CPUはスレッド数が同じでもコア数が多い方が高性能?

最終更新日 2019年10月11日

CPU はスレッド数が同じでもコア数が多い方が高性能なのか

CPU は同期マルチスレッディング技術に対応していると、スレッド数はコア数の2倍となります。

例えば、コア数が1の CPU が同期マルチスレッディング技術に対応しているなら、スレッド数は2です。

同期マルチスレッディング技術に対応していない CPU と比較すると、スレッド数は同じですがコア数は違う場合が出てきます。

例えば、コア数1、スレッド数2の CPU と、コア数2、スレッド数2の CPU があるとします。前者の CPU は同期マルチスレッディング技術に対応していますが、後者の CPU は対応していません。

CPU の性能はコア数やスレッド数だけで決まるものではありませんが、コア数やスレッド数以外の仕様が同じであれば、スレッド数は同じでもコア数が多い方が高性能です。

例にあげた CPU だと、コア数2、スレッド数2の CPU の方が高性能です。

CPU が同期マルチスレッディング技術に対応していると、1つのコアにおいて2つの処理を同時に実行できますが、あくまでも擬似的に同時に実行しますので、2つのコアそれぞれにて処理を実行させて2つの処理を行う方が効率的です。

繰り返しになりますが、CPU の性能はコア数やスレッド数だけで決まるものではありませんので、CPU はスレッド数が同じでもコア数が多い方が高性能とは限りません。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)