Rocket Lake(第11世代インテルCore)

最終更新日 2023年09月07日

Rocket Lakeとは

基礎

Rocket Lakeとは、インテルのCPUの開発コードネームの一種です。ロケット・レイクと読みます。Comet Lakeの後継です。

発売年

2021年にRocket LakeのCPUの発売が始まりました。

マイクロアーキテクチャー

Rocket LakeのマイクロアーキテクチャーはCypress Coveです。

Sunny Coveをバックポート

Cypress CoveはSunny Coveをバックポートしたマイクロアーキテクチャーです。Willow Coveをバックポートしたマイクロアーキテクチャーではありません。バックポートとは、古いプロセスルールに変更することです。Sunny Coveは10nmでしたが、Cypress Coveは10nmから14nmにバックポートです。

プロセスルール

Rocket Lakeのプロセスルールは14nmです。14nm++と記載する場合もあります。先代のComet Lakeも14nm++ですが、改良版と言えるほどの改良はないが、改良はあるので14nm+++と記載する場合もあります。Rocket Lakeでも同様なので14nm++++と記載する場合もあります。改良版とは言えない改良も含めて言うと、Rocket Lakeでは14nmを4回も改良しており10nmに相当します。

CPUソケット

Rocket LakeのCPUソケットはLGA 1200です。

シリーズ

Rocket Lake-S ・Sシリーズ
・デスクトップパソコン向け製品

ブランド

Rocket LakeのブランドにCore i9、Core i7、Core i5があります。

インテルCoreプロセッサー・ファミリーの世代

Rocket LakeのインテルCoreプロセッサー・ファミリーの世代が第11世代です。

メインメモリー

  規格 最大チャンネル数
Rocket Lake-S DDR4-3200 2

Rocket Lake-SとComet Lake-Sをベンチマークで性能比較

Cinebench R23

Rocket Lake-S、先代のComet Lake-S、両者をベンチマークのCinebench R23で性能比較しました。比較に使用する製品は入手しベンチマークテストできた製品なので少ないです。

Rocket Lake-S

製品 コア/
スレッド
Cinebench R23
Single Score Multi Score
Core i9-11900K 8/16 1653 15203
Core i7-11700K 8/16 1578 14321
Core i5-11600K 6/12 1532 10773

Comet Lake-S

製品 コア/
スレッド
Cinebench R23
Single Score Multi Score
Core i9-10900K 10/20 1361 15541
Core i7-10700K 8/16 1277 12553
Core i7-10700 8/16 1259 11205
Core i5-10600K 6/12 1353 9967
Core i5-10400 6/12 1125 8000

Core i9-11900KはCore i9-10900Kの後継だが、マルチスコアが少し低いです。コア数とスレッド数が減ってもマルチスコアが同程度、シングルスコアが高いことを考慮すれば性能が向上したと言えます。他の製品ではRocket Lake-Sの方がシングルスコアもマルチスコアも優れており、特にシングルスコアが伸びています。

コラム

Rocket Lake-SのCore i9のコア数が減った理由

Core i9のコア数がRocket Lake-Sでは8、先代のComet Lake-Sでは10です。Rocket Lake-SではマイクロアーキテクチャーのSunny Coveを、10nmから14nmにバックポートしました。Sunny Coveは10nmを前提にした設計です。14nmになるとコアが大きくなり、10コアでは入り切らないので8コアにしたと考えられます。サイズの問題はないが、10コアのままでは消費電力と発熱が大きすぎて問題になった理由も考えられます。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・夏先取りセール
最大35,000円OFF!!
(6月19日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大31%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・超パソコン還元フェア
最大30,000円分ポイント還元
(6月10日迄)