メインメモリーの故障や相性問題が発生した場合の症状とは?

最終更新日 2019年10月11日

メインメモリーの故障や相性問題が発生した場合の症状とは何か

トラブル発生時の原因特定方法 - AKIBA PC Hotline! には、以下のとおり書かれています。
 電源は入るが、画面に何も表示されない場合に考えられるのは、CPU、電源ユニット、マザーボード、ビデオカード、メモリなどの故障、メモリの相性、組み立て不良、ケーブル不良など。まずケアレスミスがないかを確認した後、下のチェックを行なおう。
メインメモリーの故障や相性問題が発生した場合、電源は入るが画面に何も表示されない症状が見られることがあるようです。

ただし、他にも様々な原因が考えられるようであり、この症状が見られても原因の特定は難しそうです。

PCが不安定 1/3 | PCトラブルバスターズ!!! | DOS/V POWER REPORT には、以下のとおり書かれています。
 メモリは一部のチップにエラーや相性問題があっても一見正常に見えることがある。しかし、エラーのあるチップ(メモリセル)へのアクセス時や、特定のパターンでアクセスした際に、いきなり青画面が出てシステムがシャットダウンしたり、フリーズしたりといった「不安定」な症状が現われてしまう。
ブルースクリーンが出て突然電源が落ちたり、フリーズしてしまい何も操作ができなくなる症状も見られることがあるようです。

同記事によると、複数のメインメモリーを使用している場合は、使用枚数を減らして特定のメインメモリーに原因があるかどうか調査する方法があるそうです。

また、Memtest86+ というソフトウェアを利用してメインメモリーが故障していないか調べる方法もあるそうです。

TSUKUMO サポートFAQ - メモリに異常がないかどうか検査したい / メモリの異常を検査するツールが知りたい には、以下のとおり書かれています。
■メモリに不具合がある可能性として発生しうる不具合

 ・OSの動作が全体的に遅い、重い。

 ・使用中頻繁にフリーズする。

 ・頻繁にブルースクリーンエラーが出る。
OS の動作が通常よりも遅い、重いという症状が見られることもあるようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・シングルデーセール
モバイルノート、ゲーミングPCほか、クーポンで最大20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%ポイント還元 ドスパラ27周年祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月7日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)