CPU 統合ビデオチップ - CPU の選び方

最終更新日 2016年08月28日

CPU 統合ビデオチップとは

CPU 統合ビデオチップは、CPU に統合されているビデオチップで、CPU 内蔵ビデオチップとも呼びます。

ビデオチップは、グラフィックス関連の処理を担い、パソコンの頭脳的存在を CPU とするなら、ビデオチップは第二の頭脳的存在です。

昔は、CPU にビデオチップは統合されておらず、マザーボードに搭載されているビデオチップ(チップセット内蔵ビデオチップ、またはオンボードと呼ばれる)を利用し、ビデオカードやマザーボードに追加実装する専用ビデオチップ GeForce や RADEON 等があれば、そちらのビデオチップを利用してきました。

今ではビデオチップが統合されている CPU が普及しており、ビデオカードやマザーボードに追加実装する専用ビデオチップが無いパソコンでは、CPU 統合ビデオチップを利用してグラフィックス関連の処理を行う事が一般的です。

CPU 統合ビデオチップの選び方

新しい CPU を選ぶなら、ビデオチップが統合されている CPU が非常に多いので、CPU 統合ビデオチップが不要でも選ばざるを得ない状況ですが、CPU 統合ビデオチップが必要であれば、ビデオチップが統合されている CPU を選ぶ必要があります。

CPU 統合ビデオチップに注目して選ぶなら、グラフィックス性能とグラフィックス機能が注目ポイントになってきます。後に詳しく記載しますが、グラフィックス性能に関しては重視して選ぶ必要はありません。

グラフィックス機能は、価格が安い低性能 CPU だと、一部グラフィックス機能を削って価格を安くしている場合がありますが、ある程度は価格と性能が高い CPU なら、どれもグラフィックス機能は同じです。

もし、必要なグラフィックス機能があれば、その機能に対応しているか確認して選ぶ必要があります。例えば、インテル社のグラフィックス機能の一つに、インテル クイック・シンク・ビデオ(Intel Quick Sync Video)と呼ばれるハードウェアエンコード機能がありますが、この機能に対応してなければ、インテル クイック・シンク・ビデオは利用できません。

グラフィックス性能の選び方

グラフィックス性能の高さを気にして選ぶ必要性は低い

CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能は、技術進歩によって向上していますが、ビデオカードやマザーボードに実装される専用ビデオチップ GeForce や RADEON から見れば、CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能差は、どんぐりの背比べです。

そのため、CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能の高さを気にするくらいなら、ビデオカードを導入して使う方が良いです。ビデオカードを搭載できないデスクトップパソコンだと難しいですが、高いグラフィックス性能が必要であれば、ビデオカードが必須です。

基本的に高性能な CPU ほど、CPU 統合ビデオチップのグラフィックス性能も高いので、少しでも高いグラフィックス性能を持つ CPU 統合ビデオチップを選びたい場合は、性能が高い CPU を選ぶ必要がありますが、高いグラフィックス性能を持つ CPU 統合ビデオチップは、主にノートパソコン向け CPU に統合されている傾向があります。

恐らく、ビデオカードどころか専用ビデオチップの搭載すら難しい小型ノートパソコン、または薄型ノートパソコンでも、できるだけ高いグラフィックス性能を持てるようにするため、ノートパソコン向け CPU に高いグラフィックス性能を持つ CPU 統合ビデオチップが多く見られると思われます。

デスクトップパソコン向け CPU にも、高いグラフィックス性能を持つ CPU 統合ビデオチップは見られますが、選択肢は限られます。また、最高クラスの性能を持つデスクトップパソコン向け CPU の中には、CPU 性能に特化して CPU 統合ビデオチップが無い CPU もあります。


キャンペーン情報
ドスパラ
・ゴールデンウィークセール
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(5月11日迄)
ツクモ
・新生活応援セール
お買い得品を多数ご用意
(5月8日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
・GWセール
PCパーツやPC本体などが期間限定で大特価!
(5月8日迄)
パソコン工房
・スプリングフェスタ
人気のBTOパソコンがプライスダウン!特価パーツ&デジタル雑貨もお買い得!
(5月9日迄)