ビデオチップ - デスクトップパソコンの選び方

最終更新日 2016年12月27日

ビデオチップの選び方

ビデオチップとは

デスクトップパソコンに搭載される CPU は頭脳的な存在ですが、第二の頭脳的存在であるビデオチップも搭載されます。ビデオチップは、グラフィックス関連の処理を担います。

ビデオチップは、複数の PC パーツに存在し、大まかに以下ように分けられます。デスクトップパソコンに複数のビデオチップが存在していても、基本的に使用するビデオチップは1つです。モデルによっては、グラフィックス処理内容に応じて、使用するビデオチップが切り替わります。

チップセット内蔵
ビデオチップ
(オンボード)
マザーボードに搭載されているビデオチップ。以下の CPU 統合ビデオチップが普及したため、使われなくなってきています。
CPU 統合ビデオチップ
(CPU 内蔵)
CPU に統合されているビデオチップ。CPU とビデオチップの統合により、コスト削減、消費電力の削減、効率的な処理の実現等の様々なメリットが生まれます。ビデオカード非搭載のデスクトップパソコンは、たいていは CPU 統合ビデオチップを使用するモデルです。
ビデオカード搭載
ビデオチップ
ビデオカードに搭載されているビデオチップ。ビデオカード搭載ビデオチップのメーカーは、nVDIA 社と AMD 社が有名です。CPU 統合ビデオチップよりも性能が優れているため、グラフィックス性能重視のデスクトップパソコンには、ビデオカード搭載モデルが多いです。

ビデオチップでグラフィックス性能が決まる

ビデオチップによってグラフィックス性能がほぼ決まるため、グラフィックス性能を重視するなら、ビデオチップに注目してデスクトップパソコンを選ぶ必要があります。

グラフィックス性能が高い順に並べると、ビデオカード搭載ビデオチップ、CPU 統合ビデオチップ、チップセット内蔵ビデオチップとなりますので、高いグラフィックス性能が必要な場合は、ビデオカード搭載デスクトップパソコンを選ぶ必要があります。

高性能ビデオカードを搭載できるのはタワー型

デスクトップパソコンのタイプには、主に一体型、省スペース型、キューブ型、タワー型がありますが、一体型はビデオカードを搭載できません。

省スペース型やキューブ型はビデオカードを搭載できますが、本体内部スペースが狭いため、サイズが小さいロープロファイル対応ビデオカードのみ搭載可能だったりするため、サイズが大きい高性能ビデオカードを搭載できません。

タワー型なら高性能ビデオカードを搭載できますので、グラフィックス性能を重視して高性能ビデオカード搭載モデルを選びたいのであれば、タワー型に絞って選ぶ方が良いです。

使用用途でビデオチップの必要性が決まる

CPU の性能が随分と底上げされましたが、ビデオチップにも当てはまります。そのため、インターネットやメール、動画コンテンツの視聴といった日常利用、またはワードやエクセル等のビジネス用途なら、チップセット内蔵ビデオチップのグラフィックス性能で十分です。

CPU 統合ビデオチップであれば、さらに高いグラフィックス性能が望めるため、あまり負荷が高くない PC ゲームのプレイ用途にも使えるようになります。

高い負荷がかかる PC ゲームや高度な動画編集、画像編集に使うなら、グラフィックス性能が高いビデオカードが必要になってきます。

チップセット内蔵ビデオチップの選び方

チップセット内蔵のビデオチップ使用モデルは、あまり見られない

CPU がビデオチップを統合していないのが主流だった頃、ビデオカードを搭載していないデスクトップパソコンは、チップセット内蔵ビデオチップを使用するモデルが占めていましたが、ビデオチップを統合する CPU が普及した今、チップセット内蔵ビデオチップを使用するモデルは、もはや見られなくなりつつあります。

また、CPU 統合ビデオチップが普及する前は、どのモデルもチップセットにビデオチップを内蔵するマザーボードを搭載していましたが、今ではチップセットにビデオチップを内蔵していないマザーボードを搭載するモデルが主流です。

特にチップセット内蔵ビデオチップ使用モデルを選ぶメリットは無いため、CPU 統合ビデオチップ使用モデルか、ビデオカードのビデオチップ使用モデルを選ぶ事を考えると良いです。基本的に、ビデオカードを搭載しているモデルであれば、ビデオカードのビデオチップ使用モデルであり、ビデオカード非搭載モデルであれば、CPU 統合ビデオチップ使用モデルです。

CPU 統合ビデオチップの選び方

CPU の性能が高いほど、統合ビデオチップの性能が高い

基本的に、性能が高い CPU ほど、性能が高いビデオチップを統合しています。そのため、グラフィックス性能を重視するなら、高性能 CPU が搭載されているかが重要になってきます。

ビデオカードのビデオチップとの性能差は大きい

技術進歩により、CPU 統合ビデオチップの性能の高さは向上していますが、ビデオカードのビデオチップと比べると、性能差は大きいです。高性能 CPU が統合するビデオチップは、低性能ビデオカードのビデオチップよりも、グラフィックス性能が低いと思っておいた方が良いくらいです。

そのため、ビデオカードを搭載できるタイプのデスクトップパソコンを選び、かつグラフィックス性能を重視するなら、ビデオカード搭載モデルを選ぶ方が良いです。


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で10〜22%OFF等の9大特典
(2月1日迄)
アウトレットパソコン icon
旧機種となった未使用・未開封のFMV製品を特別価格でご提供、10,000円OFF等の特典あり
(1月25日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で24%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で24%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年2月15日迄)