デスクトップパソコンのHDDの容量、規格、回転数、選び方

最終更新日 2018年03月06日

デスクトップパソコンのハードディスク容量はどれくらいあれば良いのか

ハードディスクの大容量化と低価格化が進み、最近のデスクトップパソコンはハードディスク容量が初期搭載で 500GB 以上等になっているのが珍しくなく、どのデスクトップパソコンにも十分なハードディスク容量が搭載されています。

必要なハードディスク容量は人それぞれですが 500GB もあればまず十分であり、一般的なパソコン使用用途ではハードディスク容量 500GB を使い切るのは難しいくらいです。

大量の画像ファイルや、テレビ録画や外部機器からの映像キャプチャ、動画編集作業等で大量の動画ファイルを保存する場合でも、500GB もあれば十分と言えるほどですが、日常的に動画ファイルを保存する作業が発生するのであれば 1TB 以上等の大容量を選ぶのがおすすめです。

1TB(1000GB)以上のハードディスク容量を搭載したデスクトップパソコンも多く、ハードディスクの低価格化が進んだたため、それほど予算が厳しくなりません。BTO カスタマイズに対応しているデスクトップパソコンでさらにハードディスク容量を増加させても、それほど価格は上昇しません。

・ハードディスク容量は 500GB もあれば十分
・必要に応じてハードディスク容量を増やしても価格が安い

デスクトップパソコンにどれくらいのハードディスク容量があれば十分かわからない場合

デスクトップパソコンにどれくらいのハードディスク容量があれば十分なのかよくわからなくても、とりあえず選ぶしかありません。本当にこのハードディスク容量で十分だろうかと迷うかもしれませんが、デスクトップパソコン購入後にハードディスク容量が足りなくなっても、外付けハードディスクを別途で購入して用意すれば簡単にハードディスク容量を増やせます。

複数の内蔵ハードディスクを搭載できるデスクトップパソコンのタイプ(タワー型等)であり、内部に増設用内蔵ハードディスクを搭載できるスペースが空いていれば、内蔵ハードディスクを別途で購入し増設してハードディスク容量を増やす方法もあります。

比較的小型サイズのデスクトップパソコンでは、搭載可能な内蔵ハードディスクは1台のみの場合がありますが、その場合は別途で外付けハードディスクを購入して用意すればハードディスクの容量不足を簡単に解決できます。

そのため、自分にとって必要なハードディスク容量があるのかどうかとあまり深く考えずにデスクトップパソコンを選んでも問題ありません。デスクトップ購入後にハードディスク容量が足りなくなっても増やして簡単に解決できます。

・デスクトップパソコン購入後にハードディスク容量を簡単に増やせる

デスクトップパソコンのハードディスクの接続インターフェースはどれを選べば良いのか

デスクトップパソコンに搭載されるハードディスクは、マザーボードと接続されますが、その接続インターフェースには Serial ATA が利用されています。

Serial ATA には複数の規格が存在し、規格によりデータ転送速度が異なります。各規格の名称やデータ転送速度については、 「内蔵ハードディスクの選び方」掲載の Serial ATA の規格一覧 にて掲載しています。

最近の新しいデスクトップパソコンでは、Serial ATA 3.0 Gbps か Serial ATA 6.0 Gbps どちらかです。BTO カスタマイズ対応のデスクトップパソコンでも、Serial ATA の規格まで選べることはあまりなく、モデルを選ぶと決まってしまう場合が多いです。

接続インターフェースのデータ転送速度が速いほど、ハードディスクに対するデータ読み書き速度が向上しますので、デスクトップパソコンを快適に操作するために重要なスペックとなります。

選べるならデータ転送速度が速い Serial ATA 6.0 Gbps が望ましいですが、ハードディスクは構造上の理由で Serial ATA 6.0 Gbps のデータ転送速度を活かし切るのは難しい現状があります。

Serial ATA 1.5 Gbps やそれより古い接続インターフェースが利用されていた頃は、データ転送速度が足りなくてハードディスク本来のデータ読み書き速度が発揮できませんでしたが、ハードディスクは Serial ATA 6.0 Gbps のデータ転送速度を活かし切るほどデータ読み書き速度を向上させるのは技術的に難しい状況です。

そのため、Serial ATA 6.0 Gbps にこだわる必要性は低く、Serial ATA 3.0 Gbps であっても気にする必要はあまりありません。ハードディスクにも様々な製品があり、Serial ATA 3.0 Gbps と Serial ATA 6.0 Gbps の違いで生ずるデータ読み書き速度の差は製品によって異なりますが、あまり変わりません。

Serial ATA の規格にこだわりデータ読み書き速度を重視するなら、ハードディスクではなく SSD を選ぶ方が良いです。SSD は、Serial ATA 3.0 Gbps ではデータ転送速度が不足し本来のデータ読み書き速度が発揮できず、Serial ATA 6.0 Gbps の選択がおすすめです。

・選択の目安は Serial ATA 6.0 Gbps だが Serial ATA 3.0 Gbps でも良い

デスクトップパソコンのハードディスク回転数はどれを選べば良いのか

ハードディスクの回転数には、様々な数値が見られますが、主に 5400rpm と 7200rpm があります。これは1分間における回転数を表します。

5200rpm や 5700rpm 等も見られますが、若干の回転数の違いを無視すれば、5400rpm と 7200rpm に分けられます。ここでは 5400rpm と 7200rpm に限りますが、若干回転数が違っても近い方の回転数のハードディスクを選ぶことと実質一緒です。例えば、5700rpm のハードディスクを選ぶことは 5400rpm のハードディスクを選ぶことと同じようなものです。

回転数が 10000rpm を超えるハードディスクもありますが、主に業務用であり家庭用のデスクトップパソコンでは見られません。

基本的に回転速度が速いほどハードディスクのデータ読み書き速度が速いですが、同時に発熱量の増加と動作音の増加につながります。多くのデスクトップパソコンは放熱性に優れており、PC パーツ全体の中ではハードディスクの動作音は小さくあまり気にならないせいか、7200rpm のハードディスクが搭載されているデスクトップパソコンが多いです。

回転数 メリット デメリット
低い
5400rpm
・発熱量が小さい
・動作音が小さい
・データ読み書き速度が遅い
高い
7200rpm
・データ読み書き速度が速い ・発熱量が大きい
・動作音が大きい

基本的にデータ読み書き速度重視なら高回転ハードディスク、低発熱性と静音性を重視するなら低回転ハードディスクが選択の目安となりますが、ハードディスクの回転数にこだわって選ぶくらいなら SSD を選ぶ方が良いです。SSD はハードディスクよりもデータ読み書き速度が速く、発熱量と動作音が小さいです。

以下では、SSD を眼中に入れずにハードディスクを選ぶことを前提にしてハードディスクの回転数の選び方について記載します。

データ読み書き速度の速さを重視するなら 7200rpm がおすすめ

たいていのデスクトップパソコンは、7200rpm のハードディスクが搭載されていますが、データ読み書き速度の速さを重視するなら 7200rpm がおすすめです。

放熱性が悪い小型デスクトップパソコンや、静音性重視のデスクトップパソコンでは、5400rpm 等の回転数が低いハードディスクが搭載されているのが見られますが、データ読み書き速度の速さを重視するなら選ばない方が良いです。

ハードディスクの温度上昇を抑えたいなら 5400rpm がおすすめ

ハードディスクは、温度が高くなりすぎてしまうと故障率が高くなります。デスクトップパソコン省スペース型やキューブ型、コンパクト型、一体型では、内部スペースが狭く放熱性が悪いため、回転数が低いハードディスクの方が良く、また真夏に冷房が効いていなくて室温が高い環境で使用する場合も、デスクトップパソコンのタイプに関係なく回転数が低いハードディスクの方が良いです。

しかし、5400rpm と 7200rpm を比べると温度に違いが生じても数℃程度であり、ほとんど変わらない場合もあります。これは、同じ回転数のハードディスクを比較すると、どのメーカーのどの製品なのかによって、どこまで温度が上昇するのか異なるためです。そのため、回転数が低いハードディスクの方が良くても無理に選ぶ必要はありません。

それでも、温度が高くなりすぎてしまうリスクを少しでも減らすためにハードディスクの発熱量を抑えたい場合は、5400rpm のハードディスクを選ぶのがおすすめです。

静音性を重視するなら 5400 rpm がおすすめ

ハードディスクの回転数の違い 5400rpm と 7200rpm で比較すると、回転数が高い方が動作音が大きい傾向がありますので、パソコン全体の動作音を抑えたい場合は、回転数が低いハードディスクを選ぶ方が良いです。

しかし、同じ回転数のハードディスクを比較すると、どのメーカーのどの製品なのかによって動作音は異なり、比較する製品によっては 7200rpm の方が静かな場合もあるほどです。

そのため、静音性を重視するなら仕様にハードディスクのメーカーや型番まで公開しているデスクトップパソコンに注目し、ハードディスクのメーカーや型番を基にインターネットで動作音について調べてみると良いです。

また、ハードディスクの動作音だけ抑えても CPU やビデオカード、電源ユニットの動作音も抑えないと、デスクトップパソコン全体の動作音は抑えられません。動作音が静かなハードディスクが搭載されていても、他の PC パーツの動作音が大きい場合がありえます。

そのため、静音性を重視するなら静音性を売りにしているデスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。静音性を売りにしているデスクトップパソコンであれば、ハードディスク含めて全体的に動作音が抑えられています。

・性能重視なら 7200rpm が選択の目安
・温度上昇を抑えたいなら 5400rpm が選択の目安
・静音性を重視するなら 5400rpm が選択の目安


キャンペーン情報
富士通
・スーパーサマーセール
クーポン利用で9〜23%OFF等の9大特典
(7月25日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ ESPRIMO DHシリーズ
ESPRIMO WD2/C2 がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
ESPRIMO WD1/C1 がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で21%OFF
一体型デスクトップ ESPRIMO FHシリーズ
ESPRIMO WF2/B3 がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で28%OFF
ESPRIMO WF1/C2 がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で26%OFF
据え置きノート LIFEBOOK AHシリーズ
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力(CPU:Core i7,Core i5選択時)で28%OFF、クーポンコード「DAG217LSJ」入力(CPU:Core i3選択時)で28%OFF
LIFEBOOK WAA/B3 がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で32%OFF
モバイルノート LIFEBOOK UHシリーズ
LIFEBOOK WU2/B3 がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で27%OFF
モバイルノート LIFEBOOK SHシリーズ
LIFEBOOK WS1/B3 がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
タブレット arrows Tab QHシリーズ
arrows Tab WQ2/C1 がクーポンコード「LPS122LSJ」入力で22%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(7月25日迄)

デスクトップパソコンの選び方



コラム - デスクトップパソコン

コラム - ストレージ

デル株式会社