メインメモリーの価格は為替相場の影響を受けやすい?

最終更新日 2020年02月16日

メインメモリーの価格は為替相場の影響を受けやすいのか

「円高のときがチャンス」――1GバイトのPC2-6400メモリが4000円割れ (1/4) - ITmedia PC USER には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2007年9月2日)
 PCパーツの中でも円相場の影響を受けやすいメモリは、特に値下がりが著しい。
円安や便乗、旧正月前の影響など――PCパーツの値上げ事情 (2/4) - ITmedia PC USER には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2013年1月15日)
 前述のPUやメモリ、HDD、SSDは、もともと円相場の影響が出やすいパーツと言われているが、今回の円安はほかのパーツの価格にも大きく作用している。
「PU」は記載ミスであり、正しくはCPUと思われます。

アキバの2013年10大ニュース投票結果発表 - AKIBA PC Hotline! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2013年12月28日)
 メモリは店頭在庫が捌けやすい、いわゆる“回転の早い”製品で、為替相場の影響を受けやすい傾向にあるが、火災を境に「市場に流通するメモリの量が減った」(一部ショップ)と物的状況が変化。
「来週の価格が怖い」。急速な円安で、週末にかけてのPCパーツ値上がりは避けられず - エルミタージュ秋葉原 には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2014年11月5日)
まず為替相場の影響を受けるのが、“生モノ”と呼ばれるCPUやHDD、メモリといった回転率の早い製品。円安の影響をもろに受けており、値上がりは避けられない様子。
年明け早々のPCパーツ事情――今週末が狙い目な理由は3つある (1/2) - ITmedia PC USER には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2017年1月7日)
 為替の影響を受けやすい大容量HDDやSSD、メモリなどを狙っているなら、なおさら今週末に足を運ぶのがいいかもしれない。
メインメモリーの価格は、為替相場の影響を受けやすいようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

メインメモリーの価格



デル株式会社