外部インターフェース - タブレットPCの選び方

最終更新日 2017年03月20日

外部インターフェースとは

タブレット PC の外部インターフェースは少なめ

外部インターフェースは、タブレット PC とパソコン周辺機器を接続するために使用します。タブレット PC は、薄型で小型さが重視される事もあり、ノートパソコンと比べると外部インターフェースは少ないです。

そのため、もし使用したいパソコン周辺機器と接続できる外部インターフェースが付いているタブレット PC が見つからない場合は、ノートパソコンの選択を検討してみると良いです。

USB 端子の選び方

USB 端子搭載モデルがおすすめ

USB は、パソコン周辺機器との接続によく使われる外部インターフェースです。たいていのタブレット PC に付いています。他のパソコン周辺機器と接続しないのであれば、USB が付いていないタブレット PC を選んでも問題ありませんが、後に使用する事になる可能性が高い外部インターフェースですので、USB が付いているタブレット PC を選ぶのが望ましいです。

USB 端子非搭載 ・主に画面サイズ8インチ型等の小型タブレット PC に、USB 端子が無いモデルが見られる
・USB 接続タイプの周辺機器を使う予定が無ければ、USB 端子が無くても問題ない
USB 端子搭載 ・画面サイズ10インチ型等の大型タブレット PC は、USB 端子があるモデルが多い
・USB 端子があれば、USB 接続タイプの周辺機器が使えるのでおすすめ
・USB 接続タイプの周辺機器を使う予定が無くても、いざという時に使えるよう USB 端子ありがおすすめ

USB 端子数

タブレット PC はサイズが小さいため、USB 端子数は少ないです。一度に複数の周辺機器と接続できるので、USB 端子数が多い方がおすすめですが、USB 端子の数が少なくても USB ハブを利用して USB 端子数を増やす方法があります。

USB 端子数1つ ・画面サイズ8インチ型等の小型タブレット PC は、USB 端子は1つ搭載が多い
・USB ハブを利用する手があるため、USB 端子が1つでも問題無い
USB 端子数2つ以上 ・画面サイズ10インチ型等の大型タブレット PC に、USB 端子2つ以上搭載モデルが見られる
・一度に複数の周辺機器と接続できるのでおすすめ

Micro USB

USB には、小型の Micro USB と呼ばれる外部インターフェースがあります。タブレット PC に限らずスマートフォン等の小型機器によく付いています。Micro USB のみ付いているタブレット PC も見られますが、USB と Micro USB を変換するケーブルがありますので、Micro USB のみでも問題はありません。

Micro USB には、AタイプとBタイプがあります。Aタイプはパソコン本体等のホスト側、Bタイプはパソコン周辺機器等のデバイス側となります。

タブレット PC は、ホストとして使用されますので、Micro USB が付いていればAタイプとなりますが、タブレット PC を他のパソコンと接続して、タブレット PC をデバイスとしても使用される事があるため、AタイプとBタイプの両者に対応した Micro USB が付いている事が多いです。

タブレット PC をホスト、デバイスの両者として使う場合があれば、AタイプとBタイプに対応した Micro USB が付いているタブレット PC を選ぶ必要があります。タブレット PC の中には、Bタイプに対応した Micro USB が付いている製品もありますが、ホスト機能に対応していれば、こちらでもホスト、デバイスの両者として使えます。ホスト機能に対応していないBタイプの Micro USB だとデバイスのみとして使用可能となりますが、少なくとも OS として Windows を搭載するタブレット PC でホスト機能に対応していない製品は、まず見られないです。

Micro USB が付いているタブレット PC の中には、Micro USB 経由での充電に対応している製品があります。対応していれば、他の USB 経由で給電可能な機器と接続して充電ができます。

ただし、USB 経由で送れる電力量は少ないため、充電に時間がかかります。そのため、いざという時に使える補助的な充電手段と認識しておくと良いです。もし、必要であれば充電にも対応した Micro USB が付いているタブレット PC を選ぶと良いです。

音声入出力端子

マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子

マイク入力端子は、外付けのマイクと接続するために使用する外部インターフェースです。ヘッドフォン出力端子は、イヤホンやヘッドフォン等と接続するために使用する外部インターフェースです。

パソコンには、どの製品にも両者の端子が付いていますが、タブレット PC ではマイク入力端子は無く、本体に内蔵マイクが付いている場合があります。もし、外付けのマイクを使用したい場合は、マイク入力端子が付いている製品を選ぶ必要があります。

ヘッドフォン出力端子は、たいていのタブレット PC に付いていますが、BlueTooth (ブルートゥース)と呼ばれる無線機能でイヤホンやヘッドフォンを使用するとして、ヘッドフォン出力端子が付いていない製品もあります。

BlueTooth だと接続ケーブルが不要というメリットがありますが、音質面では有線と比べると不利ですので、音質を重視するならヘッドフォン出力端子が付いているタブレット PC を選ぶと良いです。

ライン入力端子、ライン出力端子

ライン入力端子とライン出力端子は、外部のオーディオ機器等と接続するために使用する外部インターフェースです。それぞれマイク入力端子、ヘッドフォン出力端子と似ていますが、信号レベル(音量の大きさ)の取り扱い方に違いがあります。

ライン入力端子では信号レベルを受信したら増幅はしませんが、マイク入力端子では増幅します。それは、マイクから来る信号レベルは小さい、すなわち十分な音量の大きさが無いからです。

そのため、例えば外部のオーディオ機器をライン入力端子ではなくマイク入力端子に接続すると、信号レベルが大きくなりすぎて音割れ等の問題が生じます。

ライン出力端子では、信号レベルを一定で出力しますが、ヘッドフォン出力端子では信号レベルを調節して出力できます。そのため、外部のオーディオ機器をライン出力端子ではなくヘッドフォン出力端子に接続し、信号レベルを適切に調節しないと急に大きい音が出たり、音割れ等の問題が生じます。

タブレット PC を外部のオーディオ機器と接続して録音等を行うのであれば、ライン入力端子が付いているのが望ましいですが、特に必要なければ付いていなくても問題ありません。タブレット PC をスピーカー等の外部オーディオ機器と接続するのであれば、ライン出力端子が付いているのが望ましいですが、適切に信号レベルを調節して使うのであればヘッドフォン出力端子が付いていれば十分です。

映像入出力端子

映像入力端子は無きに等しい

タブレット PC は、外部の液晶モニター等に映像を出力できる映像出力端子がありますが、映像入力端子があるタブレット PC は今のところ探すのは困難です。

外部に映像を出力する機器とタブレット PC を接続して、タブレット PC で視聴するといった使い方等が考えられますので、今後タブレット PC が、入力された映像を処理できるほど十分な機能と性能を持つまでに進化すれば、映像入力端子が付いているタブレット PC は普及するかもしれません。

しかし、タブレット PC に映像を入力させて表示させる使い方に需要はあまり無いと思われますので、タブレット PC に映像入力端子を求めるのは厳しい現状が続くと思われます。

映像出力端子が無いタブレット PC もある

タブレット PC は、外部の液晶モニター等へ映像を出力する使用用途が結構あるため、たいていの製品に映像出力端子が付いていますが、付いていないタブレット PC もありますので、必要であれば映像出力端子があるか確認が必要です。

映像出力端子一覧

以下は、タブレット PC に見られる映像出力端子のインターフェース規格一覧です。

種類 特徴
HDMI ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。
・映像データと音声データを、1本のケーブルで出力可能。
・著作権保護機能の HDCP に対応可能。
DisplayPort ・デジタル接続なので、画質の劣化がない。
・映像データと音声データを、1本のケーブルで出力可能。
・著作権保護機能の HDCP に対応可能。
・高い解像度での使用も考慮して作られたため、対応可能な解像度の上限が高い。
・デイジーチェーン接続に対応しているため、マルチディスプレイ環境を構築しやすい。

HDMI 出力端子搭載タブレット PC が多い

タブレット PC には、映像出力端子が付いている製品があります。映像出力端子が付いているなら、たいてい HDMI 出力端子となっています。DisplayPort は、HDMI よりも遅れて登場したため普及が遅れており、DisplayPort 出力端子が搭載されたタブレット PC は少ないです。

タブレット PC では、複数の映像出力端子が搭載される事はまずありませんので、HDMI 出力端子と DisplayPort 出力端子どちらかを選ぶ事になりますが、どちらも利便性が高いですので、一方にこだわる必要性は低いです。

端子サイズが小型の映像出力端子

タブレット PC に HDMI 出力端子が搭載される場合は、mini HDMI 出力端子や Micro HDMI 出力端子といった端子サイズが小型となっている HDMI 出力端子が付いている場合が多いですが、インターフェース変換ケーブルや変換アダプターを利用すれば、液晶モニター等側に付いている HDMI 入力端子と接続できますので、mini HDMI 出力端子や Micro HDMI 出力端子であっても問題ありません。

DisplayPort 出力端子にも、端子サイズが小型となる Mini DisplayPort 出力端子があり、インターフェース変換ケーブルや変換アダプターを利用して、DisplayPort 入力端子搭載液晶モニター等と接続可能です。

インターフェース規格の変換

タブレット PC と外部液晶モニター等を接続する際は、同じインターフェース規格同士になるとは限りません。その場合は、変換アダプター(変換ケーブル)が必要となります。

技術的には、どんなインターフェース規格の組み合わせであっても変換はできますが、コストや需要の問題で変換アダプターが無きに等しく、実質変換できない組み合わせがあります。

以下は、変換アダプターの入手のしやすさを考慮して変換可能かどうかを決めた、インターフェース規格の組み合わせ一覧です。

出力端子 入力端子 変換
HDMI D-sub 15pin
(アナログ RGB、VGA)
DVI-D
DisplayPort ×
DisplayPort D-sub 15pin
(アナログ RGB、VGA)
DVI-D
HDMI
○:変換可能、×:変換は難しい

タブレット PC、変換アダプター、液晶モニター等の組み合わせによっては、正常に出力できない場合があります。特にタブレット PC と変換アダプターとの間で問題が起こりやすいため、もし純正の変換アダプターも販売されていれば、同時に購入しておくのがおすすめです。

おすすめタブレット PC 販売ショップ

タブレット PC 販売ショップは数多く存在します。販売ショップを国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドに分けると、海外メーカーにはコストパフォーマンスが高く価格が安くても優れたタブレット PC がそろっているのでおすすめです。
Dell
デルは、徹底的なコスト削減によってコストパフォーマンスの高さを実現したパソコンメーカーです。デルのタブレット PC は、ビジネス用途向けとして設計、開発してきた事もあり、完成度が高いです。
(2015年2月20日時点)
Lenovo
レノボは、目覚しいスピードで成長し、世界でトップクラスのシェアを獲得するまでになったパソコンメーカーです。今では最も勢いのある海外メーカーであり、タブレット PC でも積極的に新製品を開発しており、ラインナップが豊富です。
(2015年2月20日時点)
ASUS
PC パーツだけでなくパソコンでも世界的に多くのシェアを獲得し続けている海外メーカーです。Windows タブレット PC より Android タブレット端末に力を入れているためラインナップは少ないですが、良いモデルを安く提供しており人気が高いです。
(2015年2月20日時点)


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で15〜24%OFF等の11大特典
(4月26日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で26%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で23%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年5月15日迄)




コラム - タブレットPC

コラム - インターフェース