ブランド - CPU の選び方

最終更新日 2016年08月28日

ブランドとは

ブランドは、CPU に付けられる製品の名称です。各 CPU メーカーでは、同時期に発売する CPU を複数のブランドに分けており、ブランド名から性能の高さを概ね把握できます。

同じブランドの CPU であっても、製品によって性能が異なりますが、まずはどのブランドの CPU を選ぶか決めて、そのブランドの中でどの製品を選ぶか決めると、CPU を選びやすくなります。

ブランドの選び方

マイクロアーキテクチャや開発コードネームと共に考慮して選ぶ

マイクロアーキテクチャや開発コードネームが異なっても、ブランドが異なるとは限りません。同じブランドが付けられている CPU は、たいてい複数のマイクロアーキテクチャや開発コードネームに存在します。

そのため、マイクロアーキテクチャや開発コードネームも考慮して、どのブランドの CPU を選ぶのか決めると良いです。各 CPU に付けられるプロセッサ・ナンバーやモデル・ナンバーを見れば、新しい CPU なのかどうか、どの用途向けの CPU なのか判断できますが、マイクロアーキテクチャや開発コードネームについても考慮しながら選ぶと、判断しやすいです。

ブランドの立ち位置は変わっている場合あり

過去に登場したブランドの中には、昔から使われてきたブランドがあります。ブランドは、発売時期によって立ち位置が異なります。例えば、昔は高性能 CPU に付けられていたブランドは、今では低性能 CPU に付けられている場合があります。

そのため、ブランドから性能の高さを判断するには、そのブランドが付けられた時点でのブランドの立ち位置を考慮する必要があります。

主なブランド

インテル社の主なブランド

以下は、インテル社の主なブランド一覧です。マイクロアーキテクチャや開発コードネームごとに整理して記載しています。

マイクロ
アーキテクチャ
開発コードネーム ブランド
Ivy Bridge Ivy Bridge Core i7
Core i5
Core i3
Pentium
Celeron
Ivy Bridge-E Core i7
Haswell Haswell Core i7
Core i5
Core i3
Pentium
Celeron
Haswell-E Core i7
Broadwell Broadwell Core i7
Core i5
Core i3
Pentium
Celeron
Core M
Skylake Skylake-S Core i7
Core i5
Silvermont Bay Trail-T Atom
Bay Trail-D Pentium
Celeron
Bay Trail-M Pentium
Celeron
Airmont Cherry Trail-T Atom
Braswell Pentium
Celeron

2015年8月15日時点では、比較的新しいマイクロアーキテクチャと開発コードネームに限っても同じブランドの CPU が見られますので、ブランドだけを確認して選ぶとマイクロアーキテクチャと開発コードネームを間違えて選んでしまう恐れがあります。そのため、ブランドだけでなくマイクロアーキテクチャと開発コードネームも確認して選ぶ必要があります。

CPU 単体で購入するなら、開発コードネームで言うと Ivy Bridge、Ivy Bridge-E、Haswell、Haswell-E、Broadwell、Skylake-S の CPU が選択肢に入ってきますが、ブランドの立ち位置は Core i7 が高性能、Core i5 と Core i3 が標準的な性能、Pentium と Celeron が低性能となります。Broadwell の Core M は、小型デスクトップパソコンと小型ノートパソコン向けであり、完成品のパソコンに搭載されて販売されます。

開発コードネーム Bay Trail-D と Braswell の CPU は、マザーボーに実装済みの状態でも販売されますので、マザーボードとのセットで購入できますが、性能を犠牲に低消費電力と低発熱を実現していますので、Pentium と Celeron の立ち位置は低性能です。

AMD 社の主なブランド

以下は、AMD 社の主なブランド一覧です。マイクロアーキテクチャや開発コードネームごとに整理して記載しています。

マイクロ
アーキテクチャ
開発コードネーム ブランド
Piledriver Vishera FX
Steamroller Kaveri FX
A シリーズ
Athlon
Godavari A シリーズ
Jaguar Kabini A シリーズ
E シリーズ
Athlon
Sempron
Puma Mullins A シリーズ
E シリーズ
Beema A シリーズ
E シリーズ
Puma+ Carrizo-L A シリーズ
E シリーズ

2015年7月16日時点では、単体で販売されている CPU は、開発コードネーム含めて言うと Vishera の FX、Kaveri の A シリーズ、Athlon、Godavari の A シリーズ、Kabini の Athlon、Sempron が主流です。

これらの中では、Kaveri の A シリーズ、Athlon、Godavari の A シリーズが主流です。

Piledriver は、Steamroller よりも古いマイクロアーキテクチャですが、Vishera の FX は性能が高いため、まだ販売され続けています。

Kabini の Athlon、Sempron は、発熱量と消費電力が低い事の他に価格が安いという特長もあります。


キャンペーン情報
ドスパラ
・半期決算売尽し
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(1月31日迄)
ツクモ
・スタートダッシュSALE!
お買い得品を多数ご用意
(1月31日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・プレミアムウィンターセール
お買い得なパソコン・PCパーツが勢ぞろい!
(1月31日迄)