CPUのオンダイ、オフダイとは?

最終更新日 2019年10月11日

CPU のオンダイ、オフダイとは何か

オンダイ - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2010年4月16日)
従来外部にあった回路をCPUなどのダイに組み込むこと。初期のPentium IIは、パッケージ内の基板にCPUのダイと2次キャッシュのチップが別に実装されているオフダイ型だったが、半導体製造技術が上がったことで途中から2次キャッシュをCPUのダイに組み込んだオンダイ型に変更された。
何らかのチップ、例えば2次キャッシュが CPU のダイの外部にあるならオフダイ、CPU のダイに組み込まれているならオンダイと呼ぶようです。

個人的な解釈を入れて各用語が具体的に何を指すのか書きますが、用語が指す内容は文脈等によって異なることがありますので、以下に書いたとおりとは限りません。

CPU のダイとは、演算する回路があるダイを指します。

2次キャッシュのチップとは、2次キャッシュというデータを記憶する回路があるチップ(半導体チップ)を指します。

チップ(半導体チップ)のことをダイとも呼びますが、ASCII.jpデジタル用語辞典では演算回路があるチップ(半導体チップ)を CPU のダイと呼び、2次キャッシュがあるチップ(半導体チップ)と区別していると思われます。

つまり、2次キャッシュがあるチップ(半導体チップ)もダイと呼べますが、その場合は CPU のダイとは別のダイに2次キャッシュがあるなら2次キャッシュはオフダイ、CPU のダイと同じダイに2次キャッシュがあるなら2次キャッシュはオンダイと言えます。

パッケージとは、CPU 全体を指します。CPU のダイや2次キャッシュがあるチップ(半導体チップ)を基板に実装したものを樹脂等で保護し、マザーボードと電気的接続できるように金属製の部品を取り付ける等をすることをパッケージ化と呼びます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
初夏セール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月3日迄)
DELL
・期間限定<新生活応援モデル>
今ならオンラインクーポンで最大20%OFF
(6月1日迄)
ドスパラ
・先取りサマーセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(6月11日迄)
パソコン工房
・新旧大放出セール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(6月9日迄)

CPUのダイ



マウスコンピューター/G-Tune