CPU ソケット - CPU の選び方

最終更新日 2016年08月28日

CPU ソケットの選び方

CPU のソケットの一致は必須

CPU は、マザーボードにある CPU ソケットに装着されます。この CPU ソケットには、形状の違い等により名称が付けられており、CPU と マザーボードの CPU ソケットの名称が一致していないと、装着できません。CPU を選ぶときは、マザーボードの対応 CPU と合わせて、CPU ソケットの名称が一致しているか確認する事が重要です。

また、CPU ソケットが一致しており、マザーボードに CPU が装着できたとしても、動作するとは限りません。たとえ CPU ソケットが一致していても、マザーボードの対応 CPU でなければ、CPU は動作しないので注意が必要です。

ただし、マザーボードの製品、もしくはマザーボードで動く BIOS 次第では、対応 CPU 以外の CPU もマザーボードに装着して動かせる場合があります。これに関しては、実際にやってみないと動作するかどうか分かりません。もし誰かが動作に成功してインターネット上に情報を公開していれば、参考にする事が可能です。

一部の CPU ソケットは互換性あり

上記で CPU のソケットの一致は必須と記載しましたが、一部の CPU ソケットは互換性を維持しています。互換性があれば、CPU とマザーボードで CPU ソケットが不一致でも、マザーボードに CPU を搭載可能で動作させる事ができます。

互換性がある組み合わせであっても、マザーボードの対応 CPU でなければ、CPU は動作しません。また、互換性がある組み合わせでは、一部機能が使えず CPU が本来の性能を発揮できない場合があります。

主な CPU ソケット名称

開発コードネームが同じなら、ソケットも同じ

CPU は、基本的に開発コードネームが同じであればソケットも同じです。しかし、一部の CPU 製品は例外でソケットが異なる場合があります。

CPU ソケット名称一覧

以下は、インテル社、AMD 社の主要デスクトップ用 CPU ソケット名称一覧です。マイクロアーキテクチャ、開発コードネームで分類し、それぞれの開発コードネームに見られる CPU ブランドとソケットを記載しています。

インテル社 デスクトップ用 CPU ソケット

マイクロ
アーキテクチャ
開発コードネーム ブランド ソケット
Nehalem Bloomfield Core i7 LGA1366
Lynnfield Core i7
Core i5
LGA1156
Westmere Gulftown Core i7 LGA1366
Clarkdale Core i5
Core i3
Pentium
Celeron
LGA1156
Sandy Bridge Sandy Bridge Core i7
Core i5
Core i3
Pentium
Celeron
LGA1155
Sandy Bridge-E Core i7 LGA2011
Ivy Bridge Ivy Bridge Core i7
Core i5
Core i3
Pentium
Celeron
LGA1155
Ivy Bridge-E Core i7 LGA2011
Haswell Haswell Core i7
Core i5
Core i3
Pentium
Celeron
LGA1150
Haswell-E Core i7 LGA2011 v3
Broadwell Broadwell-H Core i7
Core i5
LGA1150
Broadwell-E Core i7 LGA2011 v3
Skylake Skylake-S Core i7
Core i5
Core i3
Pentium
Celeron
LGA1151
Kaby Lake Kaby Lake-S Core i7
Core i5
Core i3
Pentium
Celeron
LGA1151

AMD 社 デスクトップ用 CPU ソケット

マイクロアーキテクチャ 開発コードネーム ブランド ソケット
Bulldozer Zambezi FX Socket AM3+
K10 Llano A シリーズ
E シリーズ
Athlon II
Sempron
Socket FM1
Piledriver Vishera FX Socket AM3+
Trinity A シリーズ
Athlon II
Socket FM2
Richland A シリーズ
Athlon
Socket FM2
Jaguar Kabini Athlon
Sempron
Socket AM1
Steamroller Kaveri A シリーズ
Athlon
Socket FM2+
Godavari A シリーズ Socket FM2+

CPU ブランドに注目してみると、同じ CPU ブランドであっても、ソケットは異なる場合がある事がわかります。

マイクロアーキテクチャや開発コードネームの名称は、再利用されると新旧の区別がしづらくなりますので、まず再利用されませんが、CPU ブランドの名称に関しては再利用される場合が多いですので、どうしても CPU ブランドが同じであっても、ソケットが異なる場合が生じます。

そのため、CPU ブランドのみからは、どのソケットなのか判断はできない事を抑えておきたいです。

CPU ソケットの互換性

上記に記載した CPU ソケット名称一覧において、互換性が見られるのは以下の CPU ソケットの組み合わせです。

Socket AM 系

CPU マザーボード 互換性
Socket AM2+ Socket AM2 あり
Socket AM3 Socket AM2 あり(※)
Socket AM3+ Socket AM2 なし
Socket AM2 Socket AM2+ あり
Socket AM3 Socket AM2+ あり(※)
Socket AM3+ Socket AM2+ なし
Socket AM2 Socket AM3 なし
Socket AM2+ Socket AM3 なし
Socket AM3+ Socket AM3 あり(※)
Socket AM2 Socket AM3+ なし
Socket AM2+ Socket AM3+ なし
Socket AM3 Socket AM3+ あり
(※)BIOS が対応している必要があり

Socket FM 系

CPU マザーボード 互換性
Socket FM2 Socket FM1 なし
Socket FM2+ Socket FM1 なし
Socket FM1 Socket FM2 なし
Socket FM2+ Socket FM2 なし
Socket FM1 Socket FM2+ なし
Socket FM2 Socket FM2+ あり

AMD 社の CPU ソケットに互換性が見られ、Socket AM 系、Socket FM 系に互換性がある組み合わせがあります。互換性がある組み合わせでも、マザーボードが対応していない CPU であれば動作しません。

また、CPU の方が新しい CPU ソケットとなる組み合わせの場合、マザーボード側が古い CPU ソケットとなり、新しい CPU ソケットと共に登場した新機能が使えず、CPU は本来の性能を発揮できなくなる場合があります。


キャンペーン情報
ドスパラ
・オータムセール第2弾
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(10月19日迄)
ツクモ
・秋の感謝セール
PC本体、PCパーツ、周辺機器お買い得品を多数ご用意
(11月1日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・オータムセール
厳選BTOパソコン大特価!&メモリ・HDD・SSD 0円アップグレードまたは追加プレゼント実施中!
(10月31日迄)