メインメモリーのECC

最終更新日 2022年01月18日

メインメモリーのECCとは

基礎

メインメモリーのECCとは、Error Checking and Correctingの略であり、メインメモリーで発生したエラーの検出と訂正を行う機能です。

種類

メインメモリーの種類にはDIMM、SO-DIMM、MicroDIMM、RIMMがあります。MicroDIMMにはECC対応の製品がありません。RIMMの場合、ECC対応だとメモリーモジュールにECCと記載されているシールが貼り付けられています。

メモリーチップの数

ECC対応だと非対応と比べてメモリーモジュールにあるメモリーチップが多いです。エラー訂正用のデータを記録するメモリーチップがあるためです。一般的にはECC対応だとメモリーチップ数が5,9,18のどれか、非対応だと4,8,16のどれかです。これに該当しない場合もあるので、メモリーチップの数のみで判断するのがよくありません。

ECC利用条件

ECCを利用するには、メインメモリーに限らずCPUとマザーボードもECCに対応している必要があり、ECCを有効にする必要もあります。CPUかマザーボード、または両者がECCに対応していない場合、ECCを利用できませんが、ECCに対応しているメインメモリーを使用できます。マザーボードがECC対応の場合、ECCを無効に設定しないと正常に動作しない可能性があります。正常に動作するとは限らずシステムが不安定になる、パソコンが起動しない等のトラブルが発生する可能性があります。

メインメモリーのECCの必要性

メインメモリーでエラーが発生すると、メインメモリーが保存しているデータの破損や、OSやソフトウェアの異常終了につながることがあります。

ECCを利用しないと問題がありそうですが、メインメモリーのエラー発生率は非常に低くエラーが滅多に発生しませんので、ECCの必要性は低いです。

パソコンを長時間連続動作させ続ける必要や、メインメモリーが保存しているデータが破損してしまうと深刻な損害が出る場合はECCが必要ですが、一般的なパソコンの使い方であればECCは不要です。

以下はECCが必要な例です。

パソコンを動作させ続け何らかのサービスを24時間365日提供する場合、メインメモリーでエラーが発生し異常終了してしまうとサービス提供者も利用者も困りますのでECCが必要です。

大規模な数値計算を何日にも渡ってパソコンにプログラム処理させ続ける場合、数値計算途中にメインメモリーでエラーが発生し異常終了してしまう、異常終了とまではならなくても数値計算結果が狂ってしまうと数値計算が無駄になってしまいますのでECCが必要です。

パソコンで動画編集や画像編集を行っているときに、メインメモリーでエラーが発生しメインメモリーが保存しているデータが破損し、最後にストレージに保存してから編集したデータが失われてしまうと深刻な損害が出る場合、ECCが必要です。

ECCが必要な例は他にもありますが、ECCが必要になる用途は特殊ですので、一般的なパソコンの用途ではECCは不要です。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏の感謝セール
最大88,000円OFF!!
(8月17日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコン・モニターがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大22%OFF、ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。モニターも最大25%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・大ボーナスSALE
ゲーム・クリエイターPCがお得!PCパーツや中古商品も充実
(8月9日迄)