Amber Lake(第8世代インテルCore)

最終更新日 2023年09月07日

Amber Lakeとは

基礎

Amber Lakeとは、インテルのCPUの開発コードネームの一種です。アンバー・レイクと読みます。Kaby Lakeの後継です。

発売年

2018年にAmber LakeのCPUの発売が始まりました。

マイクロアーキテクチャー

Amber LakeのCPUのマイクロアーキテクチャーはCoreです。一般的には開発コードネームに合わせてマイクロアーキテクチャーもAmber Lakeと呼びます。

プロセスルール

Amber LakeのCPUのプロセスルールは14nmです。14nm+と記載する場合もあります。+(プラス)は改良版を意味します。

Amber LakeがWhiskey Lakeと同時期に登場し、Whiskey Lakeが14nm++なのでAmber Lakeも14nm++とする情報が見られますが、Amber Lakeは14nm+です。Amber Lakeは改良版ではない意味で14nmとする情報も見られますが、正しくは14nm+です。

シリーズ

Amber Lake-Y ・Yシリーズ
・ファンレスノートパソコン、2in1 PC、タブレット向け製品

ブランド

Amber LakeのブランドにCore i7、Core i5、Core m3があります。

インテルCoreプロセッサー・ファミリーの世代

Amber LakeのインテルCoreプロセッサー・ファミリーの世代が第8世代です。

Amber LakeとKaby Lakeの違い

Yシリーズが比較対象

Amber LakeはKaby Lakeの後継です。Amber LakeはYシリーズのみです。そのため、Amber Lake-YとKaby Lake-Yを比較します。Yシリーズとは、ファンレスノートパソコン、2in1 PC、タブレット向け製品です。

主な違い

Amber Lake-YはKaby Lake-Yと比べてTDPが大きいです。TDPがAmber Lake-Yは5W、Kaby Lake-Yは4.5Wです。Amber Lake-YはTDPが大きくなった分クロック周波数が高いです。

コラム

プロセッサ・ナンバーが4桁数字とYに変更

Amber Lake-YとKaby Lake-Yには、以下の製品があります。

Amber Lake-Y Kaby Lake-Y
Core i7-8500Y Core i7-7Y75
Core i5-8210Y
Core i5-8200Y
Core i5-7Y57
Core i5-7Y54
Core m3-8100Y Core m3-7Y32
Core m3-7Y30

Amber Lake-Yのプロセッサー・ナンバーは4桁数字とYです。Kaby Lake-Yのプロセッサー・ナンバーは1桁数字とYと2桁数字です。インテルが変更理由を公表しておらず不明です。

Amber Lake-YとKaby Lake-Yをベンチマークで性能比較

Cinebench R15

Amber Lake-Y、先代のKaby Lake-Y、両者をベンチマークのCinebench R15で性能比較しました。比較に使用する製品は入手しCinebench R15の実行までできた製品なので少ないです。

Amber Lake-Y

製品 コア/
スレッド
ベース/
ターボ(GHz)
Cinebench R15
Single Multi
Core i7-8500Y 2/4 1.5/4.2 136 258

Kaby Lake-Y

製品 コア/
スレッド
ベース/
ターボ(GHz)
Cinebench R15
Single Multi
Core i7-7Y75 2/4 1.3/3.6 119 230

Amber Lake-YはKaby Lake-Yよりもクロック周波数が上がりましたが、シングルスコアとマルチスコアが向上からもわかります。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・初夏セール
最大45,000円OFF!!
(5月22日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大15%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・5月の超おすすめ!ピックアップ
ゲーミングPCやクリエイター向けパソコン等を用意
(キャンペーン実施中)