ポータブルハードディスクの選び方 - ストレージの選び方

最終更新日 2015年10月21日

ポータブルハードディスクとは

ポータブルハードディスクとは、USB (ユーエスビー)や IEEE1394 (アイトリプルイー イチサンキュウヨン)等の外部インターフェースを利用して、パソコンにつなぐハードディスクです。USB バスパワーや IEEE1394 バスパワーで動作するので、電源は不要です。よって、外出先でノートパソコンで接続して使ったりできます。

接続インターフェース

どのパソコンにも、USB2.0 が付いているという事もあり、USB2.0 で接続するタイプのポータブルハードディスクが多いです。USB2.0 に加え、IEEE1394 にも対応しているポータブルハードディスもあります。

また、USB2.0 と USB1.1 は互換性があるため、USB2.0 対応のポータブルハードディスクを、USB1.1 を持つパソコンに接続可能です。ただし、この場合、転送速度は遅い方の USB1.1 に合わせて動きますので、USB2.0 同士で接続する場合よりも、データの転送に時間がかかります。

データ転送速度向上機能

多くのポータブルハードディスクに使われている USB2.0 は、480Mbbs と高速転送速度ですが、まだこの性能をフルに活かしている訳ではなく、実際は、480Mbbs よりも遅い転送速度でデータのやり取りをしています。

そこで、ポータブルハードディスクとパソコン間の、データ転送速度をさらにあげようと、各メーカーのポータブルハードディスクの中に、データ転送速度向上機能が付けられている製品があります。そのような機能は、アイ・オー・データでは、マッハ USB 、バッファローでは、ターボ USB と呼ばれています。このようなデータ転送速度向上機能があると、従来の2割程度は、転送速度の向上が実現しますので、大容量ファイルを頻繁に読み込んだり、書き込んだりする方は、見逃せない機能となっています。

ハードディスク容量

ハードディスクの大容量化がすすみ、ポータブルハードディスクでも 500GB の容量を持つ製品が出てきました。今後さらに大容量化が実現するでしょうが、容量が多いほど価格が高くなります。 音楽や映像データ等の容量が大きいファイルを、あまり扱わないのであれば、120GB から 250GB 程度で十分でしょう。

ポータブルハードディスクを、頻繁に持ち運びするのであれば、その分データの漏洩や消失の可能性が高くなるので、数多くのデータを、いつまでもポータブルハードディスクに保存しっぱなしにはせず、DVD等の外部記録メディアに移しておくのが基本です。よって、この場合は、あまり容量の大きいポータブルハードディスクを選ぶ必要はないでしょう。

古いパソコンを使っている方は 120GB の壁という問題があります。当時はハードディスクの大容量を想定していなかったため、120GB 以上のハードディスクを認識できないことがあります。認識したとしても、120GB 以上の領域を使用できません。特に WindowsXP 世代前のパソコンや OS は注意が必要です。

セキュリティ機能

ポータブルハードディスクは、外出先にも手軽に持ち運びできるため、紛失する可能性が高くなります。もし、重要な情報が保存されているポータブルハードディスクを紛失して、誰かの手に渡り悪用されてしまうと、大問題です。

各メーカーから販売されているポータブルハードディスクには、データの暗号化などのセキュリティ機能を持つ製品がありますので、データの漏洩の危険性を少しでも減らしたいのであれば、セキュリティ機能が充実したポータブルハードディスクを選ぶのがおすすめです。

耐衝撃性

ポータブルハードディスクを外出先に持ち運ぶと、ポータブルハードディスクに衝撃が加わってしまう可能性が高いです。ハードディスクは、外部からの衝撃に弱く、衝撃によって故障してしまう可能性があります。よって、ポータブルハードディスクは、耐衝撃性に優れた製品を選ぶのが望ましいです。

おすすめポータブルハードディスク販売店

パソコンショップでは、内蔵ハードディスクや、電源コンセントを利用する外付けハードディスクを販売しているのであれば、ポータブルハードディスクも販売している事が多いです。しかし、比較的ポータブルハードディスクの需要が多くないせいか、ショップによっては、あまり商品数が多くない場合もありますので、目的の商品を見つけるのにやや苦労するかもしれません。また、たいていの商品を大幅に値下げして販売しているショップでも、一部の商品はあまり値下げしていなく、他のショップと比べると大幅な価格差が開いている事もありますので、複数のショップを見て価格を比較する事は必須です。

ドスパラ
商品数が比較的多く、価格面でも優れています。限定数販売されている製品は、すぐに完売してしまう事もありますが、大幅に値引きされている事が多いです。


キャンペーン情報
富士通
・春よ!来いセール
クーポン利用で10〜24%OFF等の10大特典
(3月1日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/A3 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/A3 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/A3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で25%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA2/B1、WA2/A3 icon がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で25%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で21%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(2017年4月12日迄)




コラム - 周辺機器