デスクトップパソコンのビデオカード有無の違い、選び方

最終更新日 2018年10月19日

デスクトップパソコンはビデオカードの有無で何が違うのか

デスクトップパソコンにてグラフィックス処理を担うビデオチップに違いがある

デスクトップパソコンにとってビデオカードは必須な PC パーツではありませんので、ビデオカードがあるデスクトップパソコンとビデオカードがないデスクトップパソコンがあります。

ビデオカードを搭載するデスクトップパソコンとビデオカードを搭載しないデスクトップパソコンを比べると、ビデオチップ(GPU)に関する違いがあります。

CPU はデスクトップパソコンにとって頭脳的な存在ですが、ビデオチップは第二の頭脳的存在です。ビデオチップは、グラフィックス関連の処理を担います。

ビデオチップは、チップセット内蔵(オンボード)ビデオチップ、CPU 統合ビデオチップ、専用ビデオチップにに分けられます。それぞれの違いについっては、 チップセット内蔵(オンボード)、CPU統合、専用ビデオチップの違い にて詳しく記載しています。

ビデオカードには専用ビデオチップが実装されており、ビデオカードを搭載するデスクトップパソコンでは、専用ビデオチップがグラフィックス関連の処理を担います。ビデオカードを搭載しないデスクトップパソコンでは、CPU 統合ビデオチップがグラフィックス関連の処理を担います。

CPU がビデオチップを統合していなかった頃は、ビデオカードを搭載していないデスクトップパソコンは、チップセット内蔵ビデオチップがグラフィックス関連の処理を担っていました。ビデオチップを統合する CPU が普及してからは、チップセット内蔵ビデオチップは使われなくなりました。そのため、選択肢は実質 CPU 統合ビデオチップと専用ビデオチップの二択です。

ちなみに、ビデオチップを統合していない CPU もあります。そのような CPU を搭載するデスクトップパソコンにはビデオカードが搭載されています。

・ビデオカードがあるなら専用ビデオチップがグラフィックス関連処理を担う
・ビデオカードがないなら CPU 統合ビデオチップがグラフィックス関連処理を担う

ビデオカードを搭載するデスクトップパソコンの方がグラフィックス性能が高い

デスクトップパソコンのグラフィックス性能は、ビデオカードの有無で違います。一般的にグラフィックス性能が高い順に並べると、専用ビデオチップ、CPU 統合ビデオチップ、チップセット内蔵ビデオチップとなります。

技術進歩により CPU 統合ビデオチップの性能は向上し続けていますが、同様に専用ビデオチップも向上し続けており、両者を比べるとグラフィックス性能差が大きいです。

グラフィックス性能が高い方の CPU 統合ビデオチップでも、グラフィックス性能が低い方の専用ビデオチップよりも、グラフィックス性能が低いと思っておく方が良いくらいです。

実際は CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能向上は目覚ましく、グラフィックス性能が低い方の専用ビデオチップに追いついています。

ビデオカードに専用ビデオチップが実装されていますので、高いグラフィックス性能が必要であればビデオカードを搭載するデスクトップパソコンを選ぶ必要があります。

ビデオカードのグラフィックス性能はピンキリですので、グラフィックス性能が低いビデオカードだと CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能と同じくらいか低い場合があります。ビデオカードを搭載するデスクトップパソコンなら、グラフィックス性能が高いとは限りません。

・一般的にビデオカードがある方がグラフィックス性能が高い

デスクトップパソコンにビデオカードがある方が良いのか、なくても良いのか

技術進歩により CPU の性能が随分と底上げされましたが、ビデオチップにも当てはまります。そのため、インターネットやメール、動画コンテンツの視聴といった日常利用、ワードやエクセル等のオフィスソフトウェアを利用するといったビジネス用途なら、CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能で十分です。デスクトップパソコンにビデオカードがなくても問題ありません。

デスクトップパソコンを高いグラフィックス性能が必要な用途に使うならビデオカードがある方が良く、用途によってはビデオカードが必須と言えるくらいです。

ビデオカードが必須となる用途と言えば PC ゲームです。昔は PC ゲームにデスクトップパソコンを使うならビデオカードが必須と言えましたが、技術進歩により CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能が向上したため、あまりグラフィックス処理の負荷が高くない PC ゲームであればビデオカードがなくても快適にプレイできます。

自分がプレイしたい PC ゲームは CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能で十分快適にプレイできるのであれば、ビデオカードがないデスクトップパソコンを選んでも問題ありません。

多くの PC ゲームは、ビデオカードを必要とするほどグラフィックス処理の負荷が高いので、一般的にデスクトップパソコンを PC ゲームに使うならビデオカードは必要です。

高いグラフィックス性能が必要な用途には動画・画像編集もありますが、動画・画像編集で利用するソフトウェアや動画・画像編集の仕方により、CPU 統合ビデオチップで十分なのか、それともビデオカードが必要なのか決まってきます。

多くの人はビデオカードがなくても CPU 統合ビデオチップで十分でしょうが、ビデオカードが必須になってくる人もいます。ビデオカードが必要になるのかどうかわからない場合は、とりあえずビデオカードがないがビデオカード搭載可能なデスクトップパソコンを選んでおくと良いです。ビデオカードが必要になったらビデオカードを用意して増設できます。

・高いグラフィックス性能を必要とする用途に使うならビデオカードが必要

ビデオカードを搭載するデスクトップパソコンを選ぶならタワー型以外は選べないのか

デスクトップパソコンのタイプには、タワー型、省スペース型、キューブ型、コンパクト型、スティック型、一体型がありますが、ビデオカードが必要であれば基本的にタワー型を選ぶ必要があります。

コンパクト型、スティック型、一体型は、ビデオカードを搭載できません。タワー型以外でも省スペース型、キューブ型もビデオカード搭載可能なタイプですが、省スペース型やキューブ型は本体内部スペースが狭いため、サイズが小さいロープロファイル対応ビデオカードのみ搭載可能です。サイズが大きいビデオカードを搭載できません。

ビデオカードを必要とする人は、たいていはグラフィックス性能の高さを重視するでしょうが、ビデオカードのサイズはグラフィックス性能が高いほど大きく、サイズが大きいビデオカードはタワー型なら搭載できるのでタワー型が選択の目安となります。

省スペース型の中には、特殊な内部構造にしてサイズが大きいビデオカードを搭載した省スペース型もあります。キューブ型でもタワー型に近いほど本体サイズが大きければ、サイズが大きいビデオカードを搭載できます。これらは需要が小さいせいかあまり見られませんので、ビデオカードが必要ならタワー型を選ぶのが基本となります。

ロープロファイル対応ビデオカードのグラフィックス性能で十分なら、省スペース型やキューブ型も選択肢に入ってきます。

・サイズが大きいビデオカードが必要なら選択肢は実質タワー型のみ
・ロープロファイル対応ビデオカードで良いなら省スペース型やキューブ型も選択肢に入る

デスクトップパソコンのコンパクト型、スティック型、一体型はグラフィックス性能が低いのか

専用ビデオチップには、デスクトップパソコン向け専用ビデオチップとモバイルパソコン向け専用ビデオチップがあります。ビデオカードに実装されるのは、デスクトップパソコン向け専用ビデオチップです。

モバイルパソコン向け専用ビデオチップは、主にノートパソコンのマザーボードに実装されますが、デスクトップパソコンの一体型のマザーボードに実装されるのも見られます。

そのため、モバイルパソコン向け専用ビデオチップがある一体型であればグラフィックス性能が高いです。もちろんモバイルパソコン向け専用ビデオチップもグラフィックス性能がピンキリであることに注意が必要です。

コンパクト型、スティック型では、モバイルパソコン向け専用ビデオチップが実装されているのは見られません。コンパクト型、スティック型は内部スペースが狭くて放熱性が悪く、発熱量が大きい専用ビデオチップの搭載は難しいからと思われます。

モバイルパソコン向け専用ビデオチップは、デスクトップパソコン向け専用ビデオチップよりも発熱量が抑えられていますが、それでもコンパクト型、スティック型にとっては搭載が難しくなるほど発熱量が大きいです。

・一体型にはグラフィックス性能が高いモデルがある
・コンパクト型、スティック型はグラフィックス性能が低い


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で11〜23%OFF等の10大特典
(10月24日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で20%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で23%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で27%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で27%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C2 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で28%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(10月24日迄)

デスクトップパソコンの選び方



コラム - デスクトップパソコン

GPU 性能比較早見表

デル株式会社