CPU - タブレットPCの選び方

最終更新日 2016年08月03日

CPU の選び方

タブレット PC 向け CPU かノートパソコン向け CPU が搭載される

タブレット PC には、タブレット PC 向け CPU かノートパソコン向け CPU が搭載されます。

ノートパソコン向け CPU が搭載される場合は、発熱量が小さいノートパソコン向け CPU が選ばれます。発熱量が大きいノートパソコン向け CPU は、タブレット PC にとって発熱量が大きすぎて搭載は難しいです。

発熱量が小さいノートパソコン向け CPU でも、8インチ型等の画面サイズが小さいタブレット PC にとっては発熱量が大きすぎて搭載は難しいです。そのため、発熱量が小さいノートパソコン向け CPU を選びたい場合は、10インチ型等の画面サイズが大きいタブレット PC を選ぶ必要があります。

CPU は、高い性能を持つと発熱量が大きくなるので、発熱量が最も低いタブレット PC 向け CPU が最も性能が低く、ノートパソコン向け CPU では、発熱量が大きいほど高い性能を持ちます。

タブレット PC 向け CPU ・発熱量を抑えるために性能が犠牲になっている
・画面サイズ関係なく、様々なタブレット PC に搭載される
発熱量が大きい
ノートパソコン向け CPU
・デスクトップパソコン向け CPU よりは発熱量を抑えているが、高い性能を持つ
・タブレット PC に搭載は難しい
発熱量が小さい
ノートパソコン向け CPU
・発熱量を抑えつつ、ある程度の性能の高さを持つ
・画面サイズが小さいタブレット PC に搭載は難しい
・画面サイズが大きいタブレット PC に搭載される

タブレット PC 向け CPU でも、日常用途であれば十分な性能

タブレット PC に搭載される CPU はタブレット PC の頭脳的存在であり、タブレット PC を快適に使えるためには CPU の性能の高さが重要です。

しかし、ノートパソコンやデスクトップパソコンにも当てはまりますが、タブレット PC に搭載されるような CPU も技術進歩によって性能が随分と底上げされています。そのため、性能が低い方のタブレット PC 向け CPU でも、インターネットやメール等の日常用途に使うなら、不満を感じるほど性能は低くありません。

発熱量が小さいノートパソコン向け CPU は、CPU の性能の高さを重視したタブレット PC に搭載されますが、使用用途により性能の高さが必要であれば、発熱量が小さいノートパソコン向け CPU 搭載タブレット PC を選ぶのがおすすめです。

ノートやデスクトップのように使うなら、性能の高さを重視

周辺機器を活用して、タブレット PC をノートパソコンやデスクトップパソコンのように使うのであれば、CPU の性能が高いと便利です。例えば、タブレット PC に外部液晶モニターとキーボード、マウスを接続すれば、デスクトップパソコンのように使えます。

さらに、タブレット PC が高性能 CPU を搭載していれば、十分デスクトップパソコンの代わりとして快適に使っていけます。さすがに動画編集や画像編集、PC ゲーム等、パソコンに高い負荷がかかる使用用途には向きませんが、日常利用なら十分な性能を発揮しますので、ノートパソコンやデスクトップパソコンのように使いたいなら CPU の性能を重視し、発熱量が小さいノートパソコン向け CPU を選ぶのがおすすめです。

CPU 性能を重視するなら、画面サイズが大きいタブレット PC を選ぶ必要あり

性能が高い CPU ほど発熱量が大きくなるため、温度が上がりすぎないようタブレット PC は本体内部スペースを広くし、必要に応じて冷却ファンを搭載する必要があります。

性能の高さを重視するなら発熱量が小さいノートパソコン向け CPU が選択の目安ですが、それでもタブレット PC にとっては発熱量が厳しくなってくるため、内部スペースを広くする必要があり、必要に応じて冷却ファンが必要です。

そのため、CPU の性能を重視するなら、画面サイズが大きいタブレット PC を選ぶ必要があります。主流は画面サイズが8インチ型か10インチ型ですが、画面サイズが10インチ型以上のタブレット PC に、発熱量が小さいノートパソコン向け CPU が見られます。

CPU メーカーの選び方

主要 CPU 製造メーカーは、インテル社と AMD 社

ノートパソコンやデスクトップパソコンと同様に、タブレット PC に搭載される CPU のメーカーはインテル社と AMD 社が主流です。シェアも同様にインテル社の CPU が多く、たいていの タブレット PC にインテル社の CPU が搭載されています。

ノートパソコンやデスクトップパソコンと違い、タブレット PC 等の小型機器では、インテル社や AMD 社以外のメーカーが開発、製造している CPU が見られますが、ノートパソコンとデスクトップパソコンの CPU の開発、製造で圧倒的な実績を持つだけあって、性能を見ればインテル社と AMD 社の CPU は高いパフォーマンスを発揮します。特に高性能 CPU 搭載タブレット PC を選ぶなら、インテル社か AMD 社の CPU を搭載したタブレット PC に注目して選ぶと良いです。

基本的に、どちらのメーカーを選んでも問題ない

どちらか一方のメーカーの CPU を必要とする理由がなければ、どちらのメーカーの CPU が搭載されていても問題ありません。一方のメーカーの CPU だと、ソフトウェアや周辺機器が使えないといった事はないです。

インテル社の CPU 搭載タブレット PC が多いですが、AMD 社の CPU 搭載タブレット PC で自分に合うモデルがあれば、選んでも大丈夫です。

マイクロアーキテクチャ、開発コードネーム、ブランド

CPU には多数の製品が存在し、その中の1つの CPU 製品がタブレット PC に搭載されています。マイクロアーキテクチャと開発コードネーム、ブランドについて詳しく知っておくと、数多く存在する CPU 製品について把握しやすくなります。

詳しく知らなくても CPU 製品を選べますが、余裕があれば詳しく知っておくと良いです。
タブレット PC 搭載 CPU 情報

CPU の製品の選び方

CPU 製品の選択肢は少ない

タブレット PC は、デスクトップパソコンやノートパソコンほど多彩なモデルが無く、同じ CPU の製品を搭載したモデルが多いです。また、基本的に BTO カスタマイズで CPU の変更はできません。そのため、選べる CPU の製品数は少ないです。

それでも、CPU ブランドが同じでも製品によって性能が異なりますので、CPU ブランドだけでなく、どの製品なのか確認しておく必要があります。

性能を重視するなら、発熱量が小さいノートパソコン向け CPU の製品

タブレット PC では、タブレット PC 向け CPU の製品か、発熱量が小さいノートパソコン向け CPU の製品が搭載されます。まずは、選択範囲を狭めた方が選びやすいですので、どの CPU 製品を選ぶのか決めておいた方が良いです。

性能を重視するなら、発熱量が小さいノートパソコン向け CPU の製品から選ぶで決まりですが、タブレット PC にとっては発熱量が大きいため、サイズが大きめのタブレット PC を選ぶ必要があります。どうしてもサイズが小さいタブレット PC を選ばなければならないのであれば、タブレット PC 向け CPU の製品を選ぶ事になります。

プロセッサー・ナンバー(モデル・ナンバー)に注目して選ぶ

CPU の製品を選ぶ際は、インテル社の CPU であればプロセッサー・ナンバー、AMD 社の CPU であればモデル・ナンバーに注目します。これらのナンバーから機能や性能の比較ができ、製品の特徴が分かります。

タブレット PC 向け CPU 製品の選び方

タブレット PC 向け CPU 製品一覧

以下は、タブレット PC 向け CPU の製品一覧です。比較的新しい CPU 製品に限定して、性能が高い順に並べて記載しており、ハイスペック、スタンダード、エントリーと大まかに性能の高さごとに分けています。さらに性能と比例するようにランクごとに分けており、例えばランク6の CPU の性能は、ランク3の CPU の2倍です。

同じランクに複数のマイクロアーキテクチャの CPU が混在した場合、新しいマイクロアーキテクチャが上となるように並べています。

インテル社 CPU 製品

  ランク 製品 マイクロ
アーキテクチャ
ハイスペック 6 Pentium N3700 Airmont
Pentium N3540
Pentium N3530
Pentium N3520
Silvermont
5 Atom x7-Z8700
Atom x5-Z8500
Airmont
Pentium N3510
Celeron N2940
Celeron N2930
Celeron N2920
Atom Z3795
Atom Z3785
Atom Z3775
Atom Z3775D
Atom Z3770
Atom Z3770D
Silvermont
スタンダード 4 Celeron N3150
Atom x5-Z8300
Celeron N3050
Celeron N3000
Airmont
Celeron N2910
Celeron N2840
Celeron N2830
Celeron N2820
Atom Z3745
Atom Z3745D
Atom Z3740
Atom Z3740D
Silvermont
エントリー 3 Atom Z3736G
Atom Z3736F
Atom Z3735G
Atom Z3735F
Atom Z3735E
Atom Z3735D
Celeron N2815
Celeron N2810
Celeron N2808
Celeron N2807
Celeron N2806
Silvermont
2 Celeron N2805 Silvermont
1 - -

AMD 社 CPU 製品

  ランク 製品 マイクロ
アーキテクチャ
ハイスペック 6 A10 Micro-6700T Puma
5 - -
スタンダード 4 A4 Micro-6400T Puma
エントリー 3 E1 Micro-6200T Puma
2 - -
1 - -

性能を重視するならハイスペッククラスの CPU 製品を選びたいですが、タブレット PC 向け CPU 製品に限れば、CPU 製品の違いによって生じる性能差は小さいです。

性能の高さを気にするくらいであれば、発熱量が小さいノートパソコン向け CPU の製品を選ぶ方が良いです。

発熱量が小さいノートパソコン向け CPU 製品の選び方

発熱量が小さいノートパソコン向け CPU 製品一覧

以下は、発熱量が小さいノートパソコン向け CPU の製品一覧です。比較的新しい CPU 製品に限定して、性能が高い順に並べて記載しており、ハイスペック、スタンダード、エントリーと大まかに性能の高さごとに分けています。さらに性能と比例するようにランクごとに分けており、例えばランク10の CPU の性能は、ランク5の CPU の2倍です。

同じランクに複数のマイクロアーキテクチャの CPU が混在した場合、新しいマイクロアーキテクチャが上となるように並べています。

インテル社 CPU 製品

  ランク 製品 マイクロ
アーキテクチャ
ハイスペック 12 Core i7-6567U
Core i5-6287U
Core i5-6267U
Skylake
11 Core i7-6600U
Core i7-6650U
Skylake
Core i7-5557U
Core i5-5287U
Core i7-5600U
Core i5-5257U
Broadwell
Core i7-4578U
Core i7-4558U
Core i5-4308U
Core i5-4288U
Haswell
10 Core i7-6500U
Core i7-6560U
Core i5-6300U
Core i5-6360U
Skylake
Core i7-5650U
Core i7-5500U
Core i7-5550U
Broadwell
Core i7-4600U
Core i7-4650U
Core i5-4278U
Core i5-4258U
Core i7-4510U
Core i5-4310U
Core i7-4500U
Core i7-4550U
Haswell
スタンダード 9 Core i5-6200U
Core i5-6260U
Core i3-6167U
Skylake
Core i5-5300U
Core i5-5350U
Core i5-5200U
Core i5-5250U
Broadwell
Core i5-4360U
Core i5-4350U
Core i5-4300U
Core i7-4610Y
Core i5-4210U
Core i5-4260U
Core i5-4200U
Core i5-4250U
Haswell
8 Core i3-6100U Skylake
Core i3-5157U
Core i3-5020U
Core i3-5015U
Core i3-5010U
Core i3-5005U
Core M-5Y71
Core M-5Y70
Broadwell
Core i3-4158U
Core i3-4120U
Core i3-4030U
Core i3-4025U
Core i3-4100U
Haswell
7 Core M-5Y51
Core M-5Y31
Core M-5Y10c
Core M-5Y10a
Core M-5Y10
Broadwell
Core i5-4302Y
Core i5-4300Y
Core i5-4220Y
Core i5-4202Y
Core i3-4010U
Core i3-4005U
Haswell
6 Pentium 4405U Skylake
Core i5-4210Y
Core i5-4200Y
Core i3-4030Y
Core i3-4020Y
Core i3-4012Y
Core i3-4010Y
Haswell
エントリー 5 Pentium 4405Y Skylake
Pentium 3825U
Pentium 3805U
Celeron 3765U
Celeron 3755U
Celeron 3215U
Celeron 3205U
Broadwell
Pentium 3558U
Pentium 3556U
Celeron 2981U
Celeron 2980U
Celeron 2957U
Celeron 2955U
Haswell
4 Pentium 3561Y
Pentium 3560Y
Haswell
3 Celeron 2961Y Haswell
2 - -
1 - -

AMD 社 CPU 製品

  ランク 製品 マイクロ
アーキテクチャ
スタンダード 9    
8 A8-7410 Puma+
7 A6-7310
A4-7210
Puma+
A8-6410
A6-6310
Puma
6 E2-7110 Puma+
A4-6210 Puma
エントリー 5 E2-6110 Puma
4 E1-7010 Puma+
E1-6015
E1-6010
Puma
3    
2 - -
1 - -

各メーカーの CPU 製品一覧は、性能が高い順に並べています。また、ハイスペック、スタンダード、エントリーと性能クラス別にまとめていますが、発熱量小さいノートパソコン向け CPU 製品に限った場合における性能クラスです。発熱量が大きいノートパソコンやデスクトップパソコン向け CPU 製品も含めれば、さらに性能が高い CPU 製品が存在します。

性能を重視するなら、ハイスペッククラスの CPU 製品を選びたいですが、価格が高くなりますので、予算を抑える事も考慮したい場合は、スタンダードクラスの CPU 製品が選択の目安です。

エントリークラスの CPU 製品は、性能ではなく価格の安さを重視したい方に向いており、タブレット PC 向け CPU 製品と比べると性能が同程度と認識しておく必要があります。

おすすめタブレット PC 販売ショップ

タブレット PC 販売ショップは数多く存在します。販売ショップを国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドに分けると、海外メーカーにはコストパフォーマンスが高く価格が安くても優れたタブレット PC がそろっているのでおすすめです。
Dell
デルは、徹底的なコスト削減によってコストパフォーマンスの高さを実現したパソコンメーカーです。デルのタブレット PC は、ビジネス用途向けとして設計、開発してきた事もあり、完成度が高いです。
(2015年2月20日時点)
Lenovo
レノボは、目覚しいスピードで成長し、世界でトップクラスのシェアを獲得するまでになったパソコンメーカーです。今では最も勢いのある海外メーカーであり、タブレット PC でも積極的に新製品を開発しており、ラインナップが豊富です。
(2015年2月20日時点)
ASUS
PC パーツだけでなくパソコンでも世界的に多くのシェアを獲得し続けている海外メーカーです。Windows タブレット PC より Android タブレット端末に力を入れているためラインナップは少ないですが、良いモデルを安く提供しており人気が高いです。
(2015年2月20日時点)


キャンペーン情報
富士通
・スーパーサマーセール
クーポン利用で10〜23%OFF等の9大特典
(7月26日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で26%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(9月6日迄)

タブレットPCの選び方



コラム - タブレットPC

CPU 性能比較早見表


タブレット PC 搭載 CPU 情報


プロセッサー・ナンバー

モデル・ナンバー