的な限界に達してきているため、SSD にすると大幅なパフォーマンスアップが実現できます。

読み込み、書き込み速度が速いというメリットは非常に大きく、ストレージへのデータ読み書き速度の速さの違いは、パソコンの快適さに大きく影響してきます。

衝撃に強い

SSD は、HDD のように複雑な内部構造を持たず、外部からの衝撃によって故障しにくいです。これは、外部からの衝撃を受けるリスクが高いノートパソコンでは大きなメリットになりますが、室内で固定して使用するデスクトップパソコンでは、あまり大きなメリットとはなりません。

衝撃に強いというメリットは小さいですが、デスクトップパソコンの運送による移動や、室内での設置場所変更による移動等で、誤って大きな衝撃を与えてしまう可能性はありますので、衝撃による故障やデータの損失のリスクを減らせます。

動作音が静か

SSD は、HDD のように内部で駆動する部品が少ないため、動作音が静かです。HDD は、パソコンから発生する動作音の要因 PC パーツの一つです。SSD であれば、静音化ができます。

しかし、デスクトップパソコンの騒音の原因は、CPU やビデオカード、PC ケース、電源ユニットのファンが大きな部分を占めており、これらと比べたら HDD から出る動作音は小さいものです。そのため、動作音が静かというメリットは小さいです。

消費電力が低い

SSD は、HDD と比べて消費電力が低いです。バッテリー駆動ではなく、電源コンセントからの電力供給で動作するデスクトップパソコンでは、あまり大きなメリットとはなりませんが、消費電力の削減は省エネにつながります。

しかし、デスクトップパソコン全体の消費電力でストレージが占める割合は小さいので、消費電力が低いというメリットは小さいです。ストレージを10台以上搭載するなら、SSD と HDD の消費電力の差による影響が大きくなってきますが、数台程度では大した影響はありません。

容量に対して価格が高い

SSD はメリットばかりではありません。デメリットも存在します。先の SSD のメリットと考慮し、メリットがデメリットを上回ると判断した場合、SSD を搭載したデスクトップパソコンを選ぶのがおすすめですが、そう簡単には上回らないのが容量に対して価格が高いというデメリットです。

SSD は、HDD のように低価格化が進んでおらず、1GB あたりの価格が高いです。SSD の大容量化は可能になってきましたが、大容量となると価格が高くなり、デスクトップパソコン本体価格も上昇します。

SSD も低価格化が進んでいるため、徐々に容量に対して価格が高いというデメリットは小さくなってきていますが、まだまだ大きなデメリットです。予算が十分にあれば問題ありませんが、予算をオーバーするようでしたら、HDD がおすすめになってきます。

気にする必要が無くなった SSD のデメリット

気にする必要が無くなった SSD の主なデメリット

SSD のデメリットは少ないですが、SSD が登場してからは、しばらくは以下のデメリットを気にする必要がありました。

SSD のデメリット
・HDD のような大容量化が実現できていない
・データの書き込み回数によって、寿命が決まってくる
・データの保持期間が有限のため、永久にデータを保存できない

HDD のような大容量化が実現できていない

SSD が登場した頃は、SSD の容量が小さいものでしたが、今では 1TB を超える容量を持つ SSD もあります。

SSD は容量あたりの価格が高いので、大容量 SSD の価格は高いですが、大容量 SSD 搭載デスクトップパソコンを選ぶ事は可能になっています。

データの書き込み回数によって、寿命が決まってくる

SSD は、データの書き込み回数によって寿命が決まってくる性質を持っています。つまり、データの書き込み回数が多いほど寿命が短くなります。

このようなデメリットを聞くと、SSD を選ぶのをためらってしまうかもしれませんが、SSD の技術進歩により、一般的な使用用途であれば、HDD の機械的な寿命と同程度となるくらい耐久性があります。

1日中絶え間なくデータの書き込みが発生する使用用途だと、SSD よりも HDD を選ぶ方が良くなってきますが、そうでなければ気にせずに SSD を選んで問題ありません。

データの保持期間が有限のため、永久にデータを保存できない

SSD は、フラッシュメモリーを応用したものであり、電子を微細な所に閉じ込めてデータを保存する仕組みがあります。長期間経過すると、この閉じ込められた電子が逃げてしまう現象が発生し、データの損失となってしまいます。

どのくらいの期間でデータの損失が起こりえるかは SSD によりますが、質の悪い SSD でなければ、10年や20年といった数十年後となりますので、SSD を選ぶか選ばないかの判断材料として懸念する必要はなく、SSD を使う上で知っておきたい事になります。

このようなデメリットがあるから HDD の方が良い訳ではありません。HDD では同程度の期間が経過すると機械的な寿命を迎えてしまうリスクがあります。そのため、SSD でも HDD でも、大切なデータは定期的なバックアップや別の記憶媒体への保存は欠かせません。

ストレージ構成の選び方

主なストレージ構成

ストレージに HDD のみ搭載するデスクトップパソコンやストレージに SSD のみ搭載するデスクトップパソコンもありますが、HDD と SSD 両者搭載するデスクトップパソコンもあります。

以下は、それぞれのストレージ構成の特徴です。

HDD ・容量あたりの価格が安いため、最も予算を抑えられる
SSD ・OS やソフトウェアの起動時間や処理時間の短縮につながる
・容量あたりの価格が高いため、十分な予算が必要
HDD + SSD ・OS やソフトウェアの起動時間や処理時間の短縮につながる
・HDD のみよりは予算が高くなるが、SSD のみよりは予算を抑えられる
(※)予算についてはストレージ全体の容量が同じ場合

HDD と SSD 両者搭載で大容量と高いパフォーマンスを両立

価格の安さを重視するなら、HDD 搭載デスクトップパソコンがおすすめですが、データ読み書き速度等を重視するなら SSD 搭載デスクトップパソコンがおすすめです。

SSD は容量あたりの価格が高いため、大容量ストレージも必要となると、十分な予算が無いと SSD 搭載デスクトップパソコンを選べません。

そこでおすすめなのが、HDD と SSD 両者搭載するデスクトップパソコンです。両者のメリットとデメリットが混在しますが、上手く使い分ければ SSD のメリットを十分享受し、容量あたりの価格が高いというデメリットを和らげる事ができます。

SSD は、OS とソフトウェアのインストールに使用すれば、OS やソフトウェアの起動時間や処理時間の短縮を実現できます。HDD は、動画や画像、音楽等の容量が大きいデータの保存に使用すれば大量に保存できます。要は、利用頻度の高いデータは SSD へ、利用頻度の低いデータは HDD へ保存しておくのが基本的な使い分けです。

HDD と SSD 両者搭載するデスクトップパソコンではなく、小容量 SSD 搭載デスクトップパソコンを選び、外付け HDD を利用する手もありますが、選択肢の一つとして検討してみると良いです。


キャンペーン情報
富士通
・春よ!来いセール
クーポン利用で10〜24%OFF等の10大特典
(3月1日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で25%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)




コラム - デスクトップパソコン

コラム - ストレージ

デル株式会社