フォームファクタ - マザーボードの選び方

最終更新日 2016年08月28日

マザーボードを搭載する PC ケース

PC ケースによって、搭載可能なマザーボードの形状が異なります。マザーボードの形状には、主に ATX と Micro ATX があり、サイズの大きいミドルタワーの PC ケースは、たいてい両者に対応していますが、ミニタワーや省スペースなどのサイズの小さい PC ケースでは、Micro ATX のみに対応している事が多いです。よって、マザーボードを選ぶときは、マザーボードを搭載予定の PC ケースが、どのような形状のマザーボードに対応しているか確認する必要があります。
フルタワー
主にサーパー用に使われる大きなサイズの PC ケースであり、個人向けのパソコンではあまり使われません。ATX のマザーボードに対応し、たいてい Micro ATX のマザーボードにも対応しています。
ミドルタワー
性能の高いモデルによく見られ、個人向けのタワー型パソコンではよく見られるタイプです。ATX のマザーボードに対応し、たいてい Micro ATX のマザーボードにも対応しています。
ミニタワー
性能を抑えたモデル、または若干コンパクトさを重視したタワー型パソコンであり、個人向けパソコンでよく見られるタイプです。Micro ATX のマザーボードに対応しています。少ないですが、ATX のマザーボードにも対応している PC ケースもあります。
マイクロタワー
ミニタワーよりもサイズが小さいのがマイクロタワーですが、実際はミニタワーとマイクロタワーが区別されて使用されている事が少なく、ミドルタワーよりも小さいタワーを、ミニタワー、またはマイクロタワーと呼ぶ事が多いです。Micro ATX のマザーボードに対応しています。少ないですが、ATX のマザーボードにも対応している PC ケースもあります。
省スペース
スリムとも呼ばれ、設置場所が少ない事もあり、個人向けパソコンで見られるタイプです。Micro ATX のマザーボードに対応しています。少ないですが、ATX のマザーボードにも対応している PC ケースもあります。
キューブ
立方体に近い形状をした PC ケースで、あまり普及はしていませんが、自作パソコンにもよく使われ、人気が高いです。Micro ATX のマザーボードに対応しています。少ないですが、ATX のマザーボードにも対応している PC ケースもあります。

マザーボードの形状(フォームファクタ)

マザーボードの形状には、幾つか種類があり、それぞれサイズや CPU 等の PC パーツ 装着位置が異なっています。それらの違いは、規格によって分けられており、規格名が同一のマザーボードであれば、たとえ製造メーカーが違っても、サイズなどが一緒になっています。また、その規格名を使って、PC ケースの対応マザーボードの形状が表記されているので、マザーボードを選ぶときは、規格名に注意して選ぶ必要があります。
Extended ATX(エクステンデッド・エーティーエックス)
インテル社が提唱したマザーボード規格です。サイズは縦 330mm、横 305mm と大きく、フルタワーやミドルタワーのパソコン向けです。Extended ATX 規格のマザーボードには、複数の CPU を搭載可能な製品がよく見られ、サーバーやワークステーションでよく用いられます。
ATX(エーティーエックス)
インテル社が提唱したマザーボード規格です。サイズは縦 244mm、横 305mm と大きく、フルタワーやミドルタワーのパソコン向けです。ATX は最もよく見られる規格であり、大半のマザーボードがこの ATX 規格となっています。
Micro ATX(マイクロ・エーティーエックス)
インテル社が提唱したマザーボード規格です。サイズは縦 244mm、横 244mm であり、ATX より小さくなっています。ミニタワーやマイクロタワー、省スペースのパソコン向けです。Micro ATX もよく見られる規格であり、Micro ATX 規格のマザーボードは多いです。
Flex ATX(フレックス・エーティーエックス)
インテル社が提唱したマザーボード規格です。サイズは縦 191mm、横 229mm であり、Micro ATX より小さくなっています。キューブ等の小型パソコン向けです。
Mini ITX(ミニ・アイティーエックス)
VIA Technologies 社が提唱したマザーボード規格です。サイズは縦横 17cm と小さく、小型パソコン向けです。
Nano ITX(ナノ・アイティーエックス)
VIA Technologies 社が提唱したマザーボード規格です。サイズは縦横 12cm と小さく、小型パソコン向けです。
Pico ITX(ピコ・アイティーエックス)
VIA Technologies 社が提唱したマザーボード規格です。サイズは縦 10cm、横 7cm と小さく、小型パソコン向けです。

おすすめマザーボード販売店

マザーボードは、ショップブランド(オリジナルパソコン)や PC パーツを販売しているパソコンショップで売られており、そのようなショップでは、販売しているマザーボードの種類が多く、価格が比較的安いです。以下は、PC パーツの販売に力を入れ、マザーボードの購入におすすめなパソコンショップの一覧です。

ツクモ
ショップブランドや PC パーツ販売店としても有名なパソコンショップです。安さと品揃えに優れています。
ドスパラ
PC パーツのラインナップが多く、安さにも優れたパソコンショップです。


キャンペーン情報
ドスパラ
・新生活応援セール
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(3月30日迄)
ツクモ
・春の大感謝祭
お買い得品を多数ご用意
(4月3日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・半期に一度の決算セール
やってきましたBIGチャンス!半期に一度のお買い得キャンペーン!
(4月4日迄)