メインメモリーの外見からECC対応だとわかる?

最終更新日 2019年10月11日

メモリチップが9個または18個なら ECC 対応メインメモリーなのか

PCメンテナンス&リペア・ガイド:第3回 メモリ増設前の基礎知識(3) - @IT には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2001年6月1日)
これはDDR SDRAMのメモリ・モジュールだ。SDRAMやDDR SDRAMのメモリ・モジュールの場合、メモリ・チップが9個または18個搭載されていたらECCメモリだろう(非対応なら4/8/16個)。RIMMの場合は、「ECC」とシールに記載されているので、すぐ分かる。
メインメモリーの種類には、DIMM、SO-DIMM、MicroDIMM、RIMM があります。

「これはDDR SDRAMのメモリ・モジュールだ。」は、同記事に掲載されている DIMM のメインメモリーの画像を指しており、そのメインメモリー上には9個のチップがあります。

DIMM かつメモリー規格が SDRAM または DDR SDRAM であれば、メインメモリーにあるメモリチップの数から、ECC 対応かどうかわかるようです。

SO-DIMM のメインメモリーかつ ECC 対応の某製品を見てみたらメモリチップが5個でしたので、SO-DIMM でも同様に見分けられると考えられます。

MicroDIMM のメインメモリーについては、ECC 対応の製品が見つかりませんでした。

メモリチップが9個なら ECC 対応メインメモリーなのか

メモリーのECCとは? | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2007年6月1日)
ECCありの場合、一般的にモジュール上にチップが9個搭載されます。ECCなしのメモリーよりもチップが1個多く搭載されているのは、エラー訂正用データを記録するためです。
同記事では、DIMM かつ ECC 対応メインメモリーの画像を掲載しており、そのメインメモリーを見るとメモリチップの数が9個です。

メモリチップの数が9個の ECC メインメモリーが多いようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)