USB機器に相性問題はある?

最終更新日 2019年10月11日

USB 機器に相性問題はあるのか

パソコンと USB 機器を接続したら、特に問題ない組み合わせのはずなのに正常に動作せず、別のパソコンに先と同じ USB 機器を接続したら正常に動作する、このような相性問題は USB 機器において発生するのでしょうか。

分かりにくくなったUSB、復活した相性問題の謎(2ページ目) | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。
 また、仕様を策定する団体がUSB-IFだけではないため、相互接続の認証制度を一本化できない。このため、USB普及前は当たり前のように起こっていた、ある機器とはつながるのに、別の機器とはつながらない、といった相性問題が起こる。
仕様とは、オルタネートモードの仕様のことです。各インターフェース、例えば DisplayPort や HDMI の標準化団体がオルタネートモードの仕様を策定しています。

同記事によると、オルタネートモードにより USB Type-C から映像を出力できるはずなのに正常に出力できない等の相性問題が発生することがあるそうです。

まとめると、USB 普及前は USB 機器に相性問題が当たり前のように発生し、USB が普及していくにつれ相性問題は発生しにくくなりましたが、USB Type-C とオルタネートモードの登場でまた相性問題が発生することが珍しくなくなったようです。


キャンペーン情報
富士通
・バレンタインセール
クーポン利用で17〜25%OFF等の11大特典
(2月9日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(3月9日迄)

USB基礎知識



デル株式会社