コアアンロック機能とは?

最終更新日 2019年10月11日

コアアンロック機能とは何か

ASCII.jp:知ったかできるパーツ基礎知識【CPU/マザー/メモリ編】 (4/5)|アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2011 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2011年4月12日)
 また、Phenom II X2やAthlon II X3は、無効化されているコアやキャッシュを有効化することでPhenom II X4やAthlon II X4として使用できる製品もあり、マザーボードにもコアアンロック機能を謳う製品も発売されている。しかし、このような使い方はオーバークロック同様に保証対象外となるだけでなく、確実に復活できるわけではない。あくまでも遊びの範疇で、安定性を重視するなら手を出さないほうが無難である。
Phenom II X2やAthlon II X3はPhenom II X4やAthlon II X4と比べてコアやキャッシュの数が少ないようですが、製造で不良が発生し正常に動作しないコアやキャッシュを無効化したと考えられます。

無効化されているコアやキャッシュを有効化にする機能を、コアアンロック機能と呼ぶようです。

コアアンロックにより無効化されていたコアやキャッシュが正常に動作することがあるようですので、コアやキャッシュを無効化にする条件は正常に動作しないだけではないようです。

「安定性を重視するなら手を出さないほうが無難」と書かれていますので、仮に無効化されたコアやキャッシュを有効化でき動作しても、パソコンの電源が突然落ちたり、OSやソフトウェアが正常に動作しない等のトラブルが発生する可能性があると考えられます。

「全然微妙じゃなかった」――Phenom II X3が大ヒット中 (1/4) - ITmedia PC USER には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2009年3月2日)
 そこから一転して大ブレイクとなったのは、ある情報が広まったことがきっかけだ。パソコンショップ・アークは「Phenom II X3はもともとクアッドコア構成なのを1コア無効にしているだけなんです。それでBIOS設定を少しいじるだけで1コア復活できるという情報が流れ、いきなり飛ぶように売れ始めました」と語る。突然の大ヒットを受け、T-ZONE.PC DIY SHOPなど、売り切れとなるショップが頻出している。

 この裏技についてツートップ秋葉原本店は「クアッド化できるのは限られたマザーで、ソフトウェアによっても3コア動作しない場合があるそうです。それでも、トリプルコアのつもりが実はクアッドコアだったというのは美味しいじゃないですか。こういう驚きが隠されているのはAMDの魅力でしょう。意図的なのかは知りませんけど」とうれしそうに話していた。
広まった情報は噂レベルの情報かもしれませんが、コアやキャッシュは正常に動作するが減らして販売したいため無効化したCPUが結構存在している印象を受けます。

「ソフトウェアによっても3コア動作しない場合がある」と書かれている点も気になるところであり、コアアンロック機能によりBIOSやOSが4コアと認識しても、4コアで動作するとは限らないようです。

「当たりつきCPU、面白いのに」――6コア化できるかもしれないPhenom II X4が登場 (1/4) - ITmedia PC USER には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2011年6月27日)
 6コア化したデモ機を展示しているドスパラ パーツ館は「BIOSでコア設定をアンロックしただけで成功しました。普通に動作していますが、すべてがこうなるわけではないので、期待のしすぎは要注意です。BIOS上で6コア化してもOSが起動しないといった声も聞きますからね」という。
同記事からも、コアアンロック機能により無効化されていたコアやキャッシュを有効にできても、パソコンが正常に動作するとは限らないとわかります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・シングルデーセール
モバイルノート、ゲーミングPCほか、クーポンで最大20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%ポイント還元 ドスパラ27周年祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月7日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)

CPUのコアアンロック



マウスコンピューター/G-Tune