デスクトップパソコンのメインメモリー容量、種類、規格、選び方

最終更新日 2018年10月19日

デスクトップパソコンのメインメモリーは容量が重要

デスクトップパソコンを選ぶ際は、メインメモリー関連の仕様ではメインメモリー容量が最も重要です。

デスクトップパソコンに搭載されるメインメモリーは、デスクトップパソコンのデータを一時的に保存するために使われます。メインメモリーに一時的に保存されたデータは、デスクトップパソコンの頭脳的存在の CPU が利用しますが、メインメモリーはデータ読み書き速度が速いため、CPU はメインメモリーと高速にデータをやり取りでき処理速度が向上します。

もしメインメモリー容量が不足しメインメモリーにデータが入りきらないと、ストレージにもデータが一時的に保存されるようになり、CPU はデータ読み書き速度が遅いストレージとデータをやり取りする機会が生じ処理速度が大幅に低下します。

処理速度が大幅に低下するとデスクトップパソコンが快適に動作しなくなり大きなストレスとなりますので、十分なメインメモリー容量を選ぶことが重要です。

メインメモリーの仕様には、容量以外に種類、規格、マルチチャンネルがあります。メインメモリーの種類は特に重要ではなく、別途で交換や増設用のメインメモリーを購入するなら、メインメモリーの種類を確認しておく必要があります。

メインメモリーの規格やマルチチャンネルの違いも処理速度に影響はしてきますが、一般的に体感できるほどの性能差は出てきませんので重要性は低く気にせずに選んでも問題ありません。

メインメモリーの規格やマルチチャンネルは、デスクトップパソコンに単に高い性能を求めるだけでなく、パソコンの性能を測定するベンチマークではないと分からないくらいの性能差にまで重視する場合は重要になってきます。

容量 ・確認して選ぶ必要あり
種類 ・別途で交換や増設用のメインメモリーを購入する等の理由で種類を知る必要があれば確認して選ぶ必要あり
規格 ・体感できないほどの性能差にまでこだわるなら確認して選ぶ必要あり
マルチチャンネル ・体感できないほどの性能差にまでこだわるなら確認して選ぶ必要あり

デスクトップパソコンのメインメモリー容量は用途を考慮して選ぶ

大容量メインメモリーを搭載するデスクトップパソコンが普及

昔はメインメモリー容量は足りないものであり、デスクトップパソコンに搭載されるメインメモリー容量を大きくしたくても価格がすごく高くなってしまい豊富な予算がないと選ぶのは難しかったです。

今ではメインメモリーの価格が随分と値下がり、少なくとも容量 4GB 以上あるデスクトップパソコンが多く、さらにメインメモリー容量が大きいデスクトップパソコンも珍しくありません。また、BTO カスタマイズでメインメモリー容量をさらに増加しても、それほど価格が高くなりません。

そのため、余裕あるメインメモリー容量が搭載されたデスクトップパソコンを選ぶのが当たり前の時代となりました。メインメモリーに余裕を持たせるのは重要ですが、余裕を持たせすぎると無駄にコストを支払ってしまいますので注意が必要です。

以下は、デスクトップパソコンで見られる主なメインメモリー容量です。

容量 特徴等
16GB ・主に高性能デスクトップパソコンに見られる容量
・容量 8GB では明らかに足りないなら選択の目安
8GB ・多くのデスクトップパソコンに見られる容量
・動画編集や画像編集、PC ゲーム等、負荷が大きい作業に使用するなら選択の目安
4GB ・主に価格が安いデスクトップパソコンに見られる容量
・日常用途やビジネス用途等、負荷が小さい作業に使用するなら選択の目安

必要なメインメモリー容量は人それぞれですが、メインメモリー容量は 8GB がおすすめです。インターネットやメール等の日常用途やビジネス用途にデスクトップパソコンを使うならメインメモリー容量は 4GB でも十分ですが、起動するソフトウェアが多くなってくるとメインメモリー容量が 4GB あっても足りなくなってくるので、メインメモリー容量は 8GB がおすすめです。

メインメモリー容量が 8GB もあれば、動画編集や画像編集、PC ゲーム等、負荷が大きい作業にデスクトップパソコンを使いたくなった場合にも対応できます。自分にとってメインメモリー容量が 8GB あっても明らかに足りないなら、16GB 等、8GB よりも大きいメインメモリー容量を選ぶと良いです。

デスクトップパソコンを快適に使えるメインメモリー容量の基準は変わる

デスクトップパソコンの用途を考慮してメインメモリー容量を選ぶと良いですが、その選択の目安は変わります。

メインメモリー容量の選択の目安とは、言い替えるとデスクトップパソコンを快適に使えるようになるメインメモリー容量ですが、昔はメインメモリー容量が 512MB や 256MB 等、容量 1GB すらないのが主流であり、メインメモリー容量は 512MB もあれば快適に使える等と言われた時代がありました。今ではメインメモリー容量が 512MB ではあらゆる用途で快適に使うのは難しいです。

なぜデスクトップパソコンを快適に使えるメインメモリー容量の基準は上がっていくのか、その理由はメインメモリーの大容量化が進むとともに、新しい OS やソフトウェアのメインメモリー使用量も増えていくからです。

OS はメインメモリー使用量を抑えていく傾向が見られますが、ソフトウェアはさらなる機能向上や高速化等でメインメモリー使用量が増えていく傾向が見られます。

今のところデスクトップパソコンを動画編集や画像編集、PC ゲーム等、負荷が大きい作業に使う場合でもメインメモリー容量は 8GB もあれば容量不足になる可能性は低いですが、数年後にはメインメモリー容量が 16GB もあれば容量不足になる可能性は低いと言える時代に変わるかもしれません。

・選択の目安となるメインメモリー容量は変わっていく

デスクトップパソコンに搭載可能なメインメモリー容量には上限がある

デスクトップパソコン購入後に、メインメモリーを交換か増設してメインメモリー容量を増やせます。ただし、一部のデスクトップパソコンはメインメモリーの交換や増設ができません。そのようなデスクトップパソコンの仕様には、メインメモリーについてオンボード、またはメインメモリースロットなし等と書かれています。

デスクトップパソコンのタイプには、タワー型、省スペース型、キューブ型、コンパクト型、スティック型、一体型があります。スティック型は、メインメモリーの交換や増設は不可能です。キューブ型、コンパクト型、一体型では、一部のモデルはメインメモリーの交換や増設ができません。メインメモリーの交換や増設ができないタワー型や省スペース型は見たことありませんが、念のため仕様を確認しておくと良いです。

メインメモリーの交換や増設ができるデスクトップパソコンでも、増やせるメインメモリーの容量には限度がありますので増量する予定があるならメインメモリー最大容量の確認も必要です。

デスクトップパソコンに搭載可能なメインメモリーの最大容量は、CPU やマザーボードの仕様によって決まります。メインメモリーは、マザーボードにあるメインメモリースロットに装着しますが、サイズが大きいマザーボードほどメインメモリースロットが多く、一度に搭載可能なメインメモリー枚数を多くできるため、このようなサイズが大きいマザーボードを搭載できるデスクトップパソコンはメインメモリー最大容量が大きい傾向があります。

サイズが小さいデスクトップパソコンでもメインメモリー最大容量は 8GB 程度はありますが、64GB 等の大容量メインメモリーを搭載したいなら、サイズが大きいタワー型デスクトップパソコンを選ぶ必要があります。

・メインメモリーの容量を増やせないデスクトップパソコンがある
・サイズが大きいデスクトップパソコンほどメインメモリー最大容量が大きい

デスクトップパソコンを選ぶ際にメインメモリーの種類を気にする必要はない

メインメモリーには幾つか種類がありますが、デスクトップパソコンによって搭載可能なメインメモリーの種類が違います。BTO 対応のデスクトップパソコンを選ぶときは搭載可能なメインメモリーの種類のみ用意されて選択できるようになっており、別途でメインメモリーを買ったりしない限り、間違ってメインメモリーの種類を選んでしまう危険性はありません。

デスクトップパソコンと同時に交換や増設用のメインメモリーを購入する、もしくは今後メインメモリーの交換や増設する予定があるなら、メインメモリーの種類を把握しておく必要があります。メインメモリーの種類は、デスクトップパソコンの仕様表等で確認できます。

「種類、規格 - メインメモリーの選び方」掲載のメインメモリーの種類一覧にて、メインメモリーの種類を掲載しています。

デスクトップパソコンでは DIMM のメインメモリーを搭載可能としているモデルが多いです。本体サイズが小さいデスクトップパソコンでは、SO-DIMM のメインメモリーを搭載可能としているモデルも見られます。

・メインメモリーの種類は無視して良い
・メインメモリーの交換や増設をするなら種類を確認する

デスクトップパソコンを選ぶ際にメインメモリーの規格を気にする必要はない

パソコン選びでメインメモリーの規格を重視する必要性 にて詳しく掲載していますが、デスクトップパソコンを選ぶ上でメインメモリーの規格について気にして選ぶ必要性は低いです。

大雑把に言うと、デスクトップパソコンのメインメモリーの規格は多数ありますが、数多くある規格の中から自由に選べるものではありません。各パソコンメーカーのラインナップを見ると、メインメモリーの規格は同じデスクトップパソコンが多いです。

実際はデスクトップパソコンによってメインメモリーの規格の違いが見られますが、規格の違いによって体感できるほどの性能差は生じません。

・メインメモリーの規格は無視して良い

デスクトップパソコンのメインメモリーはマルチチャンネルではなくシングルチャンネルで十分

メインメモリーをマルチチャンネルにする必要性 にて詳しく記載していますが、マルチチャンネルにする必要性は低いです。簡単に言えば、一般的にマルチチャンネルにしても体感できるほど性能は向上しないからです。

複数枚のメインメモリーを搭載しマルチチャンネルを採用しているデスクトップパソコンを無理に選ぶ必要はありません。デスクトップパソコンが BTO カスタマイズに対応しており、メインメモリーの枚数を変更しシングルチャンネルからマルチチャンネルへ変更できる場合がありますが、無理にマルチチャンネルに変更する必要はありません。

・メインメモリーはシングルチャンネルで十分


キャンペーン情報
富士通
・歳末大感謝セール
クーポン利用で10〜23%OFF等の10大特典
(12月19日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WD1/C2 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で20%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/C2 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で27%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で28%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/C2、WA2/C2 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で28%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で28%OFF
LIFEBOOK WAA/C2 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で27%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/C3 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で23%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/C2 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(1月31日迄)

デスクトップパソコンの選び方



コラム - デスクトップパソコン

コラム - メインメモリー

デル株式会社