Coffee Lake Refresh(第9世代インテルCore)

最終更新日 2023年09月07日

Coffee Lake Refreshとは

基礎

Coffee Lake Refreshとは、インテルのCPUの開発コードネームの一種です。コーヒー・レイク・リフレッシュと読みます。Coffee Lakeの後継です。Coffee Lake RefreshのCore iシリーズは第9世代です。

発売年

2018年にCoffee Lake RefreshのCPUの発売が始まりました。

マイクロアーキテクチャー

Coffee Lake RefreshのマイクロアーキテクチャーはCoreです。一般的には開発コードネームに合わせてマイクロアーキテクチャーもCoffee Lake Refreshと呼びます。Coffee Lakeのマイクロアーキテクチャーでも開発コードネームに合わせてCoffee Lakeと呼ぶ場合があります。Coffee Lake RefreshのマイクロアーキテクチャーはCoffee Lakeのマイクロアーキテクチャーと同じなのでCoffee Lakeと呼ぶ場合もあります。

プロセスルール

Coffee Lake Refreshのプロセスルールは14nmです。14nm++と記載する場合もあります。

CPUソケット

Coffee Lake RefreshのCPUソケットはLGA 1151です。

シリーズ

Coffee Lake Refresh-S ・Sシリーズ
・デスクトップパソコン向け製品
Coffee Lake Refresh-H ・Hシリーズ
・高性能モバイルパソコン向け製品

ブランド

ブランドにCore i9、Core i7、Core i5、Core i3、Pentium Gold、Celeronがあります。XシリーズにあるCore i9がSシリーズに初登場です。Coffee LakeではHシリーズにCore i9が初登場しました。Coffee Lake RefreshでもHシリーズにCore i9があります。

インテルCoreプロセッサー・ファミリーの世代

Coffee Lake RefreshのインテルCoreプロセッサー・ファミリーの世代が第9世代です。

Coffee Lake RefreshとCoffee Lakeの違い

コア数、スレッド数

Coffee Lake RefreshではCore i9に8コア16スレッドが登場しました。デスクトップパソコン向けのCore i7は6コア12スレッドから8コア8スレッドに変更です。

ブランド コア数/スレッド数
Coffee Lake Refresh Coffee Lake
デスクトップパソコン向け
Core i9 8/16 -
Core i7 8/8 6/12
Core i5 6/6 6/6
Core i3 4/4 4/4
Pentium Gold 2/4 2/4
Celeron 2/2 2/2
モバイルパソコン向け
Core i9 8/16 6/12
Core i7 6/12 6/12,4/8
Core i5 4/8 6/6,4/8
Core i3 - 4/4,2/4

コア数を増やした理由はAMDのRyzenに対抗するためと思われます。Ryzen 7の8コア16スレッドに対抗するため8コア16スレッドのCore i9が登場したと思われます。他のブランドでも同様の理由でコア数を増やしたと思われます。

TIM

Coffee Lake RefreshではTIMをシリコングリスからソルダリングに変更しました。TIMとはThermal Interface Materialの略で、熱を伝えやすい材料です。ソルダリングとは、はんだ付けです。変更理由は、ダイからヒートスプレッダーに熱が伝わりやすくするためです。

Coffee LakeまではTIMにシリコングリスを採用でしたが、オーバークロックしたときにシリコンダイからヒートスプレッダーに十分に熱が伝わらず、オーバークロックするユーザーの間で不評になるほどクロック周波数が十分に上がりませんでした。この問題を解決するためにCoffee Lake Refreshではソルダリングになりました。Coffee Lake Refreshではコア数が増えクロック周波数が上がり発熱が増えたことに対応するためという理由もあります。

ちなみにSandy Bridgeまではソルダリングでした。Ivy Bridgeからシリコングリスになりました。Coffee Lakeまでシリコングリスが続き、Coffee Lake Refreshでソルダリングに戻りました。

Coffee Lake Refresh-HとCoffee Lake-Hをベンチマークで性能比較

Cinebench R15

Coffee Lake Refresh-H、先代のCoffee Lake-H、両者をベンチマークのCinebench R15で性能比較しました。比較に使用する製品は入手しCinebench R15の実行までできた製品なので、比較に使用しない製品もあります。

Coffee Lake Refresh-H

製品 コア/
スレッド
ベース/
ターボ(GHz)
Cinebench R15
Single Multi
Core i9-9980HK 8/16 2.4/5.0 205 1617
Core i7-9750H 6/12 2.6/4.5 187 1193

Coffee Lake-H

製品 コア/
スレッド
ベース/
ターボ(GHz)
Cinebench R15
Single Multi
Core i9-8950HK 6/12 2.9/4.8 195 1120
Core i7-8750H 6/12 2.2/4.1 175 1104

Core i9では6コア12スレッドから8コア16スレッドに増えたのでマルチスコアが大幅に向上しています。Core i7-9750HはCore i7-8750Hの後継でクロック周波数が向上したので、シングルスコアもマルチスコアも向上していますが、性能が少し上がった程度です。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・夏先取りセール
最大35,000円OFF!!
(6月19日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大31%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・超パソコン還元フェア
最大30,000円分ポイント還元
(6月10日迄)